ADHD・・・ふりだしにもどる♪


スポンサードリンク

 


 

 

追加参照【カサンドラ症候群 特徴 ~妻の異常~

難しいですね~ADHDと付き合うというのは・・・・

昨日、またやってしまいました。

 

どうも・・・私はもう妻を愛してはいけないようです。

妻のため、妻のためとすることがすべて裏目に出てしまい。

妻のために買ったものも、妻のために頑張っていることも

妻のために、家具を塗装したことも・・・・何一つ喜んでもらえるどころか・・・・

今までのことを反省するのも・・・何もかもが重くて迷惑だそうです。

今すぐにでも離婚して自力でやりたいのだそうです。

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s

いったい、私は何のために・・・・妻とやりなおそうとしているのか・・・・

妻にその気がないのに・・・・

「今は、子供たちといられるだけで幸せを感じよう」

とは思っているのだが・・・・・

なんとも空しい家だ。

妻は、私が自分のことしか言っていないというけれど・・・・・

むしろ、私は子供たちや妻のこと以外考えていないつもりなのだが・・・・・

pic15071715

私は、ゃっぱりおかしいのだろうか?????

どうて、こんなに苦しいのに悩みを理解してくれる場所が私にはないのだろう?


 

あとで原因が分かった・・・・
追加参照【カサンドラ症候群 特徴 ~妻の異常~

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

8 件のコメント

  • こんにちは。
    夫(47歳)がADHD+アスで、昨年診断を受けました。

    夫もたぶん、私のため?にいろいろやってくれているのかもしれませんが、それは私が望まない事であることが多いです。

    以前は私が具合が悪くて寝込んでいても、水さえ持ってこなかった。
    それを散々咎めたところ、「言ってくれないとわからない」という返事でした。
    何度もそんなことがあったので、仕事で忙しくても、具合が悪くても、夫をあてにするまいと決めました。

    ところが時々、私が風邪をひいたりすると、思い出したように食事を作ってくれたりするのですが、それがヒドクこってりした炒め物だったり、胃に重いものだったりします。
    気持ちはありがたいけど、具合の悪い時に胃に重いものは、逆に有難迷惑です。

    やってくれるのはありがたいけど、作る前になぜ一言「何が食べたい?」と聞くことができないのか・・・
    いつもこんな感じです。

    先日も、キッチンのガスコンロの周り一面に、銀色のテープを貼り付けて、私に散々怒られました。
    夫は、この方がキッチンが汚れなくて済むと思ったらしいのですが、それこそ大きなお世話です。
    キッチンを使うのも、掃除するのも私ですから。
    ここでも、なぜやる前に一言相談が無いのか・・・

    たぶん、これと似ているなぁと思いました。
    望んでいることをやってもらったら嬉しいけど、望んでない事をやってもらっても嬉しくない。

    本当の意味での「妻のため」は、妻が望んでいることをやってあげることだと思います。
    妻の希望に沿わないことをやっているのに、妻のためと言うのは、妻の気持ちを無視していることになります。

    うちも、こんなふうに噛み合わないことばかりで、しょっちゅう衝突しています。
    今は夫が長期出張中なので、とても気持ちが楽です。

    ADHDやアスについては、私もいろいろと勉強しました。
    勉強してわかっているつもりでも、それが現実に頻繁に自分の身に降りかかるのですから、辛いですよ。

    • mamiさん、コメントありがとうございます。
      書いてあることよくわかります。
      旦那様の考えはわかりませんが、本人は奥様のためという意識はないのではないでしょうか?
      私も、考えないように考えないようにしているのですが・・・
      とにかくじっとしていられない。

      今は、頼まれていないことはしないようにしていますが・・・
      例えば、洗濯物を干し忘れて寝てしまっているので干すとか
      別に妻のたるめにしているのではなく、誰かがしないといけないから
      しているだけなのに・・・
      と思うことも多々あります。

      とにかく、目に入らないようにはしているのですが・・・・

      言われたことだけしていたら文句はないのでしょうか?
      おっしゃることが、自然とできればいいのですが・・・・
      頭と体が動くのは、自分でコントロールしない限り止めることはできないので
      「普通にする」というこが非常に困難だと感じています。

      早起きだから私がご飯を作る。体が動くんだからなんの迷惑なのか・・・・
      と思ってしまう。

      ちなみに、朝ごはんはふりかけご飯です。
      今、息子は夏休みで昼ごはんはパンです。
      これでいいのだろうか・・・・と思いながら生活しています。

      とにかく、私も今は私なりに普通にしようと思っています。
      妻がやりそうな仕事には手を出さないようにはしていますが・・・

  • 初めまして。
    苦しさに耐えかねてコメントさせていただきます。長文をお許しください。

    私の元夫はアスペルガーと診断されてはおりませんが、離婚直前に発達障害の事を知り、色々ネットなどで調べました。

    まさしくアスペルガー、学習障害…全部に当てはまります。
    元夫の妹はてんかんで、多少の精神障害があります。

    25年の結婚生活の中で私の気持ちを理解してくれた事がありません。

    暴言、暴力、夫婦生活の強制、収集癖、こだわりの強さ、浪費、子供と私に無関心、話が通じない、常識が無い、小学校レベルの勉強もおぼつかない…

    子供の事を相談しても
    俺に相談するなと言われ
    相談していなければ
    俺は仲間はずれにされた、いつか女を作って仕返ししてやると、
    本当に女を作りました。
    そして私は離婚を言い渡され
    その女に結婚を約束に散々貢いでいました。
    俺は見る目があるから大丈夫だ、と中国パブのホステスに騙されていました。
    女は結婚しないで、このまま付き合うと言い出し、元夫は
    私と離婚しないと言い出しました。

    あまりのストレスに
    めまい、難聴、最後に虫垂炎になりました。虫垂炎は悪化していて、大腸も切除しました。
    元夫に手術に立ち会いをお願いして快く引き受けてくれたのですが、
    手術室に入る直前に
    俺、携帯使うから入れないやと言い出しました。
    まさかね…
    私は本当に1人で5時間に及ぶ手術を1人で受けました。
    立ち会い人が居なければ
    本来なら手術も出来ないはずですが
    まさかいないとは病院側も思ってないでしょう。
    待合室に説明に来た執刀医が元夫が居ないと、病院中を探され大騒ぎになりました。
    その時も、そんな説明受けてないと逆ギレしたそうです。

    いやいや、手術前に説明受けましたよ。

    生死に関わる時に一緒にいて貰えないなら、結婚している意味がないと思い、離婚を決意しました。

    元夫がアスペルガーなのではないかと気付いたのは離婚直前です。

    今までの言動全てが結びつきました。
    と同時に、結婚生活での苦しみが
    報われる事がない事だったのを知り
    虚しくて仕方ありません。
    離婚してからカサンドラーになっている様です。

    娘も軽いアスペルガーだと思います。
    でも私が根気良く
    勉強、常識など教えてきましたが
    本人もじっとしてられないと
    自分の落ち着きの無さを感じている様です。
    遠回しには話しています。

    当事者でないと本当にこの苦しみは分からない、分かって貰えない。
    本当に苦しいですよね。

    • コメントありがとうございました。
      今まで大変だったのですね?
      お体は大丈夫ですか?

      大変苦労されたのですね?

      もと旦那さんのことはともかく
      娘さんですが、アスペルガー症候群であるのなら
      病院や役場の発育相談に行かれることをお勧めしますよ。
      私も、アスペルガーなのでよくわかります。
      とにかく、人が多いところに行ったりすると
      刺激が多すぎて気持ちがついてこないんです。

      そういう、場面に慣れるために薬を使ったりします。
      最近、そっちの記事を中心に書いていますので参考に
      なるかもしれません。

      考え方や習慣づけが大事になってきますので
      苦手なことを明確化しておくことが
      娘さんの人生にとってもいいと私は思います。

      私と同じような苦しみをさせたくないですからね。
      息子にも、「苦手なことを話すだけだよ」と言って
      二週間に一度、病院に行っています。

      学校の勉強も大切ですが、生きていくうえで
      人との関わりが一番大切ですからね。

      発達障害は、病院に行かなくてもいいのかもしれませんが
      凄く気持ちが落ち着くんです。
      薬のことなど、考え方もいろいろあると思います。
      一度だけでも相談に行かれてみてはいかがでしょうか?

      我が家も一歩ずつ進んでいる感じです。

      • ありがとうございます。
        私も最近は、少し落ち着いてきました。
        結婚生活が長過ぎたので、気持ちが癒えるのも時間がかかると思ってます。

        娘と言っても、もう19才なのですが、元夫や元夫の妹の事を例えに上げて、あなたも同じ所があるから気をつけてと注意しています。

        はっきりと診断されたら、ショックで来年の就活などに影響がでるのも心配なのですが…。

        やはり事務系は苦手で、美容系の職業に就きたいようです。今現在バイトもしていますが、仕事に関しては凄い頑張っています。

        娘には小さい頃から、スケールの大きさ(何と説明していいかわからないのですが)?を感じており、
        日本の様な皆んなが同じ服、同じ考えでつるんでいる様な
        小さな世界で暮らしていける子ではないなと感じていました。

        それがアスペルガーの世界だったのでしょうか?

        小、中、高と確かに仲間はずれにもされていました。でも頑張る子だったので、少しずつ皆んなが認めてくれました。
        今は周りが個性と捉えてくれてるのかもしれませんね。

        病院に行くにもタイミングが難しいですね。
        いずれはキチンと話さないといけないと覚悟しております。

        • そうでしたか、19歳でしたか。
          それでも、私は自分の特徴を知っていた方がいいと思います。
          決して、娘さんのスケールの大きさはマイナス面ではなくプラス面だと思います。
          私も、よくハードルが高すぎると言われますが、当然飛べないハードルもたくさんありますが、いくつもの奇跡を見てきました。
          ちなみに、診断と言っても病名をつける必要はありませんよ。
          ネットで調べると、アスペルガ=人間失格みたいですが・・・・
          本や先生と話してみるとわかりますが、決してアスペルガーは
          手に負えない障害ではなく、むしろ個性だということがよくわかります。
          きっと、強みと弱みを知ることがこれからの人生もっと楽になると思いますよ。
          私も、仕事では誰にも負けたくないという思いで仕事をしています。
          だけれど、その反面 自分に厳しくしすぎてストレスを抱えてしまう
          そのストレスが身近な人に向かってしまっていた・・・・
          自分の考え方に少しだけメスを入れるだけで全然人生が変わります。
          私は、ゆっくりすること、相手の話を聞くこと・・・・
          ただ、それだけです。
          それだけで大きく変わっていきました。
          息子にも、発達障害は病気ではないと教えています。
          娘達にも、お兄ちゃんは苦手なことがあるだけだと教えています。
          優しくて強くて最高のおにいちゃんだと娘たちも思っています。
          ショックは、先生と話すことで発達障害の特徴を知ることで
          安心へと変わっていくと思います。
          私も45年間、何も困ったことはなかったのですが・・・
          今では、知って良かったと思っています。

          • 為になるお話しありがとうございます。
            勝手な判断はいけませんが、元夫の両親も今思えばグレーグレーゾーンなので、結婚する前から変わった家族と感じていました。

            元夫が余りにも酷く、25年の結婚生活で思いやりや愛情を感じたことがなかったような気がします。
            結婚しているのに片想いをしているような、そんな感覚でした。
            何故そんな風に感じていたのか、やっと今気付きました。

            元夫の事がトラウマでこの障害に拒否反応があるのが正直なところですし、他人には、なかなか私が言っている事を理解して貰える事がないので、話を聞いいただいて気が楽になりました。

            娘の為に一緒に頑張る気持ちが湧いてきました。
            本当にありがとうございました。

          • 辛い思いをされたのですね。
            離婚しても、心に傷が残るのですね。
            心中お察しいたします。
            そして、自分の今までを悔やみます。

            http://conjugal-love.net/post-1195

            『一緒にいてもひとり 
               ~アスペルガーの結婚がうまくいくために~』

            という本を一度読んでみませんか?
            とても、気持ちがすーとすると思いますよ。
            私の大切な本のひとつです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です