ADHDの息子もクリニックへ


スポンサードリンク

 


 

 

私が、病院の予約をして心から待ち遠しく思っていたのですが

よくよく考えたら、息子も行くだけ行った方がいいまではと思えるようになった。

私が自覚したように、息子も自覚して生きた方が楽だろう

私としては、どう子供に教える???接すればいいのかを教えてほしくなった。

参考【息子のADHD

参考【クリニックの予約

参考【ADHD こども専門クリニック 予約できました。

rstock-650x434

妻に

「子供も、病院に連れて行かないか?」と聞くと・・・

「何か月先になるかわからないよ。それに

   『病院まではいかなくても・・・』と言われたよ」

と言われましたが

「何か月先でも、何年先でもいいから 俺たちの接し方が正しいのか
 他に何かのヒントでもあればよくない?」

と言うと、妻は

「だったら、どうせ行くなら○○クリニックに連れて行きたいの」

とどうも前々から病院は調べていたらしく・・・・予約をお願いした。

こういうところが妻の素晴らしいところだ。

なんか、家族で一丸となってきた感じ!!

cropped-pic15071713.jpg

私も、ADHDなんかに負けている場合ではなくなった。

しかし・・・・大丈夫かな?

まずは、予約がとれたところで話を聞きたいけれど・・・

 

しかし、今までお母さんとしか寝なかった息子が

最近は、お父さんと寝るようになった。

これも、私がADHDを理解してからのことだ。感謝感謝である。

 

息子は、「お父さん・・・僕・・・心の病気?」と息子が聞いたので

「違うよ~お父さんと同じで、苦手なところがあるから

 苦手なことが何なのか話を聞きに行くんだよ。

 大丈夫だよ~お父さんもいくもん~」

と言うとにこやかに笑った♪


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク