妻が臨床心理士になった!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


私たちが真剣に発達障害と向き合うようになって6年がすぎ、本当にいろいろなことが起きました。

最近は、とても落ち着いて(普通とは違いますが・・・)生活し続けていました。

その中でも、私たちの発達障害家族の経験を活かし、発達障害をもつ家族のために働きたいと妻は、臨床心理士になることを決意し、主婦の仕事をこなしながらも大学院に二年間通い無事に卒業しました。

ちなみに、臨床心理士になるためには、指定された心理学の大学院を卒業してから、年に一度の試験を受けて合格しなければなりません。

38歳からのチャレンジで、大学院に入り直すのも大変ですが、大学院はレポートなどの提出も厳しく、普段から若い学生を相手にしている大学の先生との相性も悪く最後まで苦労していました。

実習にレポートも大変でしたが、通学だって片道1時間もかかりました。

卒業間際には、卒論で手一杯で家でもイライラし続け、さすがに私も参りました。

卒業しても、試験勉強でいっぱいいっぱいの妻に、子供たちもさみしい思いをしていましたが・・・・

そして、このコロナ禍のなか、東京で一次試験と二次試験と無事にクリアし、ついに『合格通知』が届きました

まあ、実践中心の私とは違って受験勉強が得意な妻はのことだから、『合格』はすると思ったのでが・・・・

やっぱり、うれしく思います。

妻も、これから今まで発達障害の家族に囲まれて生活してきたからこそ、わかることも多いでしょうし、逆に発達障害に対して理解が薄い人たちの対応に悩むこともあるとは思います。

きっと全員を救うことはできないでしょうが、その中の一人でもいいからヒントが与えられる臨床心理士さんになってほしいと願っています。

私だって、最初は息子の発達障害なんて言われても耳も傾けなかったし、それを個性だと思っていたし、ましてや私自身が、発達障害だなんて夢にも思いませんでしたよ。

そんなところからスタートしたからこそ、発達障害を受け入れる難しさも知っているし、発達障害を受け入れてからの大変さも知っています。

そして、発達障害だから仕方がない部分も知っているからこそ、それぞれがどう向き合うかを、妻自信が今現在も体験しながら、取り込める仕事なのでとてもやりがいもある仕事だと思っています。

でも、少しだけ愚痴らせてくださいね~(笑)

こんなことを書くのは私が根っからのアスペルガーだからなのでしょうが・・・・・

私にとっては、妻が臨床心理士の専門知識を持ったことで、教科書どおりというか統計に基づいた考えで物事をしゃべることに苛立ちを感じる時があります。

確かに、ヒントにはなるけれど、それは絶対ではないし、私も息子の考えを理解できるすべは存在しません。世間一般的には99%はそうかもしれないけれど、残り1%の人間かもしれないわけです。

でも、その考えが正しかったのかどうかは、神様だって先になってみないとわからないことです。

妻がなんでも、かんでもわかったつもりで接されると、私たちにとっては、とてもストレスなのは正直なところです。

何かあると、一生懸命に自分の得た知識をしゃべろうとするのですが・・・・・

私たちにとっては、話も長くなるし、あまり面白くない話なので、子供たちと「また、始まった~うぜ~逃げろ~」と逃げています。

とは言いながらも、私みたいな変人相手に、せっかく取得した資格と誇りを家庭内で自信を失って欲しくはないですからね~。

ある程度は、「はいはい」と聞きますけれどね。

風邪やケガならかなりの確率で、知識や薬で治せるでしょうけれど、精神的な病気は、一人一人違いますし、言葉一つ、体験したこと一つで大きく左右されるだけに、これからも自信を失うことも多いと予想されます。

私も、兄のうつ病時代から、多くの精神科の先生と話をしてきましたが、先生の対応の仕方もそれぞれですし、受け入れ側の姿勢によっても大きく変わる事を体験してきました。

精神科受診のハードルが低くなったと言っても、やはり人には言えませんし、定期的に通院しても、病気やケガのように目に見えて治るものでもないので、永い付き合いが必要となってきます。

薬にしてもそうです。脳や心をコントロール(調整)する薬に抵抗する人も少なくないでしょう。私自身がそう思っています。

でも、トレーニング(療育)の一環として、気持ちや感情をコントロールできない私たちにとっては、一時的に薬で強制的にコントロールして体験を積むことが、とても大切なことを実感してきました。

そういった、身をもって体験してきたからこそ、多くの人に寄り添える良い臨床心理士になれると思っています。

みなさんも、妻が本を出したら読みたいと思いませんか?

「いつか、本を出版したらいいのに~」なんて思っています。

発達障害の息子のことを親に受け入れてもらう難しさ、発達障害のパートナーとの生活の難しさ、発達障害の子を持つ親の大変さ、治らない発達障害の対策の難しさ、自分自身の発達障害とネタは、山ほどあるし、しかも今の幸せまで家族が一丸となって向き合ってきた実績もありますしね~

毎日、心のことを考えると息苦しくなってしまいますが・・・・

時々、考えると人生がとても豊かになれるし、発達障害の人たちにとっても、そういう時間を少しずつ持てると、世の中から発達障害なんて言葉はなくなるかもしれませんね?

一人でも多くの人たちの力になれるように、こんな私でも発達障害と向き合いながら生活できているのですから、そういった人たちが増えることを期待しています。

そして、あきらめている夫婦や親子たちにも変われるきっかけを与えることが一組でもできれば、それは妻の天職だと言えるのではないでしょうか?


スポンサードリンク

スポンサードリンク


3 件のコメント

  • はじめまして。いろいろと勉強させていただいています。
    数か月前に別れた元カレがアスペルガーと思われ、勉強しているうちにこちらにたどり着きました。
    当時は彼に理解できない部分があり、愛されていないと思っていましたが、
    「一緒にいてもひとり」を読んで、彼はおそらく診断がおりていてカウンセリングを受けながら
    私とお付き合いしてくれていたのだと気づき、涙が出ました。
    ただ私もカサンドラになってしまっていたようです。心身共に多様な体調不良が出ました。

    彼氏がそうではないかと気づいたとき、私も臨床心理士の資格取得について調べましたが、
    取得へのハードルがとても高いなと思いました。奥様は本っっ当に素晴らしいです。
    全ては奥様からのお子様へとfuufu様への愛情からの努力です。奥様が本を出版されたら、是非読みたいです。

    >統計に基づいた考えが、fuufuさんを苛つかせてしまうとのこと。
    99%と1%という考え方もありますが、症状は10人いれば10通りという考え方もあります。
    これは身体的な病気の場合でもそうですが、同じ病気で太る人もいれば痩せる人もいます。
    この場合、じゃあ大半の人は太ってるけど、私は痩せてるから
    この病気じゃないんじゃないかとか、太ってる人の治療は効かないんじゃないか、
    という疑問が出るわけですが、現象として太る・痩せるが出現しているだけで、
    根本の病気(原因)は同じなのでやはりどちらも同じ病気と判断されます。
    症状は1つではないので、次は 咳が出る・出ないという点はどうか…というふうに考え出すと
    ①太ってて咳が出る・②痩せていて咳が出る・③太ってて咳が出ない…と、何通りもパターンができます。

    奥様が教科書通りにfuufuさんと接するのは、
    アスペルガー症候群と正面から誠実に向き合おうとしているからではないでしょうか。
    出現している現象ではなく、根本の部分と向き合っているのかもしれません。
    家族としてこれからもうまくやっていきたい、そのために理解したい、向き合いたい、
    その気持ちがそうさせているのだと思います。

    また、もしかしたらですが(違ったらごめんなさい)
    fuufuさんは“ポジションの変化”にもとまどっておられる可能性もあります。
    家庭内ではfuufuさんにとって、奥様はずっと奥様というポジションで固定されていました。
    それが、奥様が奥様から時にカウンセラーになったりという変化が起こるので、
    相対的な関係性の切り替えがしずらいアスペルガーの方にとってはストレスになるんではないでしょうか。
    ※私の勝手な仮説です。

    こちらのブログの内容、とても勉強になります。
    私も現在、グレーゾーンか定型発達かわからない状態で、春に検査を受ける予定です。
    (診断はおりませんでした)
    これからも向き合っていきたいと思います。また、お邪魔させていただきます。

    • らららさん、はじめまして
      私たちは、どちらがポジションを取るとか、そういう関係はとっくに捨てていますよ。
      子供たちも含め、それぞれが「やりたいことをする」ということを基本に私たちは生活をしています。
      妻も発達障害なので、思い込みなどはすごいんです。
      妻は妻で、私たちと同様にストレスにも弱いので、できるだけストレスを受けない生き方を選んで生活するように変えてきました。
      妻が専門知識を得たがために、とても理屈っぽく長い解説を聞くのがまわりの人にとってはうざいことが多々ありますけれど
      それが今後の仕事ですしね。家族だからこそ遠慮なく口にしるんです。
      私たちも、そんなときは「うざ~い」って笑いながら逃げ出しているから、それなりに平和に生活しています。
      私も妻が自分のやりたいことを実現していく生き方を一緒に喜んでいますよ。
      あと、発達障害の診断についてですが、みんな多かれ少なかれ同じような特性は持っているものです。
      ある意味、みんな発達障害って言ってもいいくらいです。
      みんな、発達障害でなくてもこだわりを持っていた李、自分中心に物事を考えてしまうのは当然です。
      発達障害は、そういった特性による支障の頻度が高い人のことを言います。
      病院に行って聞かれるのは、「何が困っていますか?」「どうなりたいのですか?」と聞かれます。
      よくある話で、奥様が旦那さんを病院に連れて行って検査をするけれど、本人が何も困っていなくて、どうなりたいのかなど目的を持っていない場合、病院の受付ですら断れるケースも多いのです。
      私たちは、息子への療育、夫婦間のすれ違いという目的で受診してきました。
      らららさんは、何か困っていることはありますか?
      発達障害というのは、こだわりの強さから生活がしにくい部分を改善していくことが目的だと私は思います。
      一般的に普通に生活できるようになるということと、発達障害の私たちが楽しくそれぞれが楽に生きていく生活とは違うのかもしれません。
      私たちは、私たちでそれぞれが楽しく生きていければそれでいいと思っています。
      毎日試行錯誤しながら生活することを、苦痛と思うか、共に生きていると感じるかは大きな違いだと感じています。

      • ありがとうございます。お返事いただけて嬉しいです。

        とても勉強になります。
        ご家族それぞれが型にはまらず自分らしく過ごされているんですね。

        私の困りごとは、
        ・女性同士の関係(友達、職場の同僚)がこじれやすいこと
        ・元彼に対しては気持ちが残っているが、復縁したとしても結婚してうまくやれるか不安がある
        ・私の家族もASDの可能性があり(特に父)、子供時代は周囲と自分の家庭が違うと感じていたので、なぜこんなふうに家族がバラバラになったのか知りたい
        ・自分の行動で周囲の人を困らせていないか、困らせているなら改善するために特性を知りたい
        といった感じです。

        確かに現在進行形で困っていることはないので、医師からはは「今困っていないなら掘り返さなくてもいいのでは」とのことでした。

        私の元彼の場合は運転にこだわりがあり、デートのときに前の車にバカにされたと勘違いして、危険運転(煽り運転)をしました。乗っていたのは私の車で、私は助手席にいたので止めましたが、落ち着いたら「これが自分、何言われても辞めないから、そっち(私)も理解してくれ」など言われて固まりました。
        子供の頃から私には「普通の平穏な家庭を築きたい」という強い気持ちがありましたが、元彼のこの部分は納得できず、別れを告げました。そのときは彼がASDではないかと気づかなかったのですが、あとからいろんなことを思い出すと、カウンセラーの話をする・薬を隠れて飲む・昔一時的なADHDと言われたなどの話(一時的などないのですか)をしていたな、と気づきました。

        そりゃ彼でなければ、私かイメージしていた家庭は簡単に手に入るのかもしれません。でも、割り切れません。不思議です。
        周囲は新しい人を探せと言います。私を心配してのことです。これが元彼のこだわりであった場合、家族になることで私だけでなく、子供や私の両親まで大きなトラブルに巻き込まれる可能性があるからです。でも、どこかで、どうにかすればやめてくれるのではないかという希望が捨てられません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です