パートナーとして認めていなかった!! ~バイク買い替えの巻~


スポンサードリンク

 


1年と数カ月前の話だ。

私は、古くなった大型バイクと中型バイク(スクータ)を下取りに

大型バイクを買いなおした。

妻は、「そんな大きな買い物を勝手に決めて買うなんて信じられない」

それはそれは、離婚の原因の一つにもなったくらいだ・・・・

pc

そのときは、少しの罪悪感はあったものの・・・・

妻の気持ちを理解してあげてなかった。

彼女も、いろいろ我慢していたのだろう・・・・

それを、下取りがあったとは言え、何十万もの買い物を勝手にしたことは

許せるものではなかったのだろう。

 

当然、買ったときは自分に発達障害があるなんて思ってもいなかったときのことだ。

確かに、お金の問題もあるかもしれないが・・・・

それ以上に、妻をパートナーとして認めていなかったことが彼女を傷つけたのだと思う。

 

そして、最近になって通勤で使っている小型のスクータの調子が悪くなってきた

確かに、修理すればもう少しは乗れるかもしれない。

pc

 

しかし、もう11年も乗っているバイクなので・・・・・

妻にどう言ったら許しててもらえるか・・・・最近、よく考えていた。

また、大型バイクのことを思い出して不機嫌になるくらいなら

まだまだ我慢しようか・・・・

とも思ったけれど・・・・

 

勇気を出して言ってみた。

「ねぇ~通勤用のバイク調子悪いから買い換えてもいい?」と聞くと

「うん、いいよ~」となんとも簡単に許可してくれました。

exterior01_001

これも、1年間で関係を築きなおした結果なのだろう。

きちんと、日ごろから向き合って過ごすことの大切さを実感した

今日でした。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • こんにちは!はじめまして。

    昨年の今頃、24年の夫婦生活を離婚で終わりにした50近くになる者です。

    離婚成立、手続き、アパートへの引っ越しを一人で乗りきりなんとなく自分に自信が着いてきた今日この頃、こちらのブログにたどり着き、目から鱗の状態です。

    中学生の娘と二人で細々暮らしています。生活は貧困です。

    私は元夫のモラハラ(最後は経済的含)、DV(彼は私がキツイ事言うからだ!と)を理由にしたのですが、彼、アスペルガーだったのかな?
    と。

    大学出会った頃、変わった人だなとは感情ましたが、そこが魅力でした。
    付き合い始めると衝突はよくしましたが、亭主関白にしておけば、色々と世話してくれるので楽でした。

    そのうち私は何も出来なくなる…。楽ですからね。

    彼におかしさ、違和感、そして夫婦喧嘩がたえないので何回か精神科に二人で行きましたが、医師と会わないとの理由で20年経ってしまいました。

    こちらのブログを読んで、この一年彼への無関心が出来てなかったのと、彼がアスペルガーなら、憎しみも消えそうです。

    娘への養育費も決められた額支払われてます。とんちんかんな贈り物も娘にあります。
    本人が買いたい物を持って来ます。
    こちらの貧困を考える事は出来ないようですが。

    こちらに出会えて良かったです。娘に別れた父親の悪口は言いたくないので。

    そういえば、彼も頻繁に勝手に車買い替えて、私怒ってました。彼は山男でドライブ温泉大好きさん。人付き合いの苦手なマメな人でした。

  • 続きます。

    こういう私の気持ちやが理解出来ない、こちらの今の生活を想像出来ないのが、アスペルガーの特徴ですか?

    私には離婚した元夫の生活環境や、行動パターンが想像出来ます。

  • はじめまして。
    私はアスペルガーの疑いのある30代の男です。アスペルガーを疑うきっかけは妻から精神系の病院を受診してほしいという言葉からでした。私も以前から、自分は他の人となんか違うという違和感を持ちながら生きてきました。
    近所の精神科の病院で診察を受けるとアスペルガーの疑いが強いと先生に言われました。でも、専門ではないからと言われました。妻にアスペルガーの疑いありと伝えると、納得していました。
    なので6月中旬に別の病院を受診することにしました。
    この間、自分も本を4〜5冊購入したり、こちらのfuufu様のブログを読ませていただいております。
    妻から離婚届にサインしてと言われサインとハンコをつきました。妻はもうそろそろ限界のようです。

  • はじめまして。
    ずいぶん前の投稿に主でもないのにコメント失礼します。

    アスペルガーの夫と離婚しました。
    相手の生活状況は理解できないと思います。
    自分の観点でしか相手のことを考える事ができないのです。
    自分の感じたこと=相手も感じていることと思っているのです。
    車を何度も買い替えるという行動も、車にこだわっているのでしょね。
    うちはパソコンでした。

    離婚届に関しても、最初は悩んだり拒んだりしますが、決意をしたんだという思考回路でハンコを押して渡してくれました。

    離婚すると決意してからは、養育費であるとか、その他煩雑な事には注意がいかない感じがします。
    もう離婚するのだという決意表明だけで、離婚にまで至った理由など気づくはずがありません。

    現実が見えてない状況で子どもにも、自分の視点で愛情を注ぐわけですから愛情が伝わることもないように思います。

    相手がぐずで俺がなんでもしてやった。というフレーズ、何度聞いたことでしょう。
    アスペルガーの人と離婚するということは、相手に対しての愛情と憎しみが入り混じって苦しくなりますよね。
    障害があるからといって、許せる気持ちにはなりません。
    子どもがいるので、接点を持たないわけにもいかずイライラします。
    自分が思い込んだらテコでも考えを押し付ける思考回路が嫌いです。
    電話だろうが、メールだろうが罵倒され、名誉棄損で訴えたくなります。

    私たちにできることは、けっしてグズでもカスでもなければ、思いやりがないわけでもないと悟ることだと思います。
    こういう人と結婚したことで、貧困に陥ったとしても卑下することはありません。

    相手に対して、まっすぐ愛情を持っていても、感情を爆発させた場面など悪いことしか記憶にとどめておけない方がおかしいのです。

    そんな人と20年以上連れ添って、壊れないほうがおかしいです。
    暴力で家を出て数年になりますが、まだ気持ちは揺れます。
    学費のためとはいえ、元夫に会わせるだけで動悸がします。

    そろそろ限界な妻に、ちゃんと責任を取ってくださいね。
    女性は男性ほど稼げないのですから。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です