アスペルガー症候群になる原因 ~先天性・遺伝・まだまだ解明できず~

スポンサードリンク


アスペルガー症候群になる原因は、率直に言って生まれつきなものであり原因なんてない。

と行ってしまったら、この記事もここで終わってしまう。

アスペルガーになる原因のひとつに遺伝も関係している。

よく勘違いされるが、親の育て方やしつけとは無関係である。

また、子供がアスペルガー症候群の場合、親もアスペルガー症候群もしくはそれに近い発達障害を持っている場合が多いのです。

「お前の育て方が悪いからだ~」

「お前のしつけが悪いからだ~」

と怒っていたお父さんの遺伝子が一番の原因だったりもします。

スポンサードリンク

育て方やしつけとは無関係

かつて、アスペルガー症候群を含む発達障害は、親のしつけや甘さや愛情不足などから怒ることとして考えられていました。

現在では、親の養育態度が原因で起こるということははっきり否定されています。

と言ったものの、発達障害者の人の成長過程で、親をはじめとするまわりの人がどのように接するかはね重要な課題です。

接し方を間違えれば、二次障害を引き起こし、深刻な事態を引き起こすことになりかねないからです。

発達し要害の人が、ソーシャルスキルを身に着けて社会とうまく付き合うことができるかは、それぞれが持っている能力を最大限発揮するために上手な育て方、関わり方が大切になることは確かです。

脳機能不全が影響

発達し要害はね様々な要因がからんで起こると考えられています。

現在も、はっきりと改名されているわけではありませんが、脳の機能不全、つまり先天的に脳の働きが他の人と違っていることが原因と考えられています。

脳のどの部分が機能不全を起こしているかはわかりませんが、脳の複数の部分がうまく機能しないために。脳のネットワークに支障が生じていると考えられています。

アスペルガー症候群では、側頭葉の一部や偏桃体、前頭前野が十分に機能していないだけでなく、セロトニンなどの神経伝達物質が通常より多いなどの報告もあり、それらの影響が、脳全体のネットワークに及んでいると考えられています。

遺伝子要素

脳の機能不全が怒る原因についても、はっきりしていまんが・・・・・

遺伝子的な要素が関係していることがわかっています。

遺伝子がまったく同じ、一卵性双生児の場合は60~90パーセントの高い確率でアスペルガー症候群となります。

また、遺伝子が異なる二卵性双生児では3~10パーセントの割合となります。

ですので、兄弟でも3~10パーセントの割合ということになります。

ちなみに、我が家の場合は、兄だけ発達障害で、二卵性双生児の双子は発達障害ではありませんでした。

その外には、出生体重が1500g未満として生まれた場合、脳の未成熟や、出生後の頭部外傷などが関係しているという説もあります。

うちの場合、双子は1500g近くで生まれましたが、発達障害の兆候は見られていません。

アスペルガー症候群は誰のせいでもない。

とくに、アスペルガー症候群の子供をお持ちのお母さん・・・・・

決して、お母さんでもお父さんの責任ではありません。

ただ、もし親のどちらかに発達障害のかのうせいを感じるのなら、子供と一緒に療育に力を入れることは、子供のためでもあり自分のためでもあると思います。

もし、「誰のせい?」と思ったら、両親のどちらかが発達障害でないか観察してみてください。

もし、どちらかが発達障害なら、子供のためにも先頭に立って療育に励みましょう。

私のところもそうですが、父親も発達障害というのは決して悪い事だけではありません。

子供も良き手本があるわけですから安心して取り組めます。


スポンサードリンク

スポンサードリンク