夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

クリニックの予約

      2015/12/15



スポンサードリンク

 


 

 
私は、たぶんADHDとは知らないまま、案外上手にADHDと付き合ってこれた気がしている。

だから、病院は面倒だし・・・行かなくてもいい・・・と思っていたのですが・・・・

症状を自覚してから・・

  • 自覚して「のんびり」を意識しだして・・・信号無視を2回,一旦停止を無視と危険な運転をしてしまった。
  • やはり、頭のなかをグルグルいろいろ考えてしまい眠れない日々が続いている。
  • やはり、細かいことが気になって仕方ない。
  • 気を付けないと、いろいろ何かをしている。
  • ついつい、否定的なことを言ってしまう。

気を付けていても、長年付き合ってきた習慣が簡単に治るはずもない。

仕事中も、相変わらずいろいろなことが気になっている。

このブログのことも気になったり・・・・

残業までして、家のことも気になって・・・・

loveagain-thumbnail2

ということで、やはり専門の先生に診ていただくことにした。

さっそく 「福岡 ADHD 専門医」で検索すると 良さげなクリニックがヒットした。

でも・・・プライドの高い私は素直に話せるだろうか?

そして、私は先生の言う通り素直に治療できるのだろうか?

そこで、妻に相談してみた・・・・

「あの~申し訳ないんだけれどひとつだけお願いがあるんだけれど・・・・」

というと・・・

「またか、こいつ・・・・」みたいな目でにらまれた。

でも、どうしても治したいのと、妻に知ってほしい気持ちもあり勇気を出してお願いしてみた。

「実は、ADHDの病院を見つけたんだけれど診察受けてみようと思うんだけれど・・・・」

というと

「いいんじゃない?」

と少し穏やかな顔で言ってくれた。

「そこで、着いてきてくれないかな?」

とお願いすると・・・・

笑顔で

「いいわよ、月末は忙しいから第2週か第3週にしてね」
「でも、何か月も待たないといけないんじゃない?」

と言ってくれた~~。

とてもうれしかった。今までひどいことをしてきた妻が私のために仕事を休んで

一緒についてきてくれるのだから、こんなに頼もしいことはない。

これで私も、中途半端なことはできなくなったのだ。

「何か月後でも、それまでは自分で努力してみる。もし、病院に行って異常なしならそれはそれでいいでしょ?」

と俄然やる気がわいてきた。

そして、翌日早速予約の電話をしてみた。

p02

 

「どうも、私はADHDではないかと思っています。いろいろキツイので診察を受けたいのですが・・・」というと

「予約ですね。う~~~ん」

やはり、本やネットで読んだように簡単ではないようだ。

「どうしても、少しだけでも何とかしたいんです。」

と深刻そうに言ってみた。

何かの本に自分が治したいと思う意思がなければ受け付けない病院もあると書いてあった。

すると・・・・

「9/15 9:00からなら大丈夫です。」

と二ヶ月待ちで予約が取れました。

妻に、さっそくLineをすると

「わかった」と返事をすぐにくれた。

今、私が一番楽しみにしているのは 夫婦で病院に行くことだ。

久しぶりの二人っきりのデートでもあるしね~♪

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ADHD, 大人のADHD, 離婚 , , , , ,