夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

ADD不注意優勢型(私の場合)

      2015/12/15



スポンサードリンク

 


 

 

ADHDの特徴・特性のひとつ不注意優勢型のタイプがいる。

当然、私もその一人で・・・・

他にも多動性・衝動性優勢型もある。そして、両方をもつ混合型がある。

私は混合型で、ADHDの80%は両方をもつ混合型が多いらしい。

今回は不注意優勢型のタイプについて書きたいと思う。


 

せっかく、多動性・衝動性優勢型について書いたので、私のもう一つの症状

不注意優勢型について書いてみたいと思います。

ADDという言い方もしますが・・・・

症状としては・・・

  • 気を抜くと信号無視をしたこともあります。
  • 一旦停止を忘れる。
  • 無意識に車線変更している。
  • ドライブに入れたまま、エンジンをかけっぱなしでサイドブレーキだけひいて駐車していた。
  • とにかく全力で気を付けても忘れ物が減らない。
  • 財布を何度も落とした。
  • 携帯を何度も落とした。
  • 社員証を落とした。
  • よくこける
  • さっき設定したばかりのパスワードを忘れる。
  • 「あっ!忘れてた」と取りに行ったはずなのに・・・・忘れている。
  • 確かにここに直したのに・・・・・
  • あれ?同じものがある?
  • 約束を忘れる。
  • 何度も決心・覚悟をきめても忘れてしまう。

img_956196_31716649_4

これは、本当に社会的に信頼を失ってしまいますので

私は、かなり神経を尖らせて対処しています。

私が心掛けている一例を紹介すると

  •  車の運転中は、ミラーの確認など全神経を運転に集中させています。
    カーナビなどの操作はしないよう決めています。
  • 鍵・社員証・携帯電話はカバンに縛り付けています。
  • 財布の中身は、常に2万円以下にしています。
  • 物には名前を書いています。
  • 仕事は必ずToDoを書いています。
  • パスワードなどは、一定のルールに従ってつけて安全な方法で記録しています。
  • 準備は、必ず前もってします。
  • 鍵は合鍵を必ず作って保管しています。
  • なくなると困る物については予備機を用意しています。
  • モバイルバッテリーは5本くらい持っています。

私のこの神経質さが・・・妻には息苦しかったようですが・・・・・

Menjoy_81040_1

私は、こうしないと生きていけないのです。

たとえば、今もそうです・・・・・

私は、どんなに気を付けていても忘れてしまう。そして衝動的に行動してしまう。

もし、今 妻との関係に失敗をしてしまうと終わってしまう。

では・・・・どうすれば回避できるか・・・・

 もっとも失敗が多いタイミングは・・・・

やはり、お酒である。私はウィスキーを1日で1本飲むような酒豪である。

失敗も多い!!!では、「減らせば・・・・」と言われればそれまでですが、そんなことできれば苦労しない。

だから、私は飲まなくていいお酒を飲まない!!! もう1か月くらいほとんど飲んでいない。

一週間に一度くらい、350ccだけビールを飲む。

仕事で飲むときもあるが・・・今、会社の人と飲むとADHDのことがばれてしまうのでは・・・

と怖くなって行けなくなってしまったし、酔うこともできなくなってしまった。

だから、私はお酒は飲まない!!次に多いのが、料理についてだ・・・・

正直、妻は料理が得意ってわけではない・・・・味もだけれどレパートリーも少ない。

しかし、それは私がずっと作っていたことと、味について文句ばかり言っていたので作る気がしなくなって

今になってしまったのだろう。本当に申し訳なかったと思っている。

そこで行き着いたのが、夜は必ずお腹を空かしておくことにした。

大好きな、ごはんを食べなければ何を出されてもおいしく感じる。そして、感謝することができるので

そうこうしているうちに、妻も上手になると思っている。

だから、私は必要以上には食べない!!

とここまで、徹底しないと対処できない。

これが、私自身のキツイ原因であることは自分でもわかっている。

そして、それと同じように言い続けたことが 私の家庭に影を落としたこともも違いない。

 

そして、確信してきた妻のADD対処方法は、私とはまったく逆の方法でした。

ちなみに、私は本人ではないし、まだそうなこと本人に聞くことができるわけでもないので

彼女の心の内はわからない。が・・・・私から見た彼女の対処方法を紹介します。

  • 無理をしない。
  • 適当でもいいと思っている。
  • 何を指摘されても気にもしない。
  • すべて自分のペースでそれ以上はしない

正直、私から見たら・・・・・めちゃくちゃにしか思えない。

理解できない・・・・・

だけれど、私の対処方法が正しいのか・・・・妻の対処方法が正しいのか・・・・・

健常者なら、きっと こう言うだろう!!!

「だったら、ちょうど中間をとればいいじやん」って・・・・・

そして、私もきっと妻も・・・・

「それが、できるならなんの苦労もしないんだよ。そして、これが今まで一番楽な生き方だったんだよ」

でも、これじや~共同生活できないのは当たり前だ。

妻は、今まで私に合わせようと努力をしてくれていた。

だから、今度は私の番である。そして、いつかお互いに歩み寄れるようになったとき

私たちは、本当の夫婦となれると信じている。

そして、妻が私の要望に応えようと疲れ切ってしまった今、今度は私が妻のようになってみようと思う。

大丈夫、私にとっては難しいけれど、プライベートで妻の性格となり、仕事で私のままいることが

できれば完璧なはずである。

 

ADHDのことは、たくさん本も読んだ。

私たちに必要なのは、困っていることを正しく解決するテクニックであり

それが、私たちの成長と人生だとおもう。

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ADHD, モラハラ, 大人のADHD, 妻のADD疑惑, 家族 , , , , , ,