アスペルガー症候群 克服の道のり No.1 -はじまり~クリニックの予約-

スポンサードリンク


まだ少し、気が早いとは思ったけれど、アスペルガー症候群として自覚してから

いろいろと失敗を重ね、いろいろなアドバイスをいただきながら、

今日まで、ずいぶんと自己改善ができたと思います。

そこで、まだ5カ月しかたっていないけれど、振り返ってみようと思います。

4~5年前 (息子が幼稚園の時)

息子が幼稚園のころ、「言葉づかいが怖い」「友達に乱暴することがある」

注意されることも多かった。

2015-04-11_20h39_02

その頃、妻から

「あなたの言葉遣いを真似しているから、もう少し気を付けて」

と言われましたが・・・・

「男の子なんだから、それくらい当たり前だ!」と言っていました。

そのころ、子育て支援センターから、「発達障害の可能性」を

一度言われていたらしい。

私は、知らなかった・・・・

妻は私に何度も相談したらしいのですが・・・私は本当に聞くいていなかった。

その頃の私は、妻の話なんて聞くのが面倒だった。

1年前 (息子が小学校2年生)

息子が小学校に入り、学童に行くようになったとき

学童から何度も呼び出しを受けました。

  • 友達にけがをさせた
  • 注意しても棚の上に登って危ない
  • 全然言うことを聞かない

妻は、とても心配していましたが・・・・

私の子どものころとそっくりだったので、私はここでも

「男がそれくらいでなければ、生きていけない」と言っていた。

妻は、また二度目の子育て支援センターに相談して

二度目の発達障害の可能性を指摘されていた。

何となく、私に相談されたことは記憶にあるけれど・・・・

私は、妻に対して「こいつ・・・何言っているんだ?

自分の息子をよく変人扱いできるな?女姉妹で育ったから

わからないんだろう~」と思ったのを覚えている。

こうして、私は全然気にもしていなかった。

学童の先生には、「もう学童に来なくていい」と言われたこともある。

 

今年の3月

温泉旅行に行っているとき、息子との話に横から割り込んできた妻と喧嘩をした。

そのとき、妻にも息子にも腹が立っていて突き飛ばしてしまった。

その頃の私は、妻に対する不満を息子にぶつけていたのかもしれない。

それは、意識していたことではなく、今考えると無意識のうち

そういう行動をとっていたような気がします。

837ecb124b0d41ee83b26055474569cc-e1423403406560

それをトリガーに離婚の話になった・・・・

その時は、長電話でなんとか説得したように思えた。

今年の7月

私は、また旅行を計画した。

格安で泊まれる旅館を予約して話をした・・・・・

すると・・・・

「私は、あなたと離婚するから、これ以上子供たちに

変な期待をさせたくない」と宣告された。

そのとき、妻が本気だったことを知った。

スポンサードリンク

その話し合いでも妻から

息子の発達障害の可能性を言われたけれど

「まだそんなこと言っているのか・・・・」と話を一蹴りしてしまった。

その話の中で「あなたもそうじゃないの」と言われたけれど

「こいつ・・・何言っているんだ」と思った。

そして、妻を除いて子供たちと旅行に行っていたとき・・・・・

ADHDについて知ることになる。

私は、旅館で徹夜でADHDの電子書籍を読み漁った・・・・・

わわわわわ・・・わたしだ・・・・

息子以上に私がADHDであることに気がついた。

7月 8月は苦しんだ・・・

私は、ADHDだとわかって・・・本をたくさん読みました。

しかし、妻の心は変わることはなかった・・・・・・

毎日毎日、地獄のような日々を送っていた。

7月に反省していた記事を読んでみる。

いろいろ考えても、何も状況が変わらない苛立ちを感じながら生活をしていた。

 

妻には、何度も・・・・「もう無理」と言われ・・・・

会社近くの精神科に行き、ADHDの可能性を正式に指摘された。

そして、専門医に見せることを薦められた。

ADHDノートの効果

私は、何も改善されない夫婦関係に・・・・

ひとつのことに気がつく、私の頭の中の暴走これが私の問題の根源であることに気がつく

思ったことを口にしてしまい。勘違いされていた。

そこで、自分の頭の中を整理するためにADHDノートを作ってみた。

P_20150721_053804

このノートのおかげで、ずいぶんと変わった。

私は、生まれ変わったのだと・・・・思った・・・・

専門医のクリニックを予約

私は、完全にADHDを治したくて専門医を探し出し予約を入れた

なんと、2カ月待ちの9月だった・・・・・

それでも、妻もついてきてくれるというので楽しみにしていた。

その勢いで、息子も連れていくことにした。

息子は、子供の発達障害専門の病院があることを知り

月に一度しかない予約のチャンスを見事獲得した。

p02

そして、この予約の獲得こそが私たち家族を大きく変えてくれた運命の

クリニックとなることを、このころの私たちは知らなかった。

つづく・・・・


スポンサードリンク

スポンサードリンク


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 



2 件のコメント

  • 今日は丁寧なお返事ありがとうございました。

    初めてコメントさせていただきます。

    実は我が家も今の旦那の子である末っ子の次男が、次女が通っていたクリニックで気になるタイプだといわれたことを旦那に告げたときに、激怒したんです。

    次男がおかしいわけないだろう!普通だ!あいつがおかしいならあの年ごろの子はみんなおかしいてことになる!お前はそんなにあいつを病気にしたいのか!自分の子供を病気にして、金が欲しいのか!と言っていました。

    金が欲しいのかっていうのは特別児童手当のことです。

    その後、自分が診断されてから、自分は普通だと思ってたから、自分にそっくりな次男は普通だと思ってたって言ってました・・・

    我が家の場合は旦那が進んで診断を受けたのではなく、酔ってひどい暴力を受けた後にあなたはアスペルガーじゃないかと思ってると告げ、なにかうまくいく方法があるのならと探した専門医に相談に行くようになったことがきっかけです。

    今でもほとんど診察の時には行ってません。私が診察の時にこんなことがあった、あんなことがあったと報告してる状態です。

    よしべえぃさんのように、きちんと自分と向き合ってくれたらいいんですけど・・・

    ご家族のきずなが取り戻せるよう祈っています。

    • アスペルガーの当事者は、自分が困ることって少ないですものね。
      せっかく、診断を受けたのなら病院に行ったら
      どんなに楽になれるか・・・・

      パートナーの支えがあるのと、ないのでは全然この先違ってきますからね。
      旦那さんは、ゆうさんを失った世界をまだ想像できないのでしょう。

      家族を取り戻す努力は、決して悪いものでなく
      家族が笑ってくれて、結構楽しみながらできるのでがね。
      旦那さんも、気がつくといいですね~

      ゆうさんも、体に気を付けて頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です