夫婦喧嘩・夫婦再生・夫婦円満 ~夫婦は話し方しだいで9割うまくいく~


スポンサードリンク

 


 

 
今回は、アスペルガー症候群やADHDやカサンドラ症候群と関係なく

発達障害夫婦だけでなく定型の夫婦でも役立つヒントについてです。

それは、夫婦間の話し方です。

 

最近、何人の方とメールしていて気が付いたことがつきました。

先日書いた記事にも紹介しましたが、私が発達障害を持っていると知る前から

なんとか、夫婦やり直せないと買った本が

『夫婦は話し方しだいで9割うまくいく』という本です。

電子書籍が安いのですが・・・・・

普通の本なら 500円程高くなってしまいます。

中身はたくさんいいことが書かれています。

様々なケースも書かれています。

すべてがすべて実践できるとは思わないけれど

話し方などを考えるきっかけになるかもしれないです。

あまり詳しく書いちゃうと、著作権的にまずいと思いますので

大まかな紹介をしたます。

相手のタイプに応じて話し方を変える

話をするときに、どんなに相手を尊重し、尊敬する姿勢が大切とわかっていても

相手の味方、相手の物言いが気に食わなかったりすると話がややこしいことになりますよね?

まず、相手がどんな思想を持っているのか知る必要があります。

その時、その時の感情でタイプも変わっていくでしょうが・・・・

  1. 完璧主義タイプ
  2. 奉仕主義タイプ
  3. 上昇志向タイプ
  4. 夢見るタイプ
  5. 観察するタイプ
  6. 不安の多いタイプ
  7. 創造工夫好きタイプ
  8. 正義派タイプ
  9. もめごと嫌いタイプ

詳しくは、本を読んでみてください。

自分と相手のタイプを調べて話す方法も書かれていました。

7181_image

 言ってはいけない12の言葉

  1. 「こうしろ、ああしろ」(命令・指示)
  2. 「こうしたほうがいい、もし、そうしないと・・・」(脅迫・注意)
  3. 「こうすべきだ。こりはあなたの責任だ」(説教・訓戒)
  4. 「私ならこうする。なぜこうしないのか」(提案・忠告)
  5. 「こういうところが悪い。私はこう考える」(講義・理詰め)
  6. 「あなたはまるでわかっていない。あなたの考えは間違っている」(批判・非難)
  7. 「あなたは大した・・・だ。それは、あなたでなく相手が悪い」(賞賛・同意)
  8. 「そんなことができないのか。なまいきだ」(軽蔑・侮辱)
  9. 「あなたの・・・・ところが悪い。そんなつもりじゃなかったんだろ」(分析・解釈)
  10. 「心配することない。元気を出すものだ。」(同情・激励)
  11. 「なぜそうした。どうするつもりだ」(尋問・質問)
  12. 「そんなこと忘れろ。まあいいじゃないか」(ごまかし・冗談)

私は・・・・ほとんど嫌な話し方ばかりしてきたんですね~

293d1c6b42256dabb3678d7abe956372_s

夫婦のいい会話は子育てで本領を発揮

夫婦喧嘩をして、相手のせいにしたり、相手を無視したり、相手をけなしたり

それを見て育ったことが成長とともに話し合うとき

子供たちは、正面から向き合って会話をすることが難しくなるでしょう。

子供の成長を止める話し方

 

rstock-650x434
  1. そんなことどうだっていい、くだらない。・・・「感じるな」と言っているのと同じ
  2. うるさい!なきやみなさい。・・・「感じるな」と言っているのと同じ
  3. いいから、あなたは私のいうことだけ聞いていればいいの。・・・「考えるな」と言っているのと同じ
  4. 子供は、そんなこと考えなくていいの。・・・「考えるな」と言っているのと同じ
  5. 危ないからやめなさい。・・・「行動するな」と言っているのと同じ
  6. それ触らないで、じっとしていて。・・・「行動するな」と言っているのと同じ
  7. もっと小さいころはかわいかった。・・・「成長するな」と言っているのと同じ
  8. あなたって何やってもだめね。・・・「成功するな」と言っているのと同じ
  9. 私が子供のころはもっと上手にできた。・・・「成功するな」と言っているのと同じ
  10. 子供は口出ししないの。・・・「重要であるな」と言っているのと同じ
  11. 兄妹でどうしてこんなにも違うの。・・・「重要であるな」と言っているのと同じ
  12. あなたは体が弱いから無理しないで。・・・「健康になるな」と言っているのと同じ
  13. あなたが悪いことやったんでしょ?やったと正直に言いなさい。・・・「信じるな」と言っているのと同じ
  14. 仕事だから仕方ないの、遊びには今度連れていくね・・・「信じるな」と言っているのと同じ
  15. おまえが男(女)だったらよかったのに・・・「おまえ自身であるな」と言っているのと同じ
  16. あなたがしっかりしないと困るのよ・・・「おまえ自身であるな」と言っているのと同じ
  17. おまえさえいなれければ・・・「存在するな」と言っているのと同じ
  18. おまえなんか、うちの子じゃない・・・「存在するな」と言っているのと同じ
  19. 忙しいんだからそばに寄らないで・・・「近寄るな」と言っているのと同じ
  20. いつまでゲームやっている。勉強しなさい。・・・「楽しむな」と言っているのと同じ

 


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 旦那が発達障害と診断され現在も通院中
    私はアスペルガーなのでは?と日々思っています。
    ケンカが絶えずもうなにもかも行き詰まってしまいました。
    助けてはいただけませんでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      かなり深刻な事態のようですね。
      でも、大丈夫ですよ。
      旦那さんも、発達障害を自覚されているのであれば
      私なんて、数か月前まで、自分が発達障害だなんて絶対に認めもしなかった
      The 昭和の男でしたから・・・・・

      きっと、いろいろな考え方の行き違いが喧嘩へと導いているのではないでしょうか?
      めーみさんが、もしご自分を責めているのであればそれは・・・きっと違うと思いますよ。
      もちろん、私にできることであれば何なりとご質問ください。

      私の経験、妻の経験ならお話できますよ。
      私も今、沢山の方からコメントやメールをいただいて
      たくさんの人に救っていただいています。

      私にも、わからないことがあれば記事にします。
      このサイトには毎日たくさんの方が見ていただけるようになってきました。
      みなさん、ADHDの方、アスペルガー症候群当事者の方、パートナーのカサンドラ症候群の方
      沢山の方がいろいろ苦しんでおられます。

      きっと、即決で回答出来たり、解決ができる問題ではないでしょう。
      一緒にゆっくり考えて行きませんか?
      がんばっちゃダメです。
      アスペルガーでもカサンドラでも自分が壊れてしまいます。

      google+ も twitter も始めようと思っていますが・・・まだまだ慣れていません。
      よしべえぃ で検索して 走っている絵が わたしのアカウントです。

      mail も blog@conjugal-love.net にメールをいただいても結構です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です