夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

子どもが発達障害と診断されたら ~発達障害は個性だよ~

      2015/12/14



スポンサードリンク

 


 

 

私も、発達障害の息子を持つ親としてショックの大きさは誰にも負けないくらい実感しました。

私に、子供がアスペルガー症候群と児童相談所で言われた」

「子供がグレーゾーンかもしれない」といろいろなメールが届きます。

「年頃の娘が、発達障害と聞いてショックをうけるかもしれないので診断はしません」というメールも

もらったことがあります。

当然、自分の大切な子供です。いろいろな考えがあつていいと思っています。

ただ・・・『発達障害』という「障害」という言葉に踊らされている気がします。

以前から何度も書いてあるように、発達障害は障害ではありません。

確かに、コミュニケーションが苦手なところもあります。

しかし、その代わりに ほかの能力に長けていたりします。

205740bbb044735356fb2cc7e6977b3f

何が言いたいかと言うと・・・・

「心配しなさんな!!!」

はじめに書いた通り、私だって最初は信じられなかったというより信じませんでした。

妻に2年間言われて・・・やっと、子供が発達障害ということを認知しました。

それまでは、妻のことを「こいつ頭おかしいんじゃないか???子どもを異常者にしたいのか?

どこがおかしいというんだ?」と思っていました。

しかし、本を読んでみたら・・・・なななんと私が発達障害だったことを知りました。

そして、ショックだったけれど、自分の今までの苦労の原因がわかったので

息子の一番の理解者になることができた。

rstock-650x434

私も、自分と息子が同じ、アスペルガーとADHDを併合していますが

決して、人より劣った生活をしてきたわけでもありません。

ただ、コミュニケーションの苦手なことが家庭を壊すきっかけとなってしまいました。

ちなみに、商談等の仕事に関しての目的のあるコミュニケーションは訓練により

普通にできるようになります。

 

最近は、より絆を深め平穏な日々が続いています。

まず、自分がわからないことには成長はありません。

 

私は、息子には以下のように教えています。

  • お父さんと同じで、気持ちを人に伝えることが苦手であること
  • 人の話を最後まで聞けないこと
  • 人が話しているときに話しかけてはいけないこと
  • 人は、自分と違う考えを持っていること
  • すべてが、自分の思い通りにいかないこと

 

  • お父さんと同じで集中力が半端でないこと
  • 気合と根性は誰にも負けないこと
  • 自分で決めたことは最後までやり抜くこと
  • 興味があることは、吐出して優れていること

アスペルガーやADHDという言葉は教えていません。

走るのが遅い人がいるのと同じでそれは個性だと教えています。

親が子供を認めずに、誰が認めてくれるのでしょう?

ぜひ、以下の記事を読んでみてください。

そして、自分の子どもに自身を持ってください。

必ず、ずば抜けた能力を持っているはずです。

075022

私たちは、

「誰かに勝つために子供を育てているわけではない

  その子の能力を最大限に活かすために子供を育てている」

そうではないでしょうか?

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ADHD, ADHDの子育て, アスペルガー, アスペルガーは治らない, 大人のADHD, 子供のADHD, 子育て , , , , ,