アスペルガー症候群 ~砂漠に水を撒く~


スポンサードリンク

 


 

 

今日は、私以外はUSJの旅行の日だ。アスペルガー症候群の私は仲間外れだ

昨晩から、嫌なことばかり考えている自分がいる。こんな自分が嫌いだ・・・

朝始発で行くことにしていて、朝の4時から起きて行こうとしている。

私は息子を起こした後、そっと自分の部屋にこもりパソコンにむかっつて気持ちを整理している。

正直・・・・悔しいし・・・なんとも言えない気持ちだ・・・・

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

仕方がない。仕方がない。自業自得だと言い聞かせながら・・・・

「行ってきます」もなく・・・・

と思ったら・・・・

さすがに、それは今言って行った・・・・「よかった」・・・と思おう。

妻と子供にとっては、忘れられない楽しい日々の始まりで・・・・

私にとっては、忘れたい日々の始まりといったところだ。

帰ってきた時のことも考えている。

楽しそうに話す家族を笑顔で迎える。きっと私にとって一番大事な行動だろう。

だけれど、本心は違う・・・・聞きたくない・・・つらい・・・・

これがアスペルガーという人間の考え方なんだろう。

でも、わかっている。私が間違えているとか・・・・相手が間違えている・・・

とかではなく、共存するということがこういう積み重ねだと。

 

「アスペルガーは治らない」と落胆している気持ちが今は大きい。

だけれど、上手に付き合うしかないこともわかる。ストレスが溜まっているのも感じる。

 

今は、いろいろなアスペルガーを自覚して乗り越えようとしている人のサイトなんかを読むこともできるようになってきた。

きっと、私のサイトもそうなのだろうけれど・・・・・

「俺は・・・・俺は・・・・・」

「アスペルガーは・・・・アスペルガーは・・・・」

と自分中心の書き方しかできないので、とても読みずらく感じることもある。

きっと、不快に思いながら読んでいる人もいるだろう。

 

そんなサイトによく、アスペルガーと「砂漠に水を撒く」という感覚という

表現をしているサイトをよく目にする。

「サボテンとバラ」 と同じようになんかの書籍に書かれている言葉なのかもしれない。

参照 【サボテンとバラ ~アスペルガーとカサンドラ~

70198f1ed858c33938cbc33e82d0d6b9_s

砂漠に水を撒く というのは、アスペルガー当事者も定型の人も、会話の中で起こりうる状態を

表しているようだ。

確かに・・・・お互いが意味のないことをしているときがある。

アスペルガーがオーバーフロー状態で話をしているときに、定型の人が

「なぜ・・・」「どうして・・・」と追い込んでいく状態。

まさに、お互いが砂漠に水を撒いている状態と言える。

9279959ab59dad207098e624b52f8f47_s

どこの誰のサイトで読んだかわからなくなったけれど・・・

アスペルガーでも犬よりは気持ちを表現できる。

心がないわけではない。

うんうん・・・・と思っていたら・・・・

そのコメントに

アスペルガーは以下だというコメントが書かれていた。(苦笑)

 

テレビドラマのような、ハッピーエンドばかりを夢見ている

私には、永遠と続くであろうこういうコミュニケーションが楽になることはあるのだろうか・・・

気の遠くなる話だが、そういうことを考えずにできることが普通なんでしょうね。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • 旅行についてくると、常に不機嫌、行きたくないと言い、怒りまくる。

    旅行、何処なら行きたいのか、すり合わせしまくり、アスペ旦那が行きたい内容90パーセントの内容で、動物と一緒なら行けるようになりました。

    すると、
    妻側が行きたい内容は、アスペ旦那以外と行くしかない訳です。
    アスペ旦那は、100パー行きたくない所なので、置いて行きます。
    すると、アスペ旦那は、道楽にお金使いやがるとか、行くなと怒りまくる。

    最終的に、仕事のふりして行くしかなくなります。

    で、なんでなのかが、よく分かりました‼︎おいてきぼり感覚なんですね、全く予想してませんでした‼︎‼︎
    衝撃を受けました!

    もう少し頑張って育ててみます!

  • 結婚を前提に付き合っている方が、アスペルガーだと思われます。
    ふと気になりだし色々調べてこちらに行き着きました。
    大変読みやすく分かりやすいので過去の記事から拝見させて頂いております。

    旅行に行きたいと思う気持ちはあるのですね、奥様が一緒を避けるのはどうしてでしょう?

    私の場所は、彼は行きたい場所について来てくれますが、行く場所の否定的な意見から入ります。
    テーマパークに行った際も、本人は楽しんでいたそうですが、自慢げに「僕はいっぺんに色々な事を考える事ができるんだ!たがら色んな事が気になる」「素直だから本当の事を話してしまう、間違えていない」と着ぐるみの中の人がいかに苦しく大変か、お店のコストや運用、子供たちが居ても構わず大きな声で自分よがりな意見を喋り続けます。
    そんな事皆知っていて日常を離れ楽しみたいから行くのに、子供の夢を壊さないように注意しても「本当の事だ、僕は優しいから色々心配なんだ」だから言って何が悪いんだの一点張り。
    本人は楽しんだようですが二度と彼とは行かないと、、
    楽しみ方が普通の人とは違うのですかね、注意しても理解出来ない心境が分からなく悲しいです。

    • あっぷるさんはじめまして
      アスペルガーというのは、自分の価値観や考え方がすべてで相手の気持ちや価値観を共有することがとても苦手です。
      彼が言うように、彼は楽しんでいるし、思ったことを口にしているだけです。
      それが嫌なら、気にしなければいい~何が悪いの?って捉え方をするアスペルガーはとても多いのです。
      「嫌なら別れて他の人と付き合えばいいじゃない」と簡単に言う人も少なくありません。
      彼から見れば、いちいち口うるさいだけの彼女でしかないのかもしれません。
      「私は悲しいのよ」「私は傷ついたのよ」という気持ちを共有できない人はとても多いのが現実です。
      素直に「傷ついたんだ~」「悲しいんだ~」と受け止めるだけと思われるでしょうが・・・・・
      それができないのです。
      自分が全否定されたように感じたり、単純に「なんでいちいち悲しんだり、傷ついたりするの?かわったやつ~」程度にしか捉えきれないアスペルガーも少なくありません。
      これは、脳機能の作りの違いで、治せるものでもないのが現実です。
      私もそうですが、自分の特性を意識しているから、その対処策をとるという生き方をしています。
      アスペルガーは、遊園地や人混みや車の運転が苦手な人がとても多いのです。
      まわりが気になり、ストレスを受けやすく、いろいろな感情や考え方や気持ちが入り乱れてパニックになってしまい、時として思いがけない行動をとることがあります。
      決して、弱点だけではないと思いますので、長所と短所のギャップはある程度は仕方がないことだと思います。
      アスペルガーは治るものでもないので、これからのお付き合いの中で共有できるところから歩み寄ることが大切だと思いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です