アスペルガー症候群の特徴による 長所と短所 の境目

スポンサードリンク


今日は、アスペルガー症候群の長所と短所について考えてみました。

アスペルガー症候群は「しょうがい」ではなく「まちがい」だと

書かれていた本があります。

決して、アスペルガー症候群をほめているわけではありません。

アスペルガー症候群には長所であり短所であることも多いという話です。

短所を直したら・・・・「何もいいところなくなっちゃった~」

ははははじゃ すみませんから・・・・(笑いごとじゃありません)

能力を使う場所を意識すれば、最強の武器です。

意識しなければ・・・ただの もろはの剣 です。

094991

私は、アスペルガー症候群と自覚してから

「俺はアスペルガー症候群で治らないから

 妻とは一生分かり合えない」と思ったこともあります。

努力すればするだけ、今までできていたこと・・・・

言えていたことが、できなくなったりもしました。

いろいろ、メールなどしているうちに・・・・

アスペルガー当事者からのメールと

パートナーのメールをいただくうちに

両方の気持ちに触れ、お互いに気持ちの架け橋になっていってしまった

自分が

実は、素直に話を聞いて・・・・その話を妻に置き換えたり

自分に置き換えてシミュレートしていくうちに

自然と話を聞くという苦手なことが少しできるようになってきました。

特徴や症状は人によって違いますが、基本的にはみなさん似た特徴と症状をお持ちのようです。

細かなことが気になる(純粋な好奇心)

アスペルガー症候群の人は、とにかく普通の人では気が付かないような

細かなことに気が付く人も多いようです。

私もそうです。この細かさが「うざい」とか「口うるさいやつ」と言われる原因ですが

時々「え~そんなところまで~」と うざがれる 半面

私は、単独プレーが好きなので営業もしていますが・・・

もともとはエンジニアですので

「お~よく気が付いたね~危なかった~」

「よかった~よく気が付いてくれた」

と何度も危機を脱したこともあります、普通の人よりも多くの危機を事前に察知したり

解決してきたことも多いのも確かです。

084161

小さい時から、目に入るすべての物にたいして構造や仕組みが気になって

知ろうとしたり、物の形や質に対して夢中になる傾向がありました。

私は、ADHDとLD(たぶん)もあったので勉強はあまりできる方ではありませんでした。

しかし、プログラミング能力は小学6年生のころから開花させていました。

きっと、この能力は、

口に出さないと本当に大変なことになるのか・・・・

口出ししなくても後で取り返せるのか・・・・

内容について口にするか、黙っておくかを決定するとうまく行くような気がしています。

もし、この能力がなければ・・・きっと今の社会的地位は築くことはできなかったことでしょう。

 

妄想癖がある(発想能力)

 

ときとして、私たちの妄想の中のことを怒っていることもあります・・・

とんちんかんな私がいるのも確かです。

「だれが、いつそんなこといつた!」

と怒られることもあります。

頭の中で、いろいろ考えていると、考えすぎて事実と想像の区別がつかなくなり

想像を現実と思ってしまうこともある。

しかし、この発想力は私にとって誰も考えつかないシステムを作ったり

誰もがあきらめていた仕事を、ウルトラC的な発想でひっくり返したり

困ったときに、いろいろな代替え案を思いつく能力もある。

181383

実は、この妄想癖は簡単で・・・考えるときに書きながら考えれば

アイデアノートが完成してしまう。

事業計画書を作成する時期になると、いつも招集されます。

そして、自由にしゃべらせた後・・・いつも飲みに連れていかれ・・・・

気が付くと、私がしゃべったことがそのまま事業計画書に書かれていたりします。

私たちは、独自の固定観念は持っていても、ふつうの人とは全然違う固定観念を持っています。

そして、いろいろ否定的に物事を考えていくなかで・・・・

自分でも納得いくアイデアがいくつも浮かんでくるのです。

この能力は、仕事上 新しい商品サービスを生み出し これも私にとっては最大の武器です。

頑固!(揺るぎない信念)

アスペルガー症候群は、とにかく融通の利かない生き物です。

決めたことは、どんなことがあっても買えません。

誰もが「間違えている」と言っても聞きません。

ドライブ中もカーナビより自分を信じます。

しかし、アスペルガー症候群はあまり人の評価や賞賛に関心がありません。

他の人に影響されることなく自分の信念に向かってイノシシのように

突き進んでいけます。

私も自分が決めたことに関しては絶対に実行します。

 

  • 15年前に禁煙しました。
  • 思いついたことをノートに書き込む
  • 予定表を書く
  • 車の運転中は運転に集中する
  • 謝金は絶対にしない(家だけです)
  • 父親として子供たちにたくさんのことを体験させてあげる
  • 仕事のノルマは120%以上 実行する
  • 仕事場ではゴミ捨てやコピー用紙の補充など雑用も進んでやる
  • 1年前からダイエットで20kgも痩せました。
    参照【食べながら 低糖質ダイエット(糖質制限)

やると決めたら必ずやるんです。意思が強い?それも違います。

そういう生き物なのです。

でも・・・都合がいいから意思が強いというのですがね~(笑)

fc050495de553fb0fa70358fc01b5c37_s

そして今

  • 二度と暴言・暴力は振るわない
  • 怒らない
  • 人の話は肯定してから否定する
  • 決めつけて話をしない。
  • 話の途中で口を挟まない
  • 家ではお酒を飲まない

まだまだ、無意識のうちに失敗してしまっていますが・・・・

しかし、反省はできています。

アスペルガーは自分で決めたことが絶対なんです。

お酒は先月の事件以来家では一滴も飲んでいません。

最近、会社に泊まるときに飲んでいます。

間違えたことを自分で決意してしまうと・・・オレオレ症候群まっしぐらですが

正しい目標を見つけると、その信念は普通の人では想像つかないほど完璧なものなんです。

きっと、私たち家族の修復を助けてくれるのはこの能力だと思います。

しつこい(持続性)

アスペルガー症候群はしつこい人も多い・・・自分の興味をもったこだわりを

しつこくこだわります。情熱的でずっと関心をもってしまうこともあります。

普通の人であれば飽きてしまうことも、長い期間変わらず持続できる能力はまねできません。

その結果、誰も知らない知識を持ち、ふつうの人ではできないことまでできてしまうようになります。

これも、仕事においては常人離れした能力を発揮します。

持続できること、仕事においても大事ですが

今私が直面している、家族の問題を継続するためにも

この能力が欠かせません。

 

まじめすぎる(秩序・規律を重んじる)

「あなたいても楽しくない」と妻もいつも言います。

「あれはいけない」「これもいけない」「あぶない」「だめでしょう」

とにかく、少しでも誰かの迷惑になりそうなこと、マイナス要素がある行動について

いちいち注意してしまう。

アスペルガーのほとんどの人が秩序を重んじます。

そして、金銭的にも節約家が多いようです。

日本経済や政治などにも興味を持ち、お金儲けが得意な人も多いようです。

ちなみに、私も個人では株式投資をしたり、仕事では業績はいつも心配ありません。

まじめすぎるのは、決して悪いことではないと思います。

このまじめさが職場での信頼感となっているのだと思います。

むしろ大事なことなんだろうだけれど・・・・

182327

限度があると思っています。

先日からの子供部屋のように・・・・勉強だけがすべてではない。

そう思うことで、面白くない私と決別できることもあることを知りました。

 

目にしたものを複雑に考える(ずば抜けた視覚的能力)

私もそうですが、アスペルガーの人には目にしたものすべてを

複雑に考えます。

細かな図面を見てぶつぶつ・・・・商品を見てぶつぶつ・・・・

「もっと、こうしたらいいのに~」と物を見て言っているのを聞いたことがないですか?

しかし、意外とその指摘って特許がとれるくらいすごいことを言っていることもあるのです。

アスペルガーのもつ視覚的能力も常人離れしています。

複雑な図面でも、商品の弱点や使い道など 普通の人が気が付かないことに気が付きます。

 

私も、家を建てるとき図面を見て 階段の数から 廊下に梁(でっぱり)が出ることを

指摘してプロも驚いたことがあります。

249808

私からしたら・・・「おまえら本当に大丈夫なんだろうな?」って感じでしたが・・・

地図を見せたらねナビなどうるさいので不要です。

ナビはつけても音を消しています。

ジグソーパズルも好きで、昔 5000ペースの大作を作ったこともあります。

ゲームはパズルゲームが大好きです。

こうした能力は、きっと家族を見えないものから守れる力にもなると思います。

感情に乏しい(感情に溺れない)

アスペルガーには心がないと言われます。でも感情に流されないので

誰もが逃げたすようなトラブルでも、マニュアルや手順に従い立ち向かって行けます。

ロボットのように動くのであれば、こんなに適した人種はいません。

 

恋愛においては、ふつうの男の人が戸惑っている間に・・・・

「おまえ、かわいいなぁ~俺とつきあえよ~」と軽く告白し

131176

付き合った初日に・・・・あんなことや・・・こんなこと・・・って

情熱的に激しく恋愛する人も多いでしょう。

そういうところで、だまされた・・・いやいや・・・

そういうところに惹かれた人も多いのではないでしょうか?

孤立してしまう(孤独感に強い)

アスペルガーはとにかく孤立してしまう機会が多い気がします。

と言っても・・・本人は気がついいていないことも多いのですが・・・

生まれてから、孤立することが多く自分本位に生きていますので当然孤立には強い人も多いようです。

アスペルガーの診断を受け、離婚を突きつけられても

あきらめてしまう人は、孤立感に強いためパートナーの存在の大切さに

気が付かないのかもしれません。

私も、意外と出張に行っても一人でいるほうが楽なことも多いので

そうなのかもしれません。

でも、私の場合は家族がいなくなるなんて・・・・想像もできませんが・・・

その代わり、仕事で孤立しても自分でやる手段を常に見つけている気がします。

エンジニアから営業に転身したのもそのせいかもしれません。

孤立感に強いこと・・・一人で生きていくためには長所だけれど・・・・

この能力は私はいりません。

 おわりに

今回は、かなりアスペルガー症候群当事者に肩入れした記事となりましたが

アスペルガー症候群をすべて悪として考えてしまったのでは

当事者にとっても、パートナーにとっても残酷な考えのような気がします。

今回書いたように、アスペルガー症候群の短所と長所は紙一重です。

能力を使う場所を意識すれば、最強の武器です。

意識しなければ・・・ただの もろはの剣です。

私たちは、アスペルガーの能力を上手に使うことが成功の秘訣ではないかと

思います。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • はじめまして。毎回、記事を拝見して勉強させていただいています
    。今回、ご意見を伺いたいくてコメント差し上げました。
    私には、アスペルガーの疑い(受動型又は孤立型?)が濃厚な夫(42歳)がいます。子供は四歳の長女と6ヶ月の長男の2人です。
    夫は、家族を大事にする=仕事をして稼ぐことと考え、家族と過ごす時間をあまり作ろうとしません。
    仕事と社命の英語の勉強でクタクタの夫は、会社付近にある妹のマンション(妹は使っていない)に入り浸り、ほぼ母子家庭状態。そんな夫との関係に現在行き詰まっています。
    正直、浮気も視野に入れていますが…
    伺いたいのは、アスペルガーの人にとって家族とはどんな存在なのか?結婚する意味、子供を育てる意味とは何なのか?ということです。
    忌憚のない意見をどうぞ、よろしくお願いいたします。

  • はじめまして、いるかさん。

    家族を大事にする=仕事をして稼ぐこと
    という考え方は、私も確かにそう思いこんでいました。
    一生懸命頑張っているのだから、わかってもらっていると
    思い込んでいました。

    家族については、たぶんアスペルガーによって
    分かれると思います。
    私の場合は、妻は家庭の為に一生懸命するのは当たり前で
    子供たちのことは、大事に思っていました。
    子供たちも、息子には強く生きてほしいので厳しく育てていました。
    逆に双子の娘たちは可愛がり甘やかしていたりしていました。
    ですから、きっとそれぞれに私の愛情に差があると感じていたのでは
    ないでしょうか?

    しかし、決してそれぞれを比べたり
    愛情に差など持っている気はさらさらありませんでした。
    私なりに、妻は妻として、息子は息子として、娘は娘として
    愛して大事にしていたつもりでした。

    結婚についても、一緒に生きていくつもりでいたのですが・・・・
    私の行動は、そのような行動ではなかったようです。
    家族に息苦しい思いをさせてきたことは間違いありません。
    今は、その日々を少しでも償うべく日々を送っているところです。

  • 初めまして、カサンドラ症候群の事を調べていたら、ここのブログに辿り着きました。
    私は受動型アスペルガー当事者で既婚なのですが、これらの項目に殆ど当てはまりません。寧ろ逆です。当てはまっているのは、細かいところが気になる、しつこい(親しい相手限定ですが)ぐらい?それも周りに言われて気付く程度です。普段の生活や仕事に生かされることはありません。
    もしや自覚が無いのだろうか…と思ってしまいます。同じ当事者の方に某SNSでそう言われたので…

    人それぞれ違うとは言うけれど、本当にピンと来なくて、自分がアスペルガーなのか疑問に感じてしまいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です