いつまでも頑固なアスペルガー症候群 ~気持ちの共感は難しい~

スポンサードリンク

スポンサードリンク


どうして、いつまでたってもアスペルガー症候群という人たちは、人の言うことを聞けないのでしょうか?

そんな、メールが届いて自分でも「それは仕方ないよ~」と思っていたのですが・・・・

先日、大分に出張中 スターバックスコーヒーに行って気が付いたことがありました。

 

妻は、よく「スターバックスコーヒーは最高!!」と言っているのは知っていました。

最近は、来月から大学院に行くためお金も節約して行っていないようですが・・・・・

少し前までは、時々スタバックスコーヒーに、パソコンを持っていてブログを書いたり、勉強をしに行っていました。

それは、妻にとつてのリラックスタイムとして私もとてもいいことだと思っていました。

しかし、私にとってはスターバックスコーヒーは、高級で高いというイメージがあり、私自身は入ったことがありませんでした。

もっぱら、私はマクドナルド派で、Free WiFiもあり、コーヒーもMサイズで150円でとても美味しいとあってよく利用しています。

もしくは、ちょっと贅沢してベローチェのコーヒーLサイズで240円で飲んだりしていました。

そんな私ですが、先日の朝、たまたま妻とスターバックスコーヒーの話をしたこともあり、同僚と待ち合わせの時間調整もあったため出張ついでにスターバックスコーヒーに入ってみました。

すると、意外とドリップコーヒーはTallで300円とそんなに高くないことにびっくりしました。

なんか、すごく高いイメージがあったので、専業主婦でスターバックスコーヒーに行く妻をとても贅沢なことをしているような気持ちでしたが・・・・

実際に自分で行ってみて、そうでもないことを知りました。

意外と、いろいろ頭では理解しているつもりでも、やっぱり、自分で体験したり目にしてみないとなかなか自分の感覚を訂正できない自分を感じました。

なんか、妻がスターバックスコーヒーを楽しんでいることが共感できて、ちょっと嬉しくなりLINEでコーヒーの写真を撮って送りました。

「スタバのコーヒーってとても美味しいね」

と送ると・・・・

「ずる~」

と返ってきました。

 

私にとって、気持ちに共有しているつもりでも「本当の意味で気持ちを共有することは難しいものだなぁ~」と実感した出来事でした。

妻が、「楽しかった~」と言ったことや「ここの店おいしかった」と言った店など、私にとっては気持ちを共有するのは難しいかもしれませんが、チャンスがあれば私も実際に行って共感してみるのはいいことかもしれないと感じた出来事でした。

私も、今度からスターバックスコーヒーのコーヒーもたまには飲んでみようと思います。

そして、いつも節約して最近は行っていない妻にも、たまにはスターバックスにも行くように促してみようと思いました。

ちなみに、今は息子の空手に付き添って、練習場の公民館でローソンのコーヒーを飲みながら書いていました♪


スポンサードリンク

スポンサードリンク


2 件のコメント

  • はじめまして。小3の息子が広汎性発達障害で、主人も私も多分同じ。小1の娘だけが多分、定型。生まれてくる時に定型に必要なもの持ってくるのを色々忘れてきた私と主人と息子。その置き忘れたのを全部拾ってきた娘。の4人家族です。

    前置きが長くなりましたが、奥様の「ずるー」は、「へぇ~スタバにも行くんだ、なんか共有の場所ができてうれしい。むふふ。」と変換されます。「今度、一緒に行ってみよう」と誘ってみたらいかがでしょう。まぁ、私の場合なので全然違ってたらごめんなさい。

    • 私がスタバに行った数日後、妻も久しぶりにスタバに行ったそうです。
      なんでも、最近は紅茶にハマっているらしく、スタバで紅茶を飲んだようです。
      しかも、ちょっとお高めの紅茶を飲んだと嬉しそうに話していました。
      私も、今度飲んでみようと思っているところです。
      明日は、妻と久しぶりに一緒に病院に行く日なので、たまには誘ってみましょうかね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です