大人のADHD ~おすすめ書籍~



スポンサードリンク

 


 

 

私は、妻がカサンドラー症候群に陥ったことをきっかけに

ここ数カ月で夫婦の話し方やADHDやアスペルガー症候群や発達障害に関する

本を沢山買い集めている。

 

前回は、ADHDのおすすめ書籍を紹介したので

今回は、ADHDについてのおすすめ書籍を紹介します。

P_20150816_150025

今回、ADHDを勉強するのなら、やっぱりアスペルガー同様一番お薦めする本は

参照【アスペルガー症候群とカサンドラ症候群 ~おすすめ書籍~

ナツメ社 出版の 図解シリーズ
P_20150816_145547

『図解 よくわかる 大人のADHD 』

P_20150811_052511

お薦めポイント

  • 絵がたくさん使われておりわかりやすい。
  • よくまとめられていて理解しやすい。
  • 困っていることをわかりやすく解説してある。
  • 事例がたくさん書かれている。
  • 沢山の対策方法が書かれている。
  • ADHD当事者へのアドバイスがしっかり書かれている。
  • 支援者の支援ポイントも書かれている。

目次

◆巻頭 早わかり 大人のADHD
ADHDは子どもの障害ではないの?
子どもと大人ではどこが違うの?
ADHDかどうか確かめるには?
ADHDの原因は何?ADHDは治すことができるの?
周囲の人はどのように接したらいいの?

◆1章 大人のADHD10の困りごと ── こんなこと、思い当たりませんか?
集中できない
計画的にできない
人の話が聞けない
先延ばしにする
忘れっぽい
飽きっぽい
自制が利かない
プランが立てられない
事故に遭いやすい
退学・失業・離婚が多い
◆2章 ADHDとは? ── ADHDの基礎知識
子どものときからあった障害
ADHDの3つのタイプ
脳の機能の偏りが原因
家族間で障害が現れやすい傾向がある
「実行機能」の障害
大人のADHDの問題
ADHDの併存障害
ADHDの併存症
ADHDの合併症(二次障害)
◆3章 ADHDの診断と治療
ADHDの診断
ADHDの治療
ADHDの治療薬
服薬の方法と注意点
薬の治療効果は信頼できる
併存障害の治療法
ADHDの相談機関
◆4章 こんな「困った」に、この対処法 【学校・職場編】
約束や期限を忘れてしまう
なくし物、忘れ物が多い
うっかりミスが多い
根気のいる作業・業務が苦手
作業の段取りがつけられない
時間配分がうまくできない
人間関係でつまずきやすい
得意なことを生かせない
◆5章 こんな「困った」に、この対処法 【家庭編】
部屋のなかが片づかない
物の管理が苦手
家事が段取りよくできない
生活習慣が乱れやすい
金銭管理が苦手
ケガや事故が多い
怒りの感情が抑制できない
家族関係がうまくいかない
女性のADHDは生きにくい
◆6章 自分で心がけること ── ADHDのある人に向けて
ADHDのことをよく知る
自分の得意不得意を見極める
薬と上手につきあう
ソーシャルスキルを身につける
ストレスをためない
上手に支援を受ける
自分に合った環境を整える
◆7章 周囲の人ができる支援 ── 家族・友人・職場仲間に向けて
苦手なことを無理強いしない
本人まかせにせず、チェックする
言い争いや衝突を避けるには
長所を認め、評価する
◆大人のADHDストーリー
ADHDの特性を生かして起業という道を進む Aさん(38歳・男性・会社経営者)
完璧を求めず、ほどほどに生きる大切さを知った Bさん(41歳・女性・主婦/会社員)

感想

ADHDのことなら、この一冊でだいたいわかる。

とてもわかりやすく、当事者もまわりの方も学ぶにはこれが一番いいと思う。

ついでに言うと、子供のADHDについても完成度は高い。

P_20150811_052528

たくさんある、ADHDの症状について適切にケースごとに

解説と対策が書かれている。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク