アスペルガー症候群は、なぜ人の気持ちが理解できないのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


「アスペルガー症候群は、なぜ人の気持ちが理解できないのでしょう?」

何度も、このようなメールをいただきました。

まず、決して理解できないわけではないのです。

ただ、自分が経験のない感情や知識にない感情は理解しにくい特性があります。

まあ、それを「気持ちが理解できない」というのかもしれませんけれど・・・・

 

 

映画などでは理解できることも多い

アスペルガー症候群の人も、意外と映画やドラマの場合、気持ちをシンクロさせていることも多いと思います。

「なぜそこで泣くの?」というところで感動してみたり、大したことないところで笑ったり。

それは、自分が主人公になりきっていたり、のめり込んでみているからです。

しかも、自分の気に入ったドラマや映画しか見ないので、特になりきる人が多いようです。

そして、映画やドラマのヒーロー・ヒロインの影響を受ける人も少なくありません。

だからと言って、普段接している人の気持ちを理解できるかというとできないのが事実でしょう。

いったい、何が違うんだ・・・・・

そこには、アスペルガーの特有のメカニズムが存在します。

ドラマや映画の気持ちって、発達障害とか関係なく人それぞれに感じ方も違うし自分に重ねて見たりします。

別に気持ちを取り違えていてもストーリーは自分で組み立てられます。

しかし、人の気持ちは違います。微妙に違う捉え方をしただけで意味が変わったりすることもあります。

映画では、たった2時間のストーリーです。

しかし、人と人との関わる時間は無限です。

人の気持ちというのは、それだけ複雑なのでしょう。

スポンサードリンク

人の気持ちを察することが苦手

 

例えば

「今日は、疲れたから回転寿司に行かない」

と提案すると・・・・突然・・・

「そんなに、ご飯作りたくないなら俺が作る。俺だって毎日仕事で疲れているんだ」

と怒り出す。

「いや、絶対に回転寿司が食べたいわけでなくて、たまにはと思ったのだけれど・・・」

「だから、作りたくないなら、俺が作る」

と奥さんが、「ご飯を作らない」と決め込んで「俺なら作る」という気持ちが勝って奥さんの「作ってもいいけれど、たまには外に食べに行かない?」という気持ちを察することはとても苦手です。

「疲れているから」という言葉を強く受け止めすぎて、

「疲れているけれど作ってもいい」と思っているのかもしれない。

「ただたまには回転寿司が食べたい」と思っているのかもしれない。

具合が悪いのかもしれない。

気持ちには、沢山の選択肢があって、聞いてみないとわからないことがたくさんあります。

「疲れたなら、俺が作ろうか?」「お寿司が食べたいの?」と気持ちを聞く方法はたくさんあるのですが・・・・

残念ながら、アスペルガーは思い込みが強いため「怠けているんだ」と思い込んだりする場合があります。

相手の気持ちと自分の気持ちが混ざってしまう。

「今週末、キャンプに行こう」と家族が大好きなキャンプを計画した。

しかし、週末はずいぶん前から友達と約束があり、「行きたくない」と言い出した。

「そんな、友達とはいつでも会えるだろう」と怒り出す。

「いやいや、前々から言ってたでしょう」と言っても「俺なら、家族を大事にする」と言い出す始末。

「家族を大事にしないのでなく、今週は予定があるって言っているの」と言っても聞く耳を持たない。

「お前は、家族より友達を大事にするんだ」・・・・

「だから、再来週キャンプでよくないですか?」

「もういい、もう二度とキャンプなんか行かない」

と意味が分からない。

でも、これって、実際私が以前にやったことですからね~

自分の気持ちも、相手の気持ちも、ぐちゃぐちゃになってしまうんですよね~

 

話し合いの答えは決まっている。

前記のキャンプの話もそうだったが、アスペルガー症候群の人は、「キャンプに行こう」と決めた時点で不参加なんて選択肢は用意されていないのだ。

「行かない」と言えば怒り出して・・・・

結局は、友達に謝らせて無理やり連れて行く結果になるのだ。

昔、妻は私によく言っていた。

「あなたとの話合いは、私が「はい、そうね」と言うことで話し合いではない」

だって、ずっと自分が正しくて普通だったんですから~

まわりが、私に合わせるのは当然だったわけです。

そんな、討論を45年以上し続けていたわけですから、なかなかその感覚は治せません。

やはり、尊重することを意識づけるしか対処できないのかもしれませんね?

 

気持ちにはそれぞれ人によって違う。

コーヒーを飲んでリラックスする人もいれば、苦い飲み物が嫌いな人もいる。

お酒が好きな人もいれば、お酒や酔っ払いが嫌いな人もたくさんいる。

休日は、スポーツをしてリフレッシュする人もいれば、ゴロゴロしてリフレッシュする人もいる。

いつもワイワイしていても、たまには一人でいたいときもあるし、意味もなく疲れているときもある。

自分が感じる感覚だけが、人の気持ちでないことは当たり前のようで、尊重されにくいものなのかもしれませんね?

だからこそ、アスペルガー症候群の人は、人の気持ちを素直に聞くことが大切なのだと思います。

「気持ちの共有」って大事ですよね?


スポンサードリンク

スポンサードリンク


6 件のコメント

  • fuufu様

    更新ありがとうございます。
    当事者の方の感じ方がうかがえてたいへんためになりました。
    うちの夫も話そうとするとすぐ怒り出すので困っていました(今は会話自体あきらめています)。
    具体的にどの部分がどのようにとらえられているのか分かりました。
    「屁理屈」にきこえてしまうのはそういうわけだったのですね。

    当事者の感じ方についてこれからもお教えくださるとありがたいです。
    よろしくお願いします。

  • fuufuさま
    初めまして。アスペルガーと思われる彼(40代)と付き合っています。こちらのブログは、彼とケンカをした日に泣きながら拝見することが多いです^ ^アスペルガー男性のお話を聞く機会がないので参考になります。

    ケンカをしていて論点がズレてるなと感じることはしょっちゅうで、今回の記事も激しく同感でした。

    奥さんが「はい」と答えることしか話し合いじゃないというのも、まさに!です。

    正直、わたしばかりが我慢して彼に合わせてしんどいなーと思うことがあります。
    彼に悪気がないのが一番つらいですね。

    ただ、彼はわたしを叩いたあとに「普通のひとはこんなことしないん?」と聞いてきたりします。また、「変なやつ」というレッテルを貼られて仕事に支障が出たこともあったようです。

    わたしが思うよりずっと、彼自身も悩んできたのかなと感じます。そんな彼を支えたいし、彼の成長を信じていたいとは常に思っています。

    とは言え、わたし自身も感情があります。彼を許せないこともあります。
    fuufuさんのブログにあるように、しばらく会わない日をつくるのも手かなと思っています。

    当事者にならないと分からない人間関係。素晴らしいブログを立ち上げてくださり本当にありがとうございます。

    暑いですがお身体大切になさってください^_^これからも楽しみにしています。

    • たここさん、はじめまして
      いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。
      そして、褒めていただきありがとうございます。

      アスペルガーとの付き合いは本当に大変ですよね?
      少し驚いたのが、彼は叩くのですか?
      DVは大丈夫ですか? もし暴力が頻繁なら気をつけられてください。

      しかし、彼のことを思ってあげられる たここさんは本当に素晴らしい方だと思います。
      だからこそ、あまり我慢し過ぎたり、頑張りすぎないでください。
      身も心もボロボロになってしまったのでは仕方ないですからね。

      彼も、アスペルガーと分かりながら、そんなに思ってくれるパートナーが
      どれだけ自分を助けてくれるのか気が付かなければもったいない話です。
      私たちが、楽しく生きていくうえには、良き理解者が不可欠ですから
      彼のためにも、無理はせず末永くお過ごしください。
      応援しています。

      • fuufuさま

        お返事ありがとうございます^ ^
        とても嬉しいです♪

        はい、彼は叩いたり殴ったりしてきます。
        でもそこは大丈夫です。彼が叩いたらわたしもヤツを叩き返すようにしてるのです。
        思いっきり叩き返したらそれ以上は叩いてきません^ ^

        彼のシモベには成り下がらないようにしたいです。
        ありがとうございます!

        • たここさん、こんにちは

          叩かれるって・・・・それはいけません。
          エスカレートしてからでは遅いので、叩き返してもちゃんと「痛い」とか
          「怖い」とか教えてあげないと本人はわかっていないかもしれませんよ。
          いろいろな事件も多いですし、気を付けてください。

          にしても、たここさんは強いんですね~
          絶体にシモベにならないでください。
          自分の人生、主人公は自分ですからね~
          応援しています♪

          • お返事ありがとうございます!

            暴力に対する「痛い」「怖い」はしっかり伝えるようにします。

            本人は暴力がかっこいいとか思っちゃってますもんね(ーー;) あまりにしつこいときは、彼の手術跡やスネを蹴ったりと姑息な手を使ってます。ほんとはわたしも暴力なんてしたくないけど、言葉で言うより伝わりやすいのでそうしてます(>_<)

            なんとか頑張っています^ ^。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です