アスペルガー症候群の克服 ~夫婦再生~


スポンサードリンク

 


最近は、私のブログも多くの方に読まれるようになり

多くの方からのメールが届きます。

その中で、奥様から言われ発達障害の旦那様が私のブログを読むように

なった方も沢山いるようです。

今日は、そんな同志にメッセッージを残したいと書いています。

最後まで読まない人もいるだろうから、夫婦再生のコツを先に書くと・・・

とにかく妻の話を聞く。

そして・・・・

「うれしい」

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「間違えていたね」

たった、これだけで 夫婦関係は改善します。

8e49ce0afc5d2c5ca5de5ef7df62a0b2_s

まず、私もまったく同じで・・・・

妻の方が頭がおかしいのではないか・・・・

妻の方が甘えているだけだろう・・・・

私がどれだけ我慢して頑張っているか知らない・・・

な~んて思っていませんか????

それが、間違えているだの・・・正しいだの・・・・は

まず置いておきませんか?

今、いったい何が問題なのか????

large_thumb_f9777b16

妻と話し合いができない。

妻の言っていることがわからない。

妻が言っていることはわがままだ。

妻はいつも、自分を責める。

妻はいつも、私を敵対視する。

そう思ったのなら、よく話を聞いてみましょう。

「間違えている。正しい。」という考え方を忘れましょう。

「なめている。バカにしている。」という考え方も置いておきましょう。

ただ、言っていることを聞いてみてください。

実際には、シンプルに今の感情を表現しているだけで、それ以上のことは

意外と勝手に思い込んでいることが多いようです。

1131

もし・・・

「俺は・・・こんなに・・・・」

「俺は・・・・」

「俺は・・・・」

オレオレ症候群に陥っていませんか・・・・

この考え方は、私たちにとってはマイナス要素でしかありません。

アスペルガーが人より努力したり、頑張ったりすることは口にしなくても

わかってもらえます。

ただ、それを口に出したとたん、対アスペルガー対策に関しては

「何もわかっていない」と言われるだけです。

なぜだかわかりますか?

「俺が・・・」「俺は・・・・」

「俺はできる」「俺ならできる」「俺の言った通り」などなど

その空間が息苦しく一緒にいたくなくなる要因の一つだからです。

099815

いつも、パートナーが不機嫌に見えたり・・・・

理解されていないように見えるときはありませんか?

人は、常に機嫌がいいわけでなく

機嫌が悪い時もあれば、気分が乗らない日もあるものだ。

いつも、自分と同じ感情だと思ったら大間違いである。

機嫌が悪い時は、そっとしておくことも大切だ。

 

慌てても、何も変わりません。

なぜなら、残念ながらアスペルガーを含め発達障害は

治るものではありません。

しかし、克服はできます。

それは、何度も言うように話を聞くことです。

正しい、間違っているなどの判断をせずに素直に相手の話を聞くことです。

ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_s

今までの息苦しい関係が、ちょっとやそっと・・・・

1~2年程度でどうにかなると思ったら大間違いです。

もっともっと長い時間がかかるでしょう。

ただ、その一日一日は確実に改善に向かっていくと思います。

その一日一日を大切にすることが、一番の克服への近道と思います。

私は、結婚して10年間、そして克服を誓って1年間、カウンセリングを受けて

半年が過ぎました。

今は、家族に笑い声も帰ってきて・・・仲良しこよしとまではいかないが

それなりに、家族仲良く過ごせるようになった。

 

暖かくなったら、キャンプに行くことを楽しみにしています。

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • いつもブログを参考にさせていただいております。また、前向きに克服に取り組んでいらっしゃるよしべえさんのような夫だったら…と羨ましく思うこともあります。

    うちは夫が発達障害の可能性が濃厚です。わたしが鬱になったことがきっかけで、ようやく、彼も心療内科での受診とカウンセリングを始めてくれました。医師の見識では、面談したところ発達障害だと思われるが、検査しないと診断を確定できないとのことです。カウンセリング担当の臨床心理士が検査に誘導してくれるとのこと。

    また、医師からは、夫の年齢が40代半ばということもあり、本人が変わりたいという意志がなければ難しいと言われました。その通りだと思います。

    このブログを夫にも紹介しましたが、読んだのか、そうでないのか不明です。何も変わっていないところをみると、わかっていないことだけは確かです。

    離婚は嫌だ、家族と一緒にいたい、そう思えるよしべえさんは素敵ですね。

    うちは結婚して1年足らずです。付き合っているときからトラブルは多かったのですが、仕事が、孤独が、彼を難しい性格にしたのかと思い、一緒にいれば良くなるんじゃないかと信じて結婚まで進みました。でもそう簡単じゃなかったです。

    医師からは、人とうまくやれないから、40代半ばまでひとりでいたんだと、逆に考える方が自然だと言われました。確かに彼の言動を見るとその方が腑に落ちます。

    わたしの夫は「自分の非を認めるのが相当辛い」と本人も言っています。謝れません。

    自分の考えたこと、感じたことが事実だと思い込んでいるので、おそらく診断を受けても、自分を受け入れることがとても難しいでしょう。それに克服するよりはひとりでいるという選択を取るだろうと思います。

    わたしも離婚を考えています。夫は被害者意識が強く、人の意見を否定や非難と受け止めて、攻撃してきます。気持ちを受け止めてもらえない辛さ、暴言、責任転嫁、批判… もう心が疲れました。辛いです。

    発達障害も程度の差があるそうですね。環境に恵まれて、まっすぐに育った方は、一本気で真面目で素直で、いいところもたくさんあると思うんです。

    残念ながら、うちは別の二次障害も見られますので、結婚を続けるのは難しそうですが、ご自分を受け入れられて、努力されているよしべえさんのこと応援してます。奥様にも頑張りは伝わると思います。

    • 応援ありがとうございます。
      私も、決していい旦那ではありませんでした。
      私も、自分の非を見つめることは苦手で、暴言や批判を繰り返していました。
      妻も、私の変わりようには大変驚いていて
      つい最近まで、なかなか信じてもらえませんでした。
      今は、自分で気が付くことができて本当に良かったと思っています。
      そして、夫婦再生も順調で妻にも感謝しています。

  • 夫婦再生、難しそうです。

    発達障害の夫と夫と同じタイプの姑や小姑。

    それぞれが自分の考え方正しいと譲りません。
    人の言うことを聞きません。

    二次障害も出て現在休職中の夫。
    いまだに悪いのは周り、自分は普通なのに周りの人達が勝手に病人扱いすると思っています。

    私は夫のことが一番のストレスで突発性難聴になってしまいました。

    明日、大きな病院で受診後、結果次第で即入院になります。
    現在、実家療養中の夫には報告していません。

    6歳の息子宛てに電話が来たときも、夫が興味のあるゲームの話ばかり20分ほどやっていましたが、卒園式,マラソンに出た話、私の入院については一切言わず、理由を聞いてみたところ「父ちゃんに話しても母ちゃん入院するかもと言ったら、俺の方が難聴で入院が必要だ‼️俺の方が大変だ‼️とか本当かどうかわからないことばかり言うから嫌な気持ちになると話していました。

    6歳の息子、嫁からも全く頼りにされない夫。

    夫婦再生、無理っぽいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です