カサンドラ症候群をと向き合う 〜聞くところから始まる〜


スポンサードリンク

 


 

 
カサンドラ症候群については、以前に書いた記事を参考にしていただきたい。

今回は、カサンドラ症候群との関わり方について考えてみたい。

そもそも、カサンドラ症候群って治るものなのかい?

正直・・・無理なんじゃない・・・・

ええええええ・・・・・・

というのは、私には想像の付かないほどの傷を持っていると思うからで

その傷が完全に完治することはないと思うからである。

a0001_016471

ただ、これ以上ひどくならないようにはできるのではないかと思う。

そして、少しだけでも癒やして行けるのではないかと思います。

正直、当事者が自覚しパートナーに尽くす確率が低いことは、私もこうして

当事者やパートナーと話していてわかってきました。

loveagain-thumbnail2

私も実感していますが、カサンドラ症候群になる人は

そもそも、我慢強く、頑張り屋さんじゃなければならないと思っています。

我慢強くなければ、カサンドラ症候群なんかになる前にとっとと逃げているでしょう。

幅広く相談できるような人なら、「そんなのおかしいよ」と言ってくれる人が

少なくとも話を聞いてくれる人くらい見つかったでしょう。

 

きっと、我慢して我慢してやっと話した友達や義理の両親だったり

自分の両親に話して「結婚なんてそんなものよ」と言われたりして

自分を責めて「うつ状態」になられたのではないでしょうか???

 

私は、きっとカサンドラ症候群は話を聞いてくれる人がいれば

少しは気持ちが緩和されるのではないかと思います。

話と言っても、アスペルガーやカサンドラなどの病気のことでなく

普通の会話をしていると・・・少しは気持ちが落ち着いてくるのではないでしょうか?

そんな気がします。

 

私は、話を聞くという一つの行動でガラリと人生が変わりました。

決してアスペルガーとしての脳の作りは変わっていません。

話の途中で話をしようとしたり・・・イライラすることだってあります。

しかし、自分がアスペルガーだからだと気がつくと、それを抑制することができるようになりました。

それも、話を聞くことに集中しているからこそ気がつくのだと思います。

8e49ce0afc5d2c5ca5de5ef7df62a0b2_s

 

もし、カサンドラ症候群の知り合いがいたら、「がんばれ」じゃなく

「がんばったんだね〜」「頑張り過ぎだよ」「もういんだよ~」と言ってあげてください。

私も以前ずっと・・・・・

「私はがんばっているのに・・・・・」と泣かれていたのを思い出します。

私は、それを「頑張るのは当たり前のことだ」と一蹴りしていましたが・・・・・・

 

ぜひ、この記事を読んだカサンドラ症候群に関わる方、「がんばったね〜」と認めてあげてください。

カサンドラ症候群の方、自分をほめてあげてください。

こんなに頑張った自分をほめてあげてください。そしてもうその呪縛から開放してあげてください。

もし、友達や親戚に相談できないなら、心療内科に言ってみてください。

きっと、少しは楽になるはずです。

085186

私の先生も言っていました。

頑張りすぎる人は、第三者に聞いてもらうことが大事なのだと・・・・・・

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • カサンドラ…
    私もそうなのかも知れません。
    この間、心療内科に行ってきました。
    そこで先生に、一生懸命やってきたのね、あなたは何も悪くないのよ、と言ってもらって、泣いてしまいました。
    彼を診ていないのでカサンドラの判断は出来ないけど、鬱状態とのことで、ジェイゾロフト、スルピリド錠、ゾルピデム酒石酸塩錠が処方されました。
    余り効果はないようで、不安と不眠は続いています。

    彼は、私の言葉の裏をよんでは、悪意を感じとり、感じさせるお前が悪いと離れていきました。
    別れに泣く私に、強くなれ!もっとがんばれ!俺はもっと頑張っている!と言いました…

    かけがえのない相手とお互いに思えたら、二人でゆっくり歩いて行けたのにと、伝えられなかった自分を、まだ責めてしまいます。

    気付いたyoshibeiさんは、幸せですよ、ゆっくりゆったり進んで下さいね。

  • がんばりましたね。
    彼は、きっとあなたがどんなに、がんばりやさんなのか知らないんです。
    私もそうでしたからよくわかります。
    がんばれなければ、アスペと一緒になんかいられません。
    我慢強く、がんばりやさんだから一緒にいられたのです。
    そして、彼はいつか気がつくでしょう。
    大切な人を失ったことを・・・・
    まずは、ご自分の心身をいたわってあげてください。
    これ以上、ご自分を責めてはご自分がかわいそうです。

    愚痴や誰かに話したくなったら、遠慮なくメールください。
    話を聞くことくらいしかできませなんが、少しは気がまぎれるかもしれません。

  • ありがとうございます。

    彼のことを理解したくて、このブログをずっと何度も読んできました。本当に助けられました。

    私はまだ、彼を待つつもりです。
    私は私で元気に生活しながら。

    ブログも読み続けていますので、どうぞゆっくりがんばって下さいね。
    応援しています。

  • 旦那はADHDだと思うのです。
    でも、あなたのブログを見ていたらアスペルガーも入っているのかな?と少し思いました。

    *オレオレ症候群です。
    *不安が強く、思った不安なことをすぐ口にします。ネガティヴなことばかりで、うんざりします。
    *自分だけ吐き出して、人の不安な気持ちは聞きません。
    *勝つとか負けるとか、何でも競争に持って行きます。
    *意思決定能力が低いので、何でも人に相談します。
    *1人で考えることができません。

    私もよく彼のオレオレ症候群、不安ブチまけが始まると逃げ出します。笑
    逃げてもいいのですね。
    このブログを読んで気持ちが楽になりました^o^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です