カサンドラ症候群とは  ~男ってそんなものよ???~


スポンサードリンク

 


 

 

カサンドラ症候群については、沢山質問が来ます。

今日は、その質問の一部について答えたいと思います。

ひとつは、周囲に相談しても・・・

「男っていう生き物は、そんなものよ~うちだって一緒よ」

とアスペルガー症候群について 考えすぎ と否定されて

誰にも相談できない。

もうひとつは、旦那に診断を受けさせたいという悩みが

大半のカサンドラ症候群の大きな悩みのように思えます。

204193

カサンドラ症候群とは・・・

カサンドラ症候群;カサンドラ情動剥奪障害とは、
アスペルガー症候群(AS)の夫または妻(あるいはパートナー)と
情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、
身体的・精神的症状を表す言葉である。
アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、
わかってもらえないことから自信を失ってしまう。
また、世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、
人々から信じてもらえないその葛藤から精神的、身体的苦痛が生じる

 

参照 http://ja.wikipedia.org

 

周囲に相談できない

ひとつめの問題、まわりに相談できない について考えてみたいと思います。

アスペルガー症候群について悩みを相談しようと思っても

身内の恥・・・人に知られたくない・・・・

など悩んで悩んでそのうえでやっと、親しい両親や姉妹などの家族

または、親しい友人に決死の覚悟で相談するのでしょう。

アスペルガー症候群について悩みを相談しようと

日ごろの旦那さんの行動を説明すると・・・・

「うちも一緒よ~男ってそんなものよ~」

「気にしすぎよ~」

「今時、昭和の男は減ってきたものね」

と「普通」だと一般的に男の人なら珍しくない症状だと思われてしまう。

しかし、実際には度合いも違うし、過剰すぎる反応について理解してもらえない

ケースが多いようです。

相談した時に、このような意見を持つ人がほとんどということは

仕方がない事実です。

「私がただ、過敏過ぎるのだろうか・・・」

「私の考えすぎなのだろうか・・・・」

「私が甘えているのだろうか・・・・」

「彼の問題は、私の空想なのか・・・」

「全部原因は私にあるのではないだろうか」

と自分を責めるようになってしまうのでしょう。

add-特徴-大人-300x199

そして、旦那さんがアスペルガー症候群の診断を受けていなかった場合は

さらに深刻で、さらに悩みは増大するでしょう。

相談した知人たちは、原因は旦那の行動の原因を考えすぎたり

冷静に判断できない奥様に原因があると思う傾向にあります。

診断を受けてもらう

相談した知人に、理解してもらうためには、旦那さんがアスペルガー症候群であるという

事実を手にすることだと思います。

カサンドラ症候群の一番怖いのは、自分自身の精神状態がわからなくなることです。

アスペルガー症候群の診断を受けることは、当事者のためだけではなく

パートナーの生活にも影響してきます。

そういう意味では、とても重要なことだと思います。

ƒCƒ‰ƒXƒg_001

しかし、旦那に診断を受けさせることも大変ですが・・・・

大人の発達障害の専門医は少なく病院探しでも苦労します。

そしそて、もし見つかったとしても今度は予約で苦労するかもしれません。

いくつものハードルに挫折する人も少なくはないのではないのでしょうか?

何より厄介なのは、当事者が診断を拒むことです。

「自分は正しい・・・普通だ・・・」と思っているので

なかなか診断を受けてくれないことは想像できます。

 

しかし、当事者が運よく

「私は、どうやらアスペルガー症候群のようだ」

と気が付くことは・・・

アスペルガー症候群当事者にとってもパートナーにとっても

一番良いことだと思います。

アスペルガーを知ってもらう

旦那が、本当に変わっているということを知人に理解してもらえない

「私の旦那も同じで、どこも一緒よ~」などと軽くあしらわれるようなら

アスペルガー症候群の本やホームページ、YouTubeでも沢山の情報が流れています。

少し紹介して知ってもらうことを優先してみてはいかがでしょうか?

相談を始める前に、早い段階で少しでも、アスペルガー症候群にについて

知ってもらったうえで、相談すると大きく変わるのではないかと思います。

本なら

『旦那さんはアスペルガー 奥様はカサンドラ」

といった漫画の本でもいいのではないでしょうか?

P_20150816_145808

 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • こんにちは。

    上記の漫画、いいですよね(^◇^)。

    知っているカウンセラーさんも、どの学者さんとか精神科医さんが書いた本よりわかりやすい。と言っていました。

    私の周囲を見ていると、男性の兄弟がいなかった方が、そういった旦那様を持っていることが多いように感じます。(とくに長女の方)

    私は兄弟が二人いましたので、(兄がややアスペっぽく、弟は定型)

    同じ男性でも話が通じる人と通じない人がいるんだなぁとか、物事の先行きが見えやすい人と、見えない人がいるんだなぁとか、人によって違うなぁと思う事が多かったですね。

    なにより、トラブルがあってもなんとか円満解決するだろう、という見通しが弟ではたちやすいのですが、兄だと???って感じがします。
    (たまに突拍子もない行動をするため…「なに、今の?(@@)」って思う事があります。弟にはそれがありません。)

    そういった不安?というか、何も起こってない時でも「円満解決するだろうか・・・」と心配すること自体が、結構なストレスですよね。

    ただ、兄もけっこう人前では化けるのがうまくなっていますので、わからないと思います。

    職場ではめちゃくちゃいい人で、おしゃれでルックスもいいせいでそこそこモテていますし、奥さんも5年付き合って結婚しましたが、最近は「家と外では別なんですよ=3」と言っています。

    家庭内では結構、乱暴で困った人だったので、どうして今頃になって気づいたの?結婚前には?って疑問なんですけどね。ちなみに兄嫁さんも姉妹の長女です。

  • はじめまして
    アスペルガー当事者の方の考え方がわかりやすく、読みやすく書かれていて
    とても参考になりました

    そうか~旦那はだからお出かけでキレるのか!
    だから話し合いができないのか、と納得しました。
    ありがとうございます

    ご家族の仲もいい感じのようで♪
    明るい気持ちになれて読み終えられるのがとても良いです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です