夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

胸ぐらを掴むのはDV ~舐められるという考えを捨てる~

   



スポンサードリンク

 


先日のカウンセリングで、息子を本気で怒ったことについて先生に話をした。

大きな声で怒ったこと子供の胸ぐらを掴んだことを話した。

それは妻にとっても怖い体験を思い出す出来事だったようだ。

そのことについては、妻からも先生に相談をしていたらしく先生も知っていた。

先生は、「あなたは、我慢をしているから

どうしても、とっさに手が出てしまうことがある。

それは、決して やってはいけないことだ」

と言われた。

それはわかっているから気を付けているのだけれど・・・・

私にとって、胸ぐらをつかむという行為が

弱い女の人や子供にとってどれだけ怖いことかを

まだ、ちゃんと認識しきれていなかったようだ。

099815

先生は、そのことについて「息子さんとあの時は、ごめんな」

ときちんと謝ることを薦められました。

息子が、これから先、私と関わっていく中で

今までの厳しかった私と今の私の違いに戸惑っているなか

の失敗は謝っていくしかないようです。

あと、「息子が舐めている」という考えを捨てなさい。

と言われました。

私は、父からいつも「お前は舐めているのか」と怒られていたこともあり

妻に対しても「舐めている」と感じていたところもあった。

確かに、私は「舐められたくない」といつも思っている気がする。

 

例えば、宿題をせずに怒ってやらせれば誰でもやる。

優しく言ってもしないのは、舐めているのでなく誰もが

やりたくないことだということだ。

rstock-650x434

「特に、息子さんはADHDなので面倒なことはすべて後回しにするところは

奥さんと全く同じだからよくわかるでしょう。」

と言われた。

なるほど・・・・・・

 

もう少し、息子と向き合う時間を大切にしようと思います。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - ADHD, アスペルガー, モラハラ, 子供のADHD, 子育て