夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

アスペルガー症候群との恋愛

   



スポンサードリンク

 


今日は、コメントやメールで多い、アスペルガー症候群との恋愛について

私なりの考え方をお話ししたいと思います。

「アスペルガー症候群との恋愛はやめた方が良いか?」

これは、私自身も立場によって変わります。

cb4950c768c58acb7a56294392292366_s

 

もし、息子の父親としてなら、とくに反対しません。

もちろん、自分の子供だからかわいいというのもありますが・・・・

息子は、自分がアスペルガーで突然怒ったり、パニックになることを知っています。

そして、その感情をコントロールしなければいけないことを知っています。

まだまだ、未熟ですがアスペルガー症候群ということを素直に理解していることは

この先、そんなに困ることは少ないと考えています。

 

逆に、娘たちの父親としては反対するでしょう。

なぜなら、アスペルガー症候群と向き合うことができる人は数少ないのも確かです。

当然、絶対にダメとは言いませんが、よく考えるように話すと思います。

たぶん、私以上にアスペルガー症候群で苦労した妻は、絶対的に反対すると思いますが・・・・

 

やはり、アスペルガー症候群との恋愛は、当事者が自覚しているかどうかだと思います。

そして、自覚とともに、自分自身でどこに問題があるのか知っていることです。

もし、すぐに怒ったり、暴言を含めDVやモラハラが治らないのであれば

薬などを使って抑える努力なくして、平穏な暮らしはありえないと考えています。

 

とはいえ、アスペルガー症候群の短所だけがすべてではないのも確かです。

娘たちも、惹かれてしまうことはあると思います。

そのときは、そのときなんですけれどね。

 

やはり、自覚してパートナーを尊重してくれさえしてくれれば

アスペルガー症候群がそんなに問題のある発達障害ではないと思います。

だけれど、それが難しいのがアスペルガー症候群ということも間違いありません。

 

 

 

 

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - アスペルガー, アスペルガーは治らない, アスペルガー症候群の特性 , , , ,