夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

アスペルガーは治らない14 ~短気? えっそんなことで・・・~

   



スポンサードリンク

 


アスペルガー症候群の特性に、すぐにキレるとか

笑っていたと思ったら突然 怒りだしたりするというのがあります。

メールやコメントの質問でも多いのですがどうしてでしょうか?

私の経験から、大きく3つのパターンがある気がします。

ただ・・・書く前からいうのもなんですが・・・・

パートナーが気を付けて「怒らせない」なんて考えることは

カサンドラー症候群に向かってまっしぐらの考え方だと

思いますので無理をなさらないようにしてください。

  1. あるものがない
  2. 細かいことが気になる
  3. 冗談が通じない

パターン1. あるものがない

まず、ひとつめに よくあるのが

必要なものが無いときです。

  • 焼きそばを食べようと思ったらマヨネーズが切れていた。
  • オムライスを作っていたら途中でケチャップが切れた。
  • トイレットペーパー・ティッシュがない。
  • 工作しようと思ったら ノリがない。
  • 新聞を縛ろうとしたら紐がない。

生活用品や調味料が切れてしまうことはよくあると思います。

普通に考えても、そのたびに怒っていたらキリがないことは

簡単に想像できると思いますが・・・

それがアスペルガー症候群の特性のひとつです。

141823

例えば・・・・

子供と工作を作りはじめ楽しい時間を過ごしていたと思ったら

突然・・・・

「ノリがない!! どこにあるんだ~」と突然怒り出す。

まだ見つかればいいのだけれど・・・・

もし、本当になかったら大変です。

せっかく、作りかけの作品を怖し暴れるかもしれません。

アスペルガー症候群が、楽しく工作をはじめようとしたら

近くにいる人は、とっさに・・・・

ノリ・ハサミ・セロハンテープ・カッターナイフ・定規

が無事あることを祈ります。

今日は、大丈夫と思っていたら・・・・

「ホッチキスがない」と怒り出します。

パターン2. 細かいことが気になる

さらに、よくあるのが・・・・

ちょっとして、出来事に出くわしてしまったときです。

  • 冷房・暖房が必要以上の温度で設定されている。
  • 駐車場の車が斜めになっている。
  • コードレス機器の充電がされていない。
  • 掃除機の紙パックがいっぱいになっている。
  • 車を運転していて急な割り込みをされる。
  • 外食をしていて、料理が気に食わなかった。
  • 旅行先の宿が気に食わなかった。

やはり、多いのが車を運転しているときや

旅行先でのトラブルは大きいと思います。

例えば・・・・

家族で旅行に行った時、前の日の晩から

みんな、アスペルガー症候群のお父さんのご機嫌を

損ねないように気を付けていたこともあり

楽しく出発をしました。

すると・・・車の前に明らかに車間が狭いのに強引に

割り込まれたとたん・・・豹変します。

車間を詰め、あおりはじめ、エンジンは空ぶかしし

パッシングまでしだすかもしれません。

同乗者は、一気に楽しい時間が、最悪な時間に変更します。

128581

気分を変えてレストランに入り食事を・・・・

確かに、「えっ」と思う料理のところもあるでしょう。

店員の態度の悪いところもあるでしょう。

そんな店に当たったら・・・・もう大変・・・・

イライラしながら食事をし、ぶつくさ文句ばかり言って

食べるのですから・・・・

 

やっと旅館についたら・・・・

受付でまたされて、従業員も馴れ馴れしく

気に食わない態度の旅館もあります。

とはいえ、普通の人であれば大して気にならないことも

アスペルガーにとっては、大きな不満となり・・・

またまた・・イライラ・・・ぶつくさ・・・・

と・・・

これじゃ~旅行なんて行くものではないですね~

パターン3. 冗談が通じない

 

これは、アスペルガー症候群の大きな特性です。

楽しく話している途中に、突然怒り出して・・・・

「えっ???何がどうしたの???」という経験をされた人は

少なくありません。

例えば・・・・・

楽しく、ドライブに行く計画を話していました。

「綺麗な山に行きたいね~」と二人仲良く話していたわけですが

彼女は「オープンカーとかで走ったら気持ちいいだろうね」と

言うと・・・突然・・・

「だったら、オープンカーを持っているやつと付き合え」

と言ってどこかに行ってしまうかもしれません。

051228

他にも・・・

仕事を手伝い、お礼に 誘われた飲み会で

楽しく話していると・・・

「今日は助かったよ~猫の手でも借りたかったんだ~」

と言ったとたんに

「俺を猫というのか・・・」

と突然怒って帰ってしまうかもしれません。

最後に・・・

正直、こういう特性があると自分で自覚しないと

治るものではありません。

こんな、考えに普通の人が付き合っていると

それは、カサンドラ症候群にもなってしまいます。

私は、少しのことはいろいろ気を付けることが

できるようになつてきました。

そして薬でこのあたりの気持ちをコントロールしています。

日ごろから、『エビリファイ』という安定剤を服用しています。

085186

車を長距離運転するとき、旅行に行くとき

仕事の会議やイベントがあるときなど・・・

エビリファイ内服液を頓服として飲んで対処しています。

やはり、専門医のカウンセリングを受けて

ゆっくりと、対処方法を見つける他ないと思います。

参考【アスペルガーは治らないシリーズ
※アスペルガーの特性をまとめています。
 合わせてご閲読ください。

 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ADHD, アスペルガー, アスペルガーは治らない, アスペルガー症候群の特性, パートナーと生きる , , , , ,