アスペルガー症候群の悩み ~いつまで我慢すればいいの?~

スポンサードリンク

スポンサードリンク


随分と当事者からのメールも増えて、このブログも随分と役目をはたしてきたんだと感じる日々です。

パートナーの方からの悩みが、ピックアップされていることは多いのですが、当事者の悩みがピックアップされることは少ないのが現実です。

そもそも、当事者は、まわりとのズレに気が付かないまま、無意識のうちに強引に生きている人も少なくありません。

悩みなんて考えたことなかった人がほとんどではないでしょうか?

しかし、家族間や社会でのトラブルに巻き込まれたとき、状況をうまく理解できなくなった時、自分が発達障害と気が付く人も少なくありません。

でも逆に言えば、気が付かせるためにはトラブった方が当事者のためになるのかもしれない。

ともかく、自分の特性に気が付いてしまったのはいいけれど・・・・

いったいどうしたらいいのか、その悩みは当事者にとって一番難しい悩みともいえます。

今までの生き方と全然違うわけですから・・・・・

私自身は困ったことはない。

そもそも、私がアスペルガー症候群で困ることとはどういうことか?

  1. 人と意思疎通をする時、正確に意思疎通ができない。
  2. 自分の考えが強すぎて、なかなか相手の意見を聞き入れられない。
  3. ちょっとした指摘にイライラする。
  4. 人混みに行くのが苦痛

だけれど、意思疎通が性格に出来なくてもできる範囲で今まで生きてきたし、自分の考えが強すぎるのは会社では成功に導いた実績も多い。

イライラして不機嫌になったところで、自分自身ではそんなに困ることはないのだ。

ちょっと傲慢な人と言われるだけのことで、プライベートも社会的にも順調で困ることはなかった。

「だったら、仕事もとろくて、会議でも自分の思いもしゃべらない、人のご機嫌ばかりうかがっている人が良い人なのか?」

なんて、極端なことを考えたりもします。

きっと、当事者の人のほとんどの人が自分自身では困っていると自覚している人は少ないと思います。

困ったときは、無意識なうちに、今まで身に着けた強引な言動でその場をやり抜けてきたことでしょう。

普通の人が尻込みするようなことも、勢いだけでやり遂げてきた人も少なくないでしょう。

そんな私たちが、「あなたはおかしい」と言われるのです。

今まで、何十年と生きてきた生き方を否定されても、理解できるはずもありません。

 

 

成功の裏の犠牲者たち

私の場合は、ただ一点だけ・・・・

家族間において、私の傲慢な生き方に家族としてはやっていけなかったというトラブルが10年が過ぎて出てきました。

その時に、初めて自分のことを知りました。

まあ、思い起こせば思い当たることは多々ある。人を踏み台に伸し上がることに関して別に悪いことをしている感覚はなかったし、批判される覚えもなかった。

そもそも、人はできる人とできない人といてあたりまえなのだから、できない人に合わせる必要性を考えたりしなかった。

まあ、会社ではそんなに困ることはなかったけれど・・・・

それが、家庭内でも同じで、正直・・・要領の悪い妻に対して「何もできない人」というレッテルを貼って生活を続けていました。

そこには、それぞれの人生や考え方があるなんてことは考える余地もありませんでした。

そんななか、意を決して離婚に踏み切ろうとした妻の気持ちなんて考えたことはなかった。

きっと、会社でも踏み台にされた人たちは多かったことでしょう。

 

人は簡単には変われない

「よし、今日から変わるぞ!!」って宣言したところで誰も信じられない。

事実、そんなに簡単に変われるものではない。

当事者のメールの悩みはここにある。

「俺は、こんなに気を付けているのにどうすればいいんだ~何も変わらないじゃないか~」

と叫びたくなる気持ちもよくわかる。

「俺は、こんなに我慢しているのに~少しは認めてくれてもいいじゃないか~」

おいおい・・・・我慢している時点で何も変わっていないのだよ。

どうしても、アスペルガー症候群の場合、イライラしたりザワザワする気持ちになるのは仕方がないことなのです。

それを我慢しようとしても、無理なんです。そうやって生きてきたのだから・・・・・

できるだけ、イライラしないように日ごろからゆっくりした生活を意識したり、人混みを避けたり、イライラした後に我慢するのでなくその前の対策を日ごろから気を付けることです。

アスペルガー症候群の我慢ほど後々タチの悪いものはありません。まず、我慢するなんて無理なんですから・・・・・

その不満が、知らず知らずのうちパートナーにも伝わっているのです。

それは、すごいプレッシャーであり威圧感をかもし出していることを覚えておきましょう。

 

関係修復には時間が必要

「これ以上・・・私は何をしたらいいのでしょう」と悩みも多いのですが・・・・

一度印象付けられた人物像と言うのは、そう簡単に変わるものではありません。

信頼を崩すのは簡単ですが、信頼を得るには時間が必要です。

「どうして、認めてくれないのか・・・・」

単純なことです。そう簡単に認められないからです。

それには、何年も何十年もかかるかもしれません。もしかしたら死ぬまでかもしれません。

だからこそ、無理な我慢は意味がないのです。

ゆっくり、できることから気を付けてひとつずつです。

我慢できなくなったら、一人旅にでも行って自分を見つめ直してみましょう。

「そういえば、最近、昔よりは少し良くなったね~」と言ってもらえれば十分ではないでしょうか?

パートナーの方も、たまには飴玉をあげてやってください。

関係修復は、頑張ってやるものではありません。

ゆっくりした話し方、ゆっくりした行動を身に着けてみてください。

ひとつひとつの行動に変化が表れますよ。

私も、苦い飲み物が苦手だったのですが、暖かい紅茶やお茶やコーヒーを飲むことで心を落ち着けることを習慣づけています。

 

第三者の強い味方をつくる

やはり、なかなか当事者とパートナーだけで、「発達障害」の特性を正確に理解し対応することはとても難しいことです。

「良かれ」と思っていることが逆効果で、お互いのストレスになりかねません。

長年思うところもあるパートナーに、当事者も変化に対する評価を求めてもなかなか実感もわかないでしょうし、悩みを相談できる関係になるまでには時間も必要でしょう。

その点、病院の先生は、幅広い知識と標準的な傾向などを駆使して対応方法をアドバイスしてくれます。

薬を使うこともあるでしょう。

私も、病院に行って何気ない会話の中からヒントを得ることも多々あります。

「最近、薬のせいか勢いがなく、仕事にストレスを感じるんですよね~」と自分ではマイナス部分を感じていたとすると・・・・

「そんなに、勢いだけで生きて行ったらきついでしょう~勢いだけがすべてではないですよ~」と言われたことがあります。

それを、妻に言われたら「お前に、そんなこと言われたくないよ~」と思うかもしれませんが・・・・

先生から言われると、「そうかなぁ~」と思ったりすることもあります。

病院は、気持ちのコントロールが苦手な私たちに、簡易的な目安をつけてくれる場所です。

「病院に行って、発達障害を治す」なんて大げさに考えずに、歯医者に虫歯でなくても時々検査に行ったり、歯石を取りに行くような感覚でいいのではないでしょうか?

私も、最近は2ヶ月に1回行くだけで、特に話し込むこともなく、日常の気分を話に行くことを義務付けている感じです。

その行動は、妻が安心する行動のひとつであることも確かです。

何より、自分自身が「発達障害」を意識するうえで、病院はとても重要なポイントであると思います。

 

当事者とパートナーの関わり方

パートナーの方から見たら、当事者がどんなに気を付けても結局は、コミュニケーションが苦手で話しも一方的で「普通」と違うなんて思うのでしょうが・・・

残念ながら、長年身についた生き方というのは、そう簡単に治るものではありません。そして、どんなに努力しても脳機能の違いによってどうしようもないことも多々あります。

『普通』を教えようなんて思っていませんか?

前にも書いたように、『普通』というのはそれぞれ違います。

『発達障害』と気が付いたから、すぐに変わるものでもないです。

当事者によっては「治る病気じゃないから」と開き直って酷くなる人もいます。

一緒にゆっくりと話をして、ゆっくり生きていくことで、変わっていくことができます。

お互いに慌てないことです。

今までの失敗は、急ぐがあまり起きているのです。

急に強引に別人になってみたところで、この複雑な世の中を複雑な脳を持ったアスペルガーに要領よく生きて行けるわけありませんしね。

慌てなくても、ゆっくりとした生活を手に入れるだけで大きく変わります。

まずは、ゆっくり話す癖をつけることが、当事者にとってもパートナーにとっても効果的なことだと思います。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


10 件のコメント

  • こんにちは
    中年と老人の新婚生活も2カ月になりました
    他人同士が同じ空間で過ごすのは大変というのが素直な感想です。
    楽しい新婚生活とはかけ離れていますね~
    若い頃の新婚生活とは想像を超えて大違いでした。
    でもfuufuさんのブログの教えのおかげで大きな衝突は避けられていますよ

    先日、私の娘が来ていた時に主人が「携帯の履歴ってどうやってけすの?」って
    聞いていたので
    娘が帰ってから「何で履歴を消すことがあるの?」
    と、ほんとに文句とか不機嫌にとかじゃない気を付けた言い方で聞いたんですが
    案の定顔つきがキッと変わり怒鳴りながら、いらない履歴を消したい間違って発信しちゃうなど
    言っていました。
    すぐに私もあちらも気分を変える事が出来たので事なきを得ましたが・・・
    何で怒鳴る必要があるのでしょうか・・・

    朝のワイドショーを見ながらそのニュースの説明をずっと大きな声で私に説明してくれます。
    主人は動かずずっとテレビの前なので何度も見ているのでしょうね
    私もテレビの説明を聞きたい・・・言えないけど(笑)

    お笑いを見ていると大体いつも
    「いいよなーこんなことやって金もらえるんだから!」
    旅番組見てると大体いつも
    「いいよなータダで行けて美味いもん食えて!」
    誰かが何かを買ったと聞けば
    「親の財産があるからだのケチんぼだから金があるんだ」
    「退職金が出て金があるんだ 俺もほんとはもう退職と歳なのに」
    だのずっと文句をいっております(-_-;)

    人を笑わせるって大変と思うわよ~
    美味しそうに食べたりコメントするって大変と思うわよ~
    自営業も大変でしょうけど会社員も大変なのよ~
    生活していけるんだったらやめればいいじゃない
    言えないけど・・・(笑)心で思って黙っています。

    イラついていたり文句を言っていたり、本人はストレス解消になるのでしょうか?
    聞いているこちらも仕事や家事の疲れに増して、耳からのストレスに疲れてしまいます。

    なんとか怒鳴り声を聞かずに生活したい
    出来れば貧しくとも笑っていたい

    私も文句ばかりになってしまいましたが
    久しぶりの手抜き出来ない主婦生活と手抜きしまくりのお仕事頑張ります!

  • 横レスすみません。
    akiさんのコメントにある他者の成功に対するひがみのような言い分が、わたしのアスペルガーパートナーと全く同じで思わず笑ってしまいました^^。
    彼の意見を否定することができないのも一緒です。

    fuufuさんのアスペルガー当事者さんの考え方、とても参考になります。
    うちのアスペルガー彼氏にイライラした時はfuufuさんのサイトを見て、「あ、わたし、じぶの意見を押し付けようとしてた!」と気付けることが多々あります。

    昨年の夏ぐらいだったかな?
    こちらのコメント欄に悩みを打ち明けさせていただいたことがあります。
    その時、fuufuさんからお返事をいただいてとても嬉しかったのです。おかげさまでアスペルガー彼氏とは波乱はありつつも順調に続いています。

    その節はありがとうございました。
    これからも更新を楽しみにしています。

    • たここさん
      そうそう!ひがみです!ひがみ根性です!ピッタリの言葉です
      何でもやることが遅く、めんどくさがりなのに
      文句ばっかりで人にやってもらうのを待っている・・・みたいな感じです(笑)
      ゴルフやスキーなど趣味は行動が早い!まるで子供のようです
      いや・・・幼児の様に目をキラキラさせて上機嫌です(笑)
      でも帰り道の渋滞でイライラが始まり楽しかった1日が台無しになるパターンが多いです。
      わたしもfuufuさんの言葉を思い出しながら穏やかに過ごせるように頑張ります(^.^)

      • お笑い芸人に対する「いいなぁ~」というのはひがみとかではなく、
        ただ、お笑いという職業について、理解できないのかもしれませんね。
        私の父は、私が子供の頃に「勉強しないと、ごみ回収の仕事くらいしか仕事はないぞ」とよく言っていました。
        父は、サラリーマンとしての経験しかなく、他の職業に対して見下した言い方をよくしていました。
        人の人生を
        はたまた、芸人が大変なのはわかっているかもしれませんよ?
        アスペルガーって思っていることがそのまま言葉に出るところがあり・・・・
        「人を笑わせてお金をもらっていいなぁ」「でも、安月給の芸人もいるし、一発屋で消えていく芸人もいる」という後半のことを触れずに口に出しているので、まわりからはとても浅はかと思われることも多いのではないでしょうか?
        普通は、言いたいことをまとめて話をするのですが、アスペルガーの場合、基本なんでも口に出している反面、口に出していないこともあるため、本当はどう考えているのかわからないことがあります。
        私も、結構これで妻からいろいろ言われますが・・・・・「誰もそんなこと言ってんじゃねぇ~」とムッとくることがあります。
        まさに、「口はわざわいの元」って言われるように、余計な独り言で勘違いされることは多々あります。
        例えば、料理を食べて「うわっ甘い」と口走ってしまいます。
        それだけ聞いたら、味に対する文句に聞こえますが・・・
        「甘くておいしい」と言えばいいのですが、「おいしい」という部分を言わないため、勘違いされることが多々あります。

        先日は、手羽先だったのですが、「最近、年取ると脂がきつくなってくるんだよね~」という感想を先に言ってしまい激怒されました。
        正確には、「手羽先美味しいね。でも若い時は何本も食べられたけれど、最近は2本くらいでちょうどいんだよね」という気持ちだったのですが、ただの文句になっていました。
        私の場合は、食べ物に対する発言で失敗することがとても多いです。
        言葉って、難しいですよね~
        グルメ番組を見ても「体に悪そう~」「東京の店ばっかり」という感想は口にしていて「おいしそう」という言葉は出していなかったり
        私も旦那さんと同じような行動をよくとってしまいます。

        まあ、妻もだいたいは分かっているのでしょうが・・・・
        テレビなどを見ていると、本当に独り言の多い私に対して・・・「また、ずっとしゃべっているよ」という指摘はいまでもよくあります。
        自分でもよくわかっているので、気を付けてはいるのですが、さすがにテレビを見ながら気を張っているわけでもなく、ついつい余計なコメントやツッコミを入れています。
        というわけで、私は自分の部屋で小さいテレビで一人で見ることが多いです。
        黙って見れば良いことは、十二分にわかっているのですがね~ついつい・・・・(笑)

        • なるほど~

          口に出していない部分の考えも持っているという事ですね
          今度からはそう思って言葉を聞いてみます!
          私も主人の言葉に敏感になりすぎていているかもしれないですね(>_<)
          でももったいないですね同じ気持ちであっても
          つい口から出た言葉で相手を不愉快にさせたり怒らせたり・・・
          いい方の言葉がいつも出たら穏やかに暮らせるのでしょうけどね
          私も気を付けなくちゃですね

  • なるほど、ただ理解ができないだけ、ということもあるのですね。

    アスペルガーさんは確かに言葉足らずな部分があるように感じます。言い方がストレートでキツイなぁと感じたり。

    akiさん、お互い苦労もありますが笑いに変えて過ごしたいですね♪

  • 何度もコメントすみません
    今朝の事ですが・・・
    着替えた私に「なにそのズボン!モンペみてー!そんなのも持ってたの?物持ちだからね~!」
    物持ちだからねーはいつも言われます。生活用品すべてにおいてそうなんですが、
    「それどうしたの?パトロンにでも買ってもらったの?色んなもの持ってるねぇ~」
    自分で買ったんです。そりゃ以前の彼にプレゼントで頂いたりもありますが、今までずっと働き子供たちにお金がかかる時には昼夜働き、子供2人とも成人となり、
    あなたが今までスキーだゴルフだ飲みだ女だ使っていただろうお金を私は使わず、
    生活と子供と老後の資金の貯蓄をしてきたんだーーー!
    あなたが貧乏なのは私のせいじゃなーい!(興奮してしまいました)
    話を戻します・・・
    普通のパンツだと私は思っていますが・・・私のセンスが変なんですかねぇ
    私、台所に向かったまんま何も言えず
    前にも同じ様な事は多々ありましたが、やはり気分良くありません。
    すぐに捨てたズボンもあります。が、今日はそのまま穿いて会社に来ました。
    でもお出かけのキッスはニコニコしながらしてきましたよ
    またその場所へ帰らないといけませんから。
    隠れた真意、言葉は何なのだろう・・・考えているところです。
    朝の忙しい時に(私だけ)今それやる?だったら箸の一つもならべてくれ!と思いイライラしている私がいます。夕べもサラダに手を付けません。取り分けてあげないからです。わかってます。
    そこまでやってあげる事が普通なんでしょうかね
    やる事をやらない、人まかせ、お金が無いのも人のせい、持っている人はケチか親の財産、
    言う事はないにしても、イラっとしまうのはもしかして私がアスペルガーだから?
    と、思い始めました。もう一度ブログを自分に置き換えて読み直します。

    • 「アスペルガー症候群」や「ADHD」と言った発達障害の特性って、多かれ少なかれみんな持っているものです。
      少し拘りを持っているような人は、みんな発達障害ってなってしまいますよね。
      人は、誰しも長所や短所があるもので、発達障害の人は特性が現れる頻度が普通の人より多い人の場合がほとんどです。
      「もしかして・・・」と思うのはみんな同じだと思いますよ。
      そして、イラついたりするのは、みんな同じですが、「私最近イラついているかも」と思えるということは、自分にゆとりができてきた証拠かもしれませんよ。
      本当にイライラしているときって、そんなこと考えませんし・・・・
      「ちょっとイラついていることが多いから、何かリラックスしよ~」など気が付けることは、逆に幸せなことかもしれませんよ。
      私はイライラすることが多いので、コーヒーを飲んだりわざとゆっくりしようとするときの自分が好きです。(笑)

      洋服の件ですが、意外と男の人ってみんなそんなものではないでしょうか?
      口に出さなければいいのですが、ついつい思ったことを口に出すのがアスペルガーで・・・・
      「なんでそんなひどいこと言うの?」と聞くと「別におかしくないよ~」と言ったりします。
      おかしいとか評価しているわけでなく、ただただ思ったことを口にしているだけだと思います。
      「これおかしくない?」とはっきり言われないと、どうでもいい話になっていることも少なくありません。
      今回のように、ただただ着替えたズボンを見てモンペを想像しただけだと思いますし・・・
      本気でパトロンがいるなんて思っていたら、冷静でいられるはずもありませよ。
      私も、妻が緑色のスカートを履いていたとき「かぼちゃ、みたいだね~」と言ったことがあります。
      別におかしいとかではなく、ただただ・・・かぼちゃみたいだと思ったことを口走っただけでした。
      他に、ちょつとおかしいと思った服に「ネットで買うから失敗するんだよ~」とお店で選んだ服を、ネットで買ったと思い込んでダメ出ししたこともありましたね~
      ネット=安物=良い服はない と思い込んでいるところはあります。

      よくあるあるなのが、「これいいでしょう」と聞かれて「うん、いいいい」と言っておけばいいものを・・・
      ついつい、本音で返すと不機嫌な顔をされることが多々あります。
      これは、発達障害とは関係なく男女の間でよくある話だと思いますが・・・・
      最近は、「いいよいいよ」と軽い返事をすることが気に食わないらしく、「いや、こっちの方がいいかね~」と「結局私の意見なんて聞いていないのだったら、初めから聞かなければいいのに~」と突っ込んでみたりします。
      私ももっと、気の利いたコメントを言えればいいのですが・・・・

      そういえば、女性ってたまに後ろ前逆みたいな服着ているではないですか?
      私から見ると、へんてこな服に見えちゃうのですが、そういうのは褒めるのって難しいですよね~(笑)
      あと、レギンスを履いている人を見ると、「あっ俺と同じモモヒキ履いてる~」と思ったり
      もちろん、そんな思ったことをポイポイと口に出してしまうところが発達障害のよくある話なのでしょうが・・・・

      ちなみに、発達障害の人は、身だしなみやオシャレに疎い人が多いと言われます。
      そういう意味では、相手にしてもあまり良い答えは返ってこないかもしれませんね。
      私も、フアションセンスは悪いので、最近はできるだけブランド物を買うようにしています。
      と言っても、そんなに高い高級ブランドではないですよ。
      そして、妻のファッションには聞かれない限りは触れないようにしています。

      • fuufuさんのコメント見て大分気持ちが楽になりました
        ありがとうございます
        言い方がキツいので、そのあとの会話に続かないのかもしれないですね
        カボチャもモンペも女性にはアウトですよ(*_*)
        服に関しては、凄く気にするくせにたまに、えっ?みたいなの着てます 笑
        明日はゴルフで上機嫌なんで、今日はとても過ごしやすい1日でした

        • 別にカボチャみたいもモンペみたいって、批判しているつもりはないところがアスペルガーなんですけれどね~(笑)
          機嫌よく、ゴルフに出かけているなら、「今日は楽しかった?良かったね~」と趣味を認めてあげると喜びますよ。
          私も、ツーリングに行かせてくれる時だけは、心から妻に感謝しています。
          でも、すぐに忘れちゃうんですけれどね~
          だけれど、趣味を認められると、相手の趣味も認めざるしかないですからね~
          妻は、今日は、フルフィーのコンサートに行きましたよ。
          私の世代でも、アルフィーはあまり聞かないですが・・・10歳年下の妻は元会社の同僚と福岡に来たときは必ず行っているのです。
          なので、昨日から子供たちと私だけでキャンプに行ってきました♪
          とは言っても、圧倒的に私の方が自由にさせてもらっていますけれどね。
          以前は、「コンサートに行かせてやった」みたいな感覚でいましたが、今は、趣味の楽しさを共有できなくてもお互いの時間お互いの楽しみ方認めることでバランスがとれてきた感じがします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です