アスペルガー症候群は、心を読み過ぎる そして読み違いが多すぎる。

スポンサードリンク


アスペルガー症候群は、拘りが強く、思い込みが激しいため よく早合点をします。

まあ、早合点は誰しもがしますが・・・・アスペルガー症候群の場合は、とくに多いのが特徴です。

アスペルガーは、思ったことをなんでも口に出す傾向もありますが・・・・

相手が話している内容を聞きながらアスペルガーは相手の心を読み取ろうとします。

その読み取った心が違い過ぎるのです。

 

例えば、え~お皿洗うのに便利だから食器洗浄機買わない?」と相談すると

「そんなに、皿洗いが嫌なら俺がする」と怒りだす。

ただ、相談しただけなのに・・・・なんで怒られないといけないの?

そもそも、毎日洗っているのは私なんだから~

と怒りたくもなりますよね?

だけれど、アスペルガーは「皿洗い面倒だから、食器洗浄機を買う!」と

決めつけていると勘違いしてしまうのです。

「今日は、子供の学校行事で疲れたのよ~」と話しかけると

「俺の方が、仕事で疲れているんだ!」と怒りだす。

誰も、仕事の疲れ具合を競っているわけでもないのに、勝手に「あなたは楽でいいね」とでも

言われたような気持になってしまうのがアスペルガーなんです。

 

私自身、最近も失敗しました。

家の壁の塗装をお願いするとき、妻は・・・・

「私は、お金を出しても信頼できるところに頼みたい」と言ったのですが・・・・

私は、「お金はいくらでも出すから別のところで頼みたい」と言っていると勘違いをしました。

私は、「お金も出さないくせに、勝手なこと言うなよ」と言いました。

私は、妻が「いくらでもお金は出すから別のところで頼む!」と言っていると思ったのです。

アスペルガーのやっちまった~早とちり!!!  話は最後までよく聞こう!!

2017.05.12

 


スポンサードリンク


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。私は、実はこれらの事例は本当は読みが当たってるけど、当たってるからこそ怒ってしまうのではないかと思うのですが、どうなんでしょう…定型発達者はうまくそこをつつかないようにやり取りをしてるのかもしれませんね。私も発達障害者なので、間違ってたらすみません。

    • いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
      当然、すべてが間違えているわけではありませんが・・・・
      拘りが強く、幅広い視野で話せないのは確かです。
      そのため間違えた考えを持つことがあるのだと思います。
      「私は、嫌なの」と言っているのに「いや、普通これぐらいは・・・・」と
      相手が「嫌だ」と言っているのに理解できなかったり
      べつに怒ってもいないのに、勝手に怒っていると勘違いしたりすることがあります。
      人の心は、それぞれということを理解できず、「間違いだ」と決めつける傾向があるということです。
      決して、すべてが違っているということではないですよ。
      だけれど、定型の人の場合は「違うよ~」と言うと「あっ違ったんだ~」と相手の気持ちを素直に聞くのですが
      アスペルガーの場合は、その気持ちを決めつけてしまうことが、しばしばあるため
      定型の人からしたら違和感を感じる時があるのだと思います。
      当然、間違ってばかりだと・・・生きていけませんからね~
      頻度の問題だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です