アスペルガー症候群と普通の人?  ~夫婦の会話~

スポンサードリンク


今日は、アスペルガー症候群の夫婦の会話の一部に触れたいと思います。

 

私は、発達障害を自覚する前は妻に対して酷い罵声を浴びせていました

 

「お前は馬鹿か?」

「お前は何もできない!!」

「お前は何もしない!!」

「お前は離婚しても一人で生きていけない」

「頼むから消えてくれ」

「それでも母親か?」

などなど、こんなの氷山の一角で いつもこんなことを言っていました。

文章で書くとこんなものだけれど・・・実際には数十倍の迫力と大きな声で

怒鳴っていた。アスペルガーの旦那をお持ちの方は、それの3割増しで想像してほしい。

当然、何度も妻は泣いていましたが・・・・・

私は、妻が泣くことに関して

「あ~また泣いた!!!面倒な嫁だ!!!」と思っていた。

Menjoy_81040_1

ちなみに、女の子を泣かせてはいけないことはよく知っている。

実際に女の子に、酷いことを言って泣かせたのは、昔の彼女達や母親や妻以外にいない。

身内(親しい人)にだけ、泣かしても何とも思わなかった。

反面、娘たちには泣かれるとなんでも言うことを聞くような父親だった。

傷ついている女の子がいたら優しくすることもある。

なのに・・・元カノ達や妻には平気で傷つけることを言っていた。

もう一人いた・・・息子に対しても同じでした。

 

なぜだろう・・・・

 

私の中では、妻には何を言っても許されると思っていたのだと思う。

それが夫婦というものだとでも思っていたのかもしれない。

実際に、私の両親がそんな感じだったのを子供のころから見ていた。

父親が母親を見下し、母は何もできないと罵声を浴びせる姿を見ていた

私たちも母は何もできない人だと思っていたのだ。

母もよく泣いていた・・・・・

それを見ていたせいか、私は妻が泣くことにそんなに抵抗を感じなかったのだ。

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s

今は、妻に対して一切悪口や不満は言わない。

では、今と昔何が変わったのかというと・・・・・・

本当の意味の「妻を幸せにすること」を知ったのだと思う。

ちなみに、罵声を浴びせていた頃の私も「妻を幸せにするのは俺しかいない」と言っていただろう。

それは嘘ではなく本気でそう思っていた。

一生懸命仕事をして、家事もやって、大きな家も建てた!

「俺なりに家族を幸せにしようと一生懸命だったんだ」と言える。

「俺なりに家族を愛していたんだ!」と言うだろう。

なのに・・・・罵声を浴びせ泣かしていた。

 

私は、独りよがりで、妻を家族を幸せにしているつもりだった。

それを認めてもらう手段が、大きな声だったり、怒鳴ったりといった行動だった。

妻たちはどうして、そんなこともわからないのか・・・・不思議だった・・・・

85446af38239f6512842ed4d553f9d70_s

俺は普通の人より大きな家を建ててやった。

俺は普通の人より頑張っている。

俺は普通の人より家族を愛している。

俺は普通の人より家事もこなしている。

 

普通の人・・・・一体だれだ?

 

そう、アスペルガーのいう「普通の人」というのは対象者がいないのです。

全部、アスペルガーの考える自分=普通の人なんです。

 

よく喧嘩になって・・・・

「普通の人は、そんなこと言わないよね~」

「普通の人は、そんなことしないよ~」

「普通の人は、そんな大きな声を出したり怒鳴ったりしないよね~」

「普通の人は、そんなに簡単にキレないよ」

なんて言っていませんか?

pic15071718

「普通って誰だよ・・・・」

「普通の人も、ダメなやつには『ダメなやつ』という」

「こんなことさせたのはお前のせいだろう」

「大きな声を出させたのはお前のせいだ」

「キレたのは、お前がキレさせたんだ」

なんて言われるのではありませんか?

 

アスペルガーは、普通の人という漠然とした人物を想像できないんです。

「私は、そんなこと言われたら傷つくの」

「私は、そんなことされたら傷つくの」

「私は、怒鳴られたらあなたが怖くて仕方ないの」

「私は、すぐキレるあなたが怖いの」

「私は、あなたの言葉が殴られたときと同じくらい痛いの」

「私は、怖いと思ったらあなたの話が聞けなくなるの」

と具体的に伝えないとわからないと思います。

ただ、こう言ったら必ず通じるというものではないですが・・・・・

普通の人という言い方よりはマシだと思います。

f19fb110775321c13a106f00c137521a_s

普通の人とアスペルガーを比較したくなる気持ちはよくわかりますが

それをアスペルガーに伝えても意味がないと思います。

何をどうして欲しいかを明確にお願いすることを意識されると

少しは変わるのではないでしょうか?

 

私が考えていた、大きな家 や 仕事をがんばる以上に

妻が望んでいたのは、平穏で笑いの絶えない家庭であり

穏やかに話ができる環境だったのだと、今は妻を幸せにする方法を知ることができました。

 

妻は今、臨床心理士の資格を取りたいと大学院を目指すと言い出し・・・・

またまた、私の想像もつかないことを言い出していますが・・・・・

正直、気持ちは微妙ですが・・・・・・

楽しそうに、将来を語る妻の話を聞いて・・・言いたいこともありますが・・・・

まあ~本人がやる気がある間は 応援してあげようと思っています。

今まで、否定ばかりしてきたので、これからの人生は妻がやりたいことをさせてあげるために

私は頑張ろうと思っています。


スポンサードリンク


 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


スポンサードリンク