夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

食べながら 低糖質ダイエット(糖質制限)

      2015/12/15



スポンサードリンク

 


 

 

私は、43才 85kg 176cm これが私がもっとも成長していたときの体重である。

そして、登山を始めなんとか、これ以上には成長しなくなった。

余談だが、登山は絶対に痩せない!!!理由は、登山はエネルギーを使うので

その分、摂取してしまい痩せないのだ。

でも・・・「どうせ、また山登るし~」

と今まで気にしていた 御飯も おなかいっぱい食べるようになり・・・・・また戻る(笑)

IMG_20140829_065830IMG_20140829_065817

 

これが低糖質を始める前の腹部CT 入院ドックで撮影されたものです。

内臓脂肪面積が200㎠超え! 超大幅超過との診察結果

IMG_20140813_071838

きっと、ダイエットしたい人は

「継続できれば、初めからこんな体系にはならないんだよ」

とダイエットしても続けられない、めんどくさい、すぐに忘れる。

と私と同じような人も少なくないのではないだろうか?

そして、今の体重は67.2kg 標準体型 69kgを下回りました。

P_20150802_055426

しかも

体脂肪率も、10%減ですよ~ADHDで長続きしない私でもできたんです。

P_20150802_055429

 

これは、私の経験に基づいたドキュメンタリーです。

はじめに

私がおすすめしたいのは、「糖質制限ダイエット」

えっ!名前を聞くとちょっと・・・・身を引いしまいますよね~だいたいダイエットって

つけるからいけないのです。というわけでダイエットを外して「糖質制限」にだけしましょう♪

糖質制限は、徹底する必要はない!のです。

徹底した低糖質ダイエットの成功例のサイトはたくさんあります。

そのため、危険だという記事もあります。

まず徹底すれば早く痩せます。だけれど続かない人が多いでしょう。

私もそうでしたから・・・・・

まず、低糖質ダイエットについて、いろいろ勉強した人はすべて忘れてほしい。

いや、低糖質な食べ物は覚えておきましょうね。

太る原因

太っている人は「私、気を付けているんだけれどすぐ太るのよね~」と

大好きなお肉も我慢しているのに痩せない方、この記事を読んでいる あなたも

実はそうだったりして・・・・

fc050495de553fb0fa70358fc01b5c37_s

もしかして、太るのはカロリーの過剰摂取だと信じていませんか?

実は、これが間違いで・・・米国でも肥満の原因はカロリーだと注意を勧告していたにも関わらず

肥満の人が増え続けていました。

しかし、太るメカニズムはそこにはありません。

糖質の摂取しすぎが問題なんです。

ここがポイントですよ~

糖質の取り過ぎが問題!!!! 糖質が問題ではないですよ~

私も、何度も言っているのですが・・・・・糖質制限で失敗する人はここが間違えているのです。

糖質=太る=悪い食べ物

まず、この考えを捨ててください。

糖質が太らせる原因

まず、糖質を摂取すると私たちの体では血糖値が上昇します。

血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンという成分が分泌されます。

この、インスリンが曲者なんです。

インスリンは、糖質を脂肪に変えていくと同時に、体内に蓄積された脂肪の代謝を

抑制する役割を持っています。

これは、日本人は島国でもともと食べるものも少なかったために

男性は、すぐエネルギーとして使えるように内臓に脂肪をつけ

女性は、子宮を守るためにお尻まわりに脂肪をつけてきたらしいです。

 

すなわち、インスリンが分泌されればされるほど、脂肪はつきやすく

体内の脂肪は燃焼されないので太っていくというメカニズムになっています。

 

糖質制限ってなんなのさ~

 

まず、簡単に言うと糖質を抑えれば、インスリンの分泌が抑えられる。

ってことは・・・・余分な糖質が脂肪にになりやすい糖質を制限する。

6bdc4d69c88bcd9eb8c06a75ee18a1cb_s

  • 低糖質な食べ物を知る。
  • 悩んだときは、低糖質なもの方を食べる。
  • 1日一杯の御飯は食べよう。
  • 甘いものが食べたいときは、少し食べよう。

「えっ!食べてもいいの~」と思われるかもしれない。

くどいようだが、余分な糖質がいけないのだ!!!

糖質を完全に絶つとどうなるか・・・は後で核として・・・・

実は、食べてもいいのには理由がある。

何食べればいい?

低糖質の食べ物を知らないとどうしようもない。ここまではいい。

まずは、穀物類 御飯やパンについて今食べている量から減らしてみてください。

これだけでも今以上大きくなることはなくなるでしょう。今が多すぎたら・・・

ごはんを3口くらいまで落としてくださいね(笑)

ちなみに、私はお昼はしっかり食べて、朝と晩は糖質を取らないようにしています。

4394998fd03af02e137f5a8fe686fd1a_s

肉や野菜は気にしない!

そして、ダイエットの天敵と言われた カロリー!

カロリーなんて気にするな!

はい!ここポイントね~糖質制限してカロリー制限までできる あなた!!!!

あなたはダイエットしなくてもいい体系でしょう。

現に、私も一切のカロリー制限はしていません。

カロリーに関する知識は、低糖質制限において関係ありません

中華料理でもなんでも食べてください。

おなかがすいた時の救世主は 豆腐

麻婆豆腐は、片栗粉も入っていますが小さいことは気にしない!

私は、麻婆豆腐はよく食べていますが十分痩せました。

豆腐ハンバーグもおすすめです。

  • 鶏ミンチ・・・・200gくらい
  • 豆腐・・・・・・半丁
  • 塩コショウ・・・適当
  • 栗粉・・・・・・大さじ1~2

ほかに、ゴボウやニンジンやレンコンなど混ぜるとさらにいい。

そうそう、ポテトサラダもおいしいけれど、糖質多いですよね?

そこで、お奨めなのは オカラサラダ 

作り方は、ポテトの代わりに オカラをレンジで2分程度チーン!

あとは、ポテトサラダとまったく同じ作り方です。

これは、とてもおいしいので是非試してみてください。

糖質を断つとどうなるの?

はじめにも書きましたが、一日一杯の少しの御飯を食べましょう。

なぜ、低糖質ダイエットの天敵でもある御飯をと思われたかもしれない。

まず御飯や炭水化物を完全にやめてみましょう。

これ、実際に私も最初やってみたんです。

  • 頭がボーと宙に浮いている漢字がする。
  • 計算ミスを連発する
  • 記憶があいまいになる
  • 足がつったようになる。
  • イライラする。
  • 細かいことでキレる

要するに、生きていくうえで糖質のおかげで私たちは生きているのである。

 

それを完全に絶つことを体が許すわけもない。

ちなみに、燃焼するのは脂肪だけではない、筋肉からも燃焼するため、体力的にも

ダメージが大きくなる。

今までと違う体質に体がついていけず体調不良になることをすぐに気が付けるはずです。

というわけで、徹底した糖質制限というのは絶対にダメなんです。

糖質制限は自分に都合よく考えよう!

糖質制限をすると体に異常があらわれることはお分かりになったと思います。

でも、取りすぎなければ太ることはない。

一週間に一度や、二週間に一度 好きなもの食べても

その分、ほかの時に調整すればいいんだよ。

糖質制限は、続けていればいつか標準体型になります。

逆に、標準体型以上に痩せようとすれば体が悲鳴をあげるのは当たり前です。

標準体型になったら、糖質を取りすぎないようにすればいいだけです。

取りすぎたら、少しまた糖質を抑えればいいだけです。

目標を達成したら、あとは普通の生活に戻していいのです。

長~く続けて、無理しないでください。

 「糖質まつり」のすすめ

よく、ダイエットで倦怠期で痩せなくなる時期があると聞いたことありませんか?

それは、体が「やべぇ~体からエネルギーがなくなる!」って

体を守ろうとするんだ~

そんな時は、「糖質まつりじゃ~」と時々 思いっきり何も考えず

吐くほど食べてみてください。※ちょっと言い過ぎです♪

59db6f36045de748b643cfadbc687444_s

あ~ら~不思議!痩せてるじゃん~

これは、まだ体が「な~んだ~まだ大丈夫なんじゃん~」って勘違いするからなんです。

私にとっても、一番楽しいときです♪

とくに、ケーキが大好きな私は、誕生日には遠慮なく食べますよ。

最後に

糖質制限は、無理してやるものではありません。

自分に合うペースで楽しんでください。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ダイエット, 健康 , ,