アスペルガー症候群が嘘をつくのはなぜ ~嘘をつかせる環境~

スポンサードリンク

 


最近は、過剰に発達障害を意識することもなく自然と行動できるようになってきました。

とても気持ちがよく順調に自分の感情も制御できいる気がしています♪

点数にしたら、85点は自分ではいけているのではないだろうか?と思えるようになってきました。

ここ1週間、子供と病院に行ったこともあるのかもしれません。

今は、子供との接し方に集中して考えるようステップの段階です。

意外と、そういう中にもアスペルガー症候群だったたがために・・・ということが多々ありました。

その中で、私自信も身に覚えがあることを学んだので紹介します。

178348

なぜ子供が嘘をつくのか

もともと子供は、嘘をつくようなことはありません。

本能気に、なんでも欲しいがまま

「ミルク~」

「おしっこ~」

「うんち~」

と泣いて表現します。

 

そして・・・・成長とともに

親から

「勉強しないと・・・・うんたらかんたら~」

「あなたはどうし・・・そんなんなの~」

「なにやってもだめね~」

と叱られることは、だれでもあるでしょう。

そして、こんな事例があります。

塾で算数を教えている先生のお話です。

子供たちの中には、わからない問題に対して

とりあえず適当に答えを書き込む子供たちがいます。

その子供たちに、先生が質問しました。

「この答えにあなたは自信がありますか?」

と聞くと

「わからなかった~」という子供たちはふつうですが

「自信がある」と答える子供も少なくないそうです。

明らかに、適当に書いたことは明白なのに・・・

それでも、「自信がある」と言うのです。

そういう子供たちの大半の親が、子育てに熱心で

「勉強しないと・・・・うんたらかんたら~」

「あなたはどうし・・・そんなんなの~」

「なにやってもだめね~」

231069

といつも説教をする親が大半だということです。

子供たちは、絶対に失敗しない生き方を小さい時から教え込まれます。

そのために、子供たちは自分を守ろうと嘘をつくのです。

何事も正解しか求められない子供たちは何も言えなくなるか

嘘をつくしかありません。

私もずっと子供のころからそうだった気がします。

そして、私は息子にも同じことをしていたと気がつきました。

アスペルガー症候群(発達障害)の子供だったら

発達障害をもつ子供の場合、当然怒られる回数はハンパなく

普通の子供たちとは比べ物にならないくらい怒られきたこどしょう。

しかも、自分はまわりと、いろいろな場面で違う考えを持っているのです。

普段でも嘘をつかなければ、話が合わないことも多いのに・・・

だいたい、アスペルガー症候群の家計には両親のどちらかがアスペルガー症候群の

傾向が強いと言われてています。

「勉強しないと・・・・うんたらかんたら~」

「あなたはどうし・・・そんなんなの~」

「なにやってもだめね~」

と親からのお説教のレベルも要求もかなり高かったでしょう。

本当か嘘か わからなくなってしまいます。

149152

私にも経験があります。

嘘をついているのに、嘘をついた意識がまったくないのです。

頭では本当のことになっているのです。

きっと、そのまま大人になってしまったアスペルガー症候群の方も多いのではないでしょうか?

私は、友達から「うそつき」と言われたことをすごく気にするようになり

ある時から、嘘はつかなくなりました。

また、嘘をつかないことがトラブルになったことも多いのですが・・・・・

アスペルガー症候群の人は、とくに嘘をつく頻度が子供のころから多く

麻痺気味なところがあるような気がします。

嘘はつかせているのは親だった

私も、息子に厳しくしつけていたので・・・・

これが、子供が嘘をつく原因だったのだと、今頃わかりました。

そして、嘘をつかないといけない家庭にしてきたのは、間違いなく親たちでしょう。

子供への期待が、子供を追い詰め失敗を許されない子供にしていたのかもしれません。

失敗からたくさんのことを学びなさい。

という考え方が私たちには必要な考えなのかもしれません。

やはり、嘘は信頼を著しく落とす行為なのでこんな行動を子供にさせる親に

なってはいけないと、日々気をつけなくてはと考えているところです。

ちなみに、私は子供に「嘘つくくらいならしゃべらず黙っておけ」

小さいころから子供に教えていたので・・・・子供は嘘つかなくてはいけない状況の時

黙って何もしゃべらないので苦労しています(笑)


スポンサードリンク

スポンサードリンク


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


スポンサードリンク


10 件のコメント

  • fuufu 様

    あまりにもヒントが多くて、次から次へとコメントしてしまいますが、どうぞプレッシャーに感じないで下さいね。

    彼は、実は、自分の職場を偽って私に伝えていました。数年前に転職していたのに、転職前の大手企業にいると言っていたのです。

    で、着信拒否された私が、会社に電話したら、『数年前に退職しました』

    そして、別ルートで、今の会社を知り、電話したところ、「ただ出向で来ているだけ」と嘘の上塗りをしました。あ、でも、私は「嘘ついてたのね」と一度も指摘はしていないのですが。

    そうして、カンカンに怒りました。まあ、これは逆ギレでしょうかね。

    彼のお父さんは、警察官だと聞いたことがあります。
    きっと、厳しいご家庭に育ったことでしょう。

    嘘ばれした後の心境としては、もうこいつは勘弁ということになりますか?とはいえ、翌日私の前に現れたのですけど。

  • 嘘がばれたとき・・・気まずいですよね~やっぱり
    私は、嘘をついた瞬間から・・・ドキドキしてしまうので
    その苦しくなる感覚が嫌いで嘘はつきません。

    でも、アスペルガーは嘘がばれても
    なかったことにしようと、四苦八苦するはずです。

    嘘がバレたら気にする人は気にするでしょうけれど・・・
    基本、ケロッとしていると思いますよ。
    しかし、仕事や借金などの嘘を許していたら
    後々困ったことになりそうな気もします。

  • fuufu 様

    何度もありがとうございます(^_^)

    確かに、無かったことにしようとしてました!
    なので、私も、それに合わせて、無かったことにしてあげました。ていうか、嘘だと初めから追求さえしていません。なぜなら、小さい嘘だと思ったので。ただ、自分を大きく見せたかっただけだろうなと。

    ただ、彼は、子供の頃におみくじで一度凶を引いてしまってから、こりごりしておみくじを二度と引いていないと言っていました。

    なので、嘘ばれした私にこりごりしていたりして、と思ったりします。そんなところも、アスペルガーから来ていますか?

    • おみくじの件については、アスペルガーの症状と思います。
      世界が狭いんです。私も気を付けていることです。
      私の場合は、凶 って以外に出ることを知っています。
      子供のころからよく引いていました。
      それどころか、大凶ですら1度だけひいたことがあります。

      そのときは、TV正月番組が来ていて1万円で買い取ってくれる
      コーナーをやっていて、買い取ってもらったんですよ。
      だから、凶が出たからって買わないということはないのですが・・・
      買い取ってもらえる程度のおみくじをわざわざお金出して買わなく
      なったのも確かです。

      しかし、来年の正月は子供たちと笑いながら引きたいと思っています。
      来年もいい年になるといいなぁ~

      嘘に気がついた件についても同じです。
      「私には嘘ついてもいいけれど、ちゃんと自分で気を付けないと
       どんどん居場所がなくなるよ」ってことを教えてうあげないと
      彼は、嘘がばれるたびにそうして逃げてきたのではなにいでしょうか?
      アスペルガーは苦し紛れの嘘をつくのですが・・・
      嘘が下手なんです。だから私は「嘘だけはつかない」という
      自己暗示の基、黙るか、嘘にならないように話をします。
      彼も、下手な嘘をついて居場所をなくしているってことはありませんか?
      伝えるのは難しいかもしれませんが、チャンスがあったら
      教えてあげてください。
      くれぐれも短時間で少しずつ教えないと伝わりません。

  • こんにちは初めてコメントさせていただきます。

    アスペルガーは治らない4 ~頭の中の暴走・ツーリング行っておいで~
    の記事の「まさに、定型の人たちが「こいつ死ね!」という瞬間ですね~」の部分。アスペルガーの方自身が的確に把握してらっしゃることに驚きました。

    その後でこの記事を読み、私のうそつきな家族についてfuufu様の見解を聞かせていただきたいと思い、コメントしました。よろしくお願いします。

    私の主人と主人の実家の両親、主人の妹に発達障害の疑いがあります。主人と2人で診察をうけるべく病院の予約もしてあります。

    その発端となった出来事なのですが、主人が主人の両親と結託して口裏を合わせて私をだまそうとしました。主人が生活費をつかいこんだのを両親になきついて補填してもらってなかったことにしたのです。主人の言い訳に「銀行の引き落としミスがあった」などと、常識的に無理がある嘘がふくまれていたので問いただしたら、その日のうちに主人が白状しました。

    その際に、私達の結婚のお祝いを1円もくれなかったほどケチな義両親が主人にあっさりお金をかしたというのも信じられず、主人のサラ金疑惑も浮かびました。

    それで義両親に直接連絡をとって聞こうとしたのですが、嘘がばれたことを知らない義両親は最初から臨戦態勢で「何がききたいんですか?」「警察みたいな尋問なんかして失礼ね」「知らない」「息子とはもうずっと会ってない(主人の証言では義父が来るまで届けにきたんだそう)」「お父さん(義父のこと)はずっと家にいました」「嘘なんてつきません」「私はポリシーで嘘はつかないんです」と。Fuufu様が言うところの俺俺状態。

    でももう主人が白状して3人で嘘をついて私をだまそうとしたことは明白なんです。俺俺状態に突入した義両親は息子である主人が「もういいから。本当のことを言ってくれていいから。」と言っても、私が相手にするのをあきらめるまでぎゃーぎゃーと嘘をつき続け、私を全否定するような暴言も吐きまくりました。

    私も切れてしまい、歯に絹着せずにぶっちゃけてしまいました。「あんたら全員うそつきじゃん。気持ち悪すぎる。」「違うの嘘じゃないの」「じゃあ他人をだます目的で出鱈目を言うことをなんて言うんですか?」「・・・・」「嘘っていいますよね。それが正しい日本語ですよね」「違うの嘘じゃないの」「はあ?」と、もう文字通り頭が痛い状況に。

    そのことを実家の母に愚痴ったら、母が義母に連絡して誘導尋問してくれました。それで判明したことが義母は5万貸したつもりでいて、義父は俺俺状態で意味不明のまま。主人は家計から消えた金額の全額の10万借りたと言ったのに。10万-5万=5万はどこへ・・・。主人がサラ金にいった可能性もあるし、義父が義母に嘘をついて本当は10万だったのに5万だったと言った可能性もあります。当事者が全員嘘つきな状況でもうわけがわからない。疲れすぎたのでそれ以上の追及はあきらめました。

    この、ついた嘘がその場でばれてることを指摘されているのに「嘘じゃない」と言い張る心理はなんなのでしょう?

    また、義母が母に語ったところによると、「自分は無実なのに、娘さん(私のこと)にあらぬ疑いをかけられて、失礼な態度を取られた」「でももう気にしてない、許してあげるって伝えておいて」だそう。母にまで嘘をついています。しかも上から目線。加害者のくせに被害者にすりかわって”許してあげる”とか、あまりの現実のねじれ加減にこっちの精神がこわれそう。

    母が義母との話の流れで「うちの娘は嘘だけはつきませんからね」と言ったら、私のことを珍獣扱いしたそうです。義両親からすると嘘をつくのが日常で人として当たり前のことで、嘘をつかない私は脳みそがいかれているらしい。

    Fuufu様の記事を否定するわけではありませんが。本当に義両親と主人は、この記事にあるような同情すべき人なのでしょうか?生育環境に追い詰められて仕方なく後天的にというよりも、生まれつきなような気がしてなりません。物を忘れてしまう変わりに嘘をつく能力を授かったとか。嘘をつくのが大好きで、快感すら感じているように思えます。

    加害者のくせにギャーギャー騒いであたかも自分達こそ真の被害者だとすり替える癖も嘘の延長ですよね。加害者なのに被害者だと嘘をついているのですから。嘘を守るためならば記憶の改ざんも朝飯前です。嘘なのか本当に記憶が改ざんされているのかは本人じゃないとわかりませんが。100回言い張れば真実になるとでも思っているかのよう。あげくに、うそつきな自分達を正当化するためにうそをつかない人間を変人扱いする始末。

    Fuufu様は義両親と主人をどう分析されますか。ぜひ見解を聞かせてください。

    • なつみんさん。はじめまして
      すいません・・・私も自分の考えることはわかるのですが・・・・
      アスペルガーが全員同じというわけではありません。
      アスペルガーは、自分の信じたことを正しいと思うため、無意識に嘘と誤解されることが多いことはありますが
      今回のように、意識して嘘をつくというのは・・・・
      また、ちょっと違うので私にはわかりません。

      しかし、診察を予約されているということで、良い方向に進んでいくといいですね?
      風邪や腹痛のように、病院へ行ったからとすぐに治るものではないですが
      少しずつ変わっていくのではないでしょうか?
      私も、病院に行くようになって大きく変わりました。
      これから、なつみんさんも良い方向に行くことを祈っています。

      私も、子供のころから「嘘つき」と言われることに傷つき
      嘘だけはつかない様にと心がけていたので
      真逆な考え方なんです。

  • コメントありがとうございました。

    >私も、子供のころから「嘘つき」と言われることに傷つき
    >嘘だけはつかない様にと心がけていたので
    >真逆な考え方なんです。
    傷ついた経験は悲しいですが、結果として環境に救われたのはよかったですね。うちの主人や義両親にも同じ環境があったら、今私が苦しむこともなかったのに。残念です。

    幸い主人は比較的軽症で、ばれた嘘をばれたと知りつつも突き通すまでは歪んでおらず「あんた自分のやっていることが恥ずかしいと思わないの?」のキーワードで我に返ります。義両親はもう手遅れなので今後はかかわらない方向で私の実家にも今後一切つきあわないようにと言いました。

    たぶん、重症な発達障害者としてこの世に生れ落ちた義両親は、まわりに友達がいない孤立した状態で好き勝手に育ち、Fuufuさんのようにうそつきと指摘してもらえることもなく成人して現在の状態になったのだと思います。

    私の実家からお歳暮をつきかえされて驚く義両親の姿が目にうかびます。また俺俺発作を出して被害者ぶるのでしょうね。物事を点でとられえる彼らからしたら終わったことはすんだけどかもしれないけど、定型は忘れません。一つ一つの事象は線でつながっています。よってたかって人をだまそうとして、人格否定までしたくせに、今後もまともに付き合ってもらえると思うな!です。

    最後は愚痴っぽくなってしまいましたが、コメントをいただけたことうれしかったです。ありがとうございました。

  • はじめまして。興味深く読ませて頂いております。

    父が発達障害です(未診断)。色々と困ったことはあるのですが(嘘をつく・執拗なこだわり・都合が悪いと無視・放置、怒鳴る等々)、これだけはどういう思考でそうなるのか理解出来ないと言うことがあります。
    それは、会話の途中で答えがすり変わるという現象です。

    例えば、テレビを見ていて、
    母「園田競馬場ってどこにあるのかしら?」
    父「園田競馬場は広島にある」
    私「えっ!?関西だよ」
    父「違う!!広島だっ!!」
    私「それは府中競馬場でしょ。」
    父「そう言ってるだろ‼」
    私・母「え……。」

    話の着地点が無くなるので、私や母は物凄く気持ち悪い感じになりますが父はお構い無しです。

    間髪入れずにこの返答なので、こちらが何を話していたのかすら分からなくなります。
    (オイオイ、この会話自体無駄かよ。って)
    この場合も放っておいた方が良いのでしょうか。
    些細なことですが、毎日これだと本当に疲れます。

  • アスペルガーの人を見てたら、自分の見たい物しか見ていないような気がします。
    都合が悪くなると黙り込みフリーズする所があるのですが・・・・。
    嘘や黙り込む事で自分を守っていますが、家族に迷惑かけたら余計にひんしゅくを買われてしまうと思うのですが・・・。何故そこまでして自分を優先するのでしょうか?

  • わからなかったことが、なんか、とてもわかりやすいです。
    なぜそうなるのか?
    そこが理解できないと対応の仕方も分からなかったし、ただ毎日毎日「私は嫌われているんだ。憎まれているんだ」としか思えなくなっていました。
    ちょこちょこ拝見させていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です