夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

アスペルガー症候群がパートナーと生きる 3 ~甘えられる家づくり~

      2015/12/14



スポンサードリンク

 


 

 
私が今、家族にとっての家庭のあり方のひとつとして

「甘えられる家づくり」をモットーに取り組んでいる。

以前にも、記事にしたことがあるが・・・・・

私は、ずっと家族に対して厳しく・・・・・

妻に対しても、息子に対しても・・・・

「甘えるな!」

「男のくせに・・・」

「大人だろう・・・・」

「何歳だと思っているのだ・・・」

「もっとしっかりしろ」

と厳しく言ってきた。

Menjoy_81040_1

今考えれば、妻も子供たちも家に帰れば

私がいつも怒っていた・・・・

ずっと、息苦しかったに違いない。

 

妻がリビングが嫌いになった理由はここにある。

 

今は、私は怒ることはない。

当然、軽い注意はするのだけれど・・・・・

妻の半分もない程度だ。

妻に対しては、よほどでない限りは言うことはない。

 

妻は、最近仕事で思う通り言っていないらしく

愚痴ることも多い。

以前の私は・・・・・・

「甘えるな、みんなお前より頑張っているんだから」

「男ならそんな弱音ははけない」

「甘ったれて、社会人としての自覚が足りない」

と厳しく説教していただろう。

 

最近は・・・・

「大変だね~」

「できる範囲しかできないんだよ~」

「開き直るしかないよ~」

「休みの日は、仕事のことなんて忘れちゃえ~」

と沢山愚痴を聞いてあげるようになった。

すると、妻も沢山愚痴るようになった。

2a4727c93881900f893f7108bb4d707e_s

そして、その姿を見た子供たちも・・・・

「お父さん・・・・お父さん・・・・」

「今日保育園でね~・・・・」

「今日小学校でね~・・・・」

と競うように、話しかけてくるようになった。

 

以前は、リビングは私がテレビを見る場所だったけれど・・・

最近は、テレビなんて見る暇なく、みんながしゃべってくる。

「うんうん・・・」

「あらそう~」

「すごいね~」

「よかったね~」

程度の相槌しか言わないのだけれど、みんな楽しそうに話しかけてきてくれます。

2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

ご飯の時間も、しゃべってばかりでご飯食べないから

お母さんに怒られながらしゃべっています。

以前の、息苦しいリビングから考えれば

「甘えられる」今のリビングはとても明るいリビングとなりました。

 

「甘えさせる」と「甘やかす」は違うというこを

知って本当によかった。

 

これからも、

弱音や・・・・

悩み・・・・

悲しかったこと・・・

みんながなんでも話せる「甘えられる」家庭を築こうと思っています。

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ADHD, アスペルガー, カサンドラ, カサンドラ症候群の回復, パートナーと生きる, 夫婦再生, 子育て , , , ,