アスペルガー症候群とカサンドラ症候群 ~おすすめ書籍~



スポンサードリンク

 


私は、妻がカサンドラー症候群に陥ったことをきっかけに

ここ数カ月で夫婦の話し方やADHDやアスペルガー症候群や発達障害に関する

本を沢山買い集めている。

今回は、スペルガー症候群のおすすめ書籍を紹介したので

何度か、紹介してきたが・・・・

電子書籍まで入れたら・・・何冊になっただろうか?

薬の代わりに読んでいるが・・・・・

発達障害のせいだろうか・・・・何度読んでも気が付かないことがある。

P_20150816_150025

 

アスペルガーを勉強するのなら、やっぱり一番お薦めする本は

ナツメ社 出版の 図解シリーズ
P_20150816_145547

『図解 よくわかる 大人のアスペルガー症候群』

 

 

 

お薦めポイント

  • 絵がたくさん使われておりわかりやすい。
  • よくまとめられていて理解しやすい。
  • 事例がたくさん書かれている。
  • アスペルガー当事者へのアドバイスがしっかり書かれている。
  • 支援者の支援ポイントも書かれている。

目次

序章 あなたはどのようなことで悩んでいますか?
1章 アスペルガー症候群の特性を知ろう
2章 アスペルガー症候群は発達障害に含まれる
3章 「自分はアスペルガーかもしれない」と思ったときは
4章 らくに生きるためのサバイバルスキル&ヒント
5章 必要なスキルを身につけて仕事に就くには
6章 支援のポイント-ご家族や職場など、まわりの方へ
7章 ケーススタディ-アスペルガー症候群当事者の声

感想

最初の方は、ADHDやLDのことも書かれているが・・・

後半を読むにつれ、気持ちがらくになることがたくさん書かれている。

私が、この本から一番学んだことは

「人と違う」ことを受け入れ「ふつう」を目指さない

ということ・・・・

今の私がしようとしていることと、真逆のことが書かれている。

「自分らしさ」だと書かれている。理解はできる・・・・・

しかし、人を傷つけたのでは意味がない。

「人付き合いは無理をしない 焦らない」

そして、「欠点を補う方法は、マナーを身につけること」

是非、アスペルガー症候群の方、カサンドラ症候群の方に読んでほしい一冊です。

『一緒にいてもひとり アスペルガーの結婚がうまくいくために』

 

 

お薦めポイント

  • この本は、私がことあるたびにおススメしている本です。
  • 最初のサボテンとバラの話から理解できました。
  • カサンドラ症候群の妻が書いているので、パートナーの方が読んでもいい本です。
  • 当然、当事者はパートナーの気持ちがよくわかります。
  • 結婚・出産・子供の病気とリアルな17年間の夫婦生活が記録されています。
  • とても考えさせられる本です。
  • 比喩的な表現が多いため、妻は少し難しいと言っていました。

目次

序文
はしがき
謝辞
サボテンとバラ

1 アスペルガー症候群を知る
2 ハンサムな人との出会い
3 結婚式
4 最初の大げんか――「ぼくは楽しもうと思って結婚した。問題を抱えるためじゃない」
5 オーストラリアへ――ホワイトボード
6 ハネムーン――頭が固すぎる!
7 性生活、中睦まじさ、愛情
8 友だちをつくる
9 家族をもつ――共感と心の理論
10 赤ちゃんと新米ママには予測できないことばかり――変化に対応する
11 議論は決着つけるべきもの――話し合えない人との結婚
12 家族にはチームワークが必要
13 ガールフレンド
14 病気とつき合う――連想がストレスを生む
15 交通事故――めまい発作は命取り
16 身体はあるけど心はない――一緒にいてもひとりとひとり
17 エネルギー理論――わたしのかんしゃく対処法
18 チャンピオンを育てる――酷評にどう立ち向かうか
19 いい日も一瞬にして暗転――口論の収め方
20 診断はどう役立つか――関係を改善するための情報と機会
21 ストレス要因――お互いを理解する
22 今の暮らし

ギャビンによる結びの言葉
訳者あとがき
役に立つ情報源

感想

私はとてもよくわかる本ですでに3回読みました。私のバイブルのひとつです。

自覚がない人や、アスペルガーを知らない人、カサンドラ症候群に悩んでいる人

アスペルガーの知人がいる人には、絶対に読んでほしい本です。

私も、ある方から薦められて読んだ本です。

そして、自分がアスペルガーであることを自覚し・・・・・

妻がカサンドラー症候群によって、壊れていったことを知りました。

参考【サボテンとバラ ~アスペルガーとカサンドラ~

参考【アスペルガー症候群とカサンドラ症候群 ~離婚~

私は、アスペルガーとともに夫婦生活をするのであれば

お互いにこの本を、いつまでも持ち続けることだと思います。

共にこの本を読むことができたら 必ず夫婦生活を共におくることができると信じています

旦那さんはアスペルガー 奥様はカサンドラ

お薦めポイント

  • 30分もあれば読み終わります。
  • 漫画なので簡単です。
  • アスペルガー症候群とカサンドラー症候群の話ですが結構軽いタッチです。
  • 夫婦生活に深刻な問題がない方が読むにはいい感じだと思う。
  • 他にも何冊かシリーズがあるようです。

感想

正直、私は妻に見せていません。

実際にどうかは、見せていないのでわかりませんが・・・・・

「こんな、生やさしい問題じゃない!!!! こんな もんだなんて思わないで」

私が怒られそうなタッチなので・・・・夫婦生活に深刻な問題が発生している方は

よく考えて購入されることをお薦めします。

ただし・・・「ちょっと、そういう傾向があるよね~」という方

軽いタッチがとてもいいと思いますので、予防対策として読むのはとてもいい本だと思います。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク