カサンドラー症候群の妻 症状 ~妻が変わった~



スポンサードリンク

 


 

 

カサンドラー症候群に悩まされていた妻に少しゆとりというか・・・・

笑顔が見られるようになってほっとしている・・・

アスペルガー症候群+ADHDの私が少し気を付けるだけでこんなに違うものなのか・・・・

とは、言っても夫婦として完全に再生されたわけではないのはよくわかる。

でも、妻が変わってしまいカサンドラ症候群になってしまったけれど

最近・・・また・・・少しずつ戻ってきてくれている気がします。

 

妻がなぜ10年もの長い間、私のような夫と一緒にいてくれたのか・・・・

妻と私は10歳差

当時、私はまだ30才で離婚したばかりだった・・・・

妻は、若くてとても美人で頭もよかった。

私とは10歳の年の差だった。

そんな、妻が好意を持ってくれていたことはすぐにわかった。

妻は、中学校の時に父親を亡くしているせいもあり、ちょっとファザコンちっくなところもあった。

妻の双子の妹も、私よりもっと年上の人と結婚した。

妻と知り合ったのは、妻が大学生の時だったので

当然、就職の時にも相談に乗ってあげたりしていた。

社会人になっても、いろいろ教えてあげていた。

私は妻が20歳の時から知っているので・・・完全な子供扱いだった・・・・

妻を軽く見ていたのかも

私は、妻を軽く見ていたのかもしれない・・・・

今まで妻にひどいことを言い続けた。

モラハラもしてきた。

pic15071718

 

子育てについても、何を買うにしても何もかもが

私は妻の意見なんか聞いたことがなかった。

思いついたことをポンポン・・・考えもせずに・・・

思いついた非難や中傷することを余計な事ばかり言ったんだろうなぁ~

そして、ダメ出しばかりして・・・・

妻の自尊心をずたずたにしてきたんだろうなぁ~

夫婦は話し方しだいで9割うまくいく

『夫婦は話し方しだいで9割うまくいく』

じつは、私の妻への接し方にはこの本が大変参考となっています。

この本は、私がまだ発達障害を自覚する前に妻と仲直りするために

買った本です。

確かに・・・・夫婦生活の歪に発達障害の存在があったこともあるだろうけれど

そもそも、夫婦とは育ってきた環境も習慣も違う二人が暮らしているわけで

うまくいかないことも沢山あって当然だと思います。

 

この本には、いろいろなことが書かれていますが・・・・

私が大事にしていたことがあります。

 

妻とやり直そうと思っても・・・・妻にその余裕がなければ意味がないということを

妻の今の状態は、水がいっぱい入ったコップであり。

妻がその水を飲んで減るのを待たなければ、いくら水を注いでもあふれ出てしまう。28144036956

という表現で表しています。

そして、今は・・・やっと妻がコップの水を少し飲んだ状態になってきたのでしょう。

私は、少し減ったコップに 妻が喜ぶおいしい水をそそぐのが私の役目なのだろう。

水を注げば、またあふれてしまうので注意しなければならないのだろう。

と言っても、一度汚れた水はおいしい水に戻すのは難しいことです。

少しずつ少しずつ・・・・時間が必要なのでしょう。

カサンドラ症候群って

本でいう コップの水は、夫婦生活の状態を表した表現ですが・・・

意外と、カサンドラ症候群って・・・・

このコップと同じ状態なのではないでしょうか?

きっと、我慢したり・・・周りにわかってもらえず・・・・

自分で自分を責めて、パートナーに責められて

どれだけの水があふれ出たのだろうね~

本当なら、私がこの水を私が飲んであげないと

いけないんだろうけれどね~

もう、あふれないように大切にしないとなぁ~

 

きっと、カサンドラ症候群になってしまうと・・・

相手と距離を取ることが大切なのは

この水を減らすためなんでしょうね~

70198f1ed858c33938cbc33e82d0d6b9_s

カサンドラ症候群の妻には

せめて、自分で水を溢れ出させないように気を付けてほしいです。

世の中にはたくさんの溢れ出たコップが満ち溢れているんでしょうね~

どうか、自分で水を溢れ出させないように頑張り過ぎないで欲しいと願います。

コップの水が減ると

  • 笑顔が増えます。
  • 今まで朝もギリギリ寝ていた妻が早く起きるようになりました。
  • 9時から寝ていた妻が、最近は子供を寝せつけたあと起きるようになりました。
  • お風呂もちゃんと入るようになりました。
  • 炊事・洗濯もテキパキとこなしています。
  • 私にも優しく話しかけるようになりました。
  • 旅行も一緒に行こうと言ってくれました。

それだけ、心にゆとりができたのでしょうか・・・・

 

もっともっともっと時間がかかると思っていましたが・・・・・

少しだけでも、よくなってきていることが、とてもうれしく思います。

これからも、もっともっと彼女が自信をもって、楽しく生きていけるように

応援したいと思います。

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • こんばんは。
    わたしカサンドラでっす。
    ハゲぎみになってるし、体重減少してる(8kg)し、ひどい偏頭痛、1年前の顔面神経麻痺があります。
    夫 未診断のアスペルガー。
    ただいま家庭内別居2年目です。
    カサンドラってわかる前に何もかもが嫌で抜け出したい症状がありました。
    やがて死にたい症状にかられてました。
    自分でもなぜこんなに死にたいのかわかりませんでした。
    カサンドラって言う意味がわかって自分の状況がつかめました。
    そのおかげで死んじゃあダメだって思える方向にむかえることができ 今日があります。
    しかし 今 生き地獄の毎日です。
    …いろいろとありすぎて…みなさんのコメントを読むとだいたいうちと同じですね。
    ブロガーさん 自分ちのことをブログに書き上げ自分の特性を理解しようとしたり、奥様のことを理解されようとされててステキですね。うらやましい。

    わたしの職業は女優じゃないのに ずっと女優。
    わたしには感情をだすことは禁物みたいです。

    • きゃんさんのコメントを読んで、自分と重なりすぎて涙がでました。

      きゃんさんとはちがうかもしれないんですが、

      女優じゃないのに、女優じゃないといけないの、すごくわかります。

      どんなに傷ついても、どんなに理不尽でも、にこにこしていないと、
      相手はゆるしてくれない。にこにこ機嫌のいい奥さんを演じていなくちゃいけない、って私もずっと思っていました。

      そうでないと、

      どうして不機嫌になるんだ。どうしてお前が逆ギレしてるんだ。
      俺が何か間違ったことをいっているか!?俺が悪いのか!お前はいつも俺のせいにする!俺はこんなにがんばってるのに!!!誰のために仕事をがんばってるとおもっているんだ…などといって、と怒鳴り散らしてくる。
      人格否定なんて当たり前。

      きゃんさんその後元気にされていますか?
      あなたと同じ思いをしてる人はここにもいます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です