夫婦奮闘記 アスペルガー&ADHD(注意欠如多動性障害)

カサンドラの妻と子供たちのために・・・・

*

アスペルガー症候群の特性 ~時間に拘る!! 何かに追われている?~

   



スポンサードリンク

 


 

アスペルガー症候群の時間へのこだわりに関して質問があったので

今日は、時間の拘りにスポットを当てたいと思っています。

昨日の記事にもあったように、アスペルガー症候群は時間を重視する人も

少なくありません。

そして、その時間のこだわりが予定変更のトリガーにより

怒りへと変わりトラブルの原因となることがあります。

pic15071718

私の場合・・・・

どんな時でも、6:00までは起床します。

6:20 子供たちを起こします。

最近は、ダイエットで朝食を抜いていますが

7:00までに朝食を食べて

7:30 家を出ます。

7:45 電車の最後尾の同じ場所に座ります。

8:30 会社につきコーヒーを飲む

必ず12:00に昼食を食べます。

18:05 同じ場所から電車に乗り帰ります。

21:00 子供たちと一緒に寝る

ほぼ、この時間通りに私は生活しています。

今でも、自分のルーティンは大事にしています。

 

しかし 今までは、朝に子供を起こすとき

そもそも、ゆとりあるスケジュールのはずが・・・・

そのスケジュールのためにゆとりがなくなっていた気がします。

「早く起きろ!!! 遅刻するぞ!!!」と7:00に起きても間に合うのに

怒っていました。

その怒り方も、人生を台無しにする出来事かのように激しく怒っていました。

家を出て行く時間も、7:45でも十分なのですが以前は、20分には

家を出ていました。

今でも、30分に出ますが・・・・当時は、皿洗いの途中でも中止して

出て行っていました。

df7bdb82

寝る時間も、最初は20時には・・・・・

「早く寝ろ! 明日起きれないぞ!!」と怒っていました。

この時も、まるで命に関わるかのように怒っていました。

今では、一応21時には眠らせようとしていますが

子供たちが楽しんでいたら、22時まではヨシ!!としています。

年末年始などのように、甥っ子たちが来ているときは

寝る時間を気にしないようにもなりました。

 

よく妻に言われていた

「あなたと一緒にいると、ずっと何かに追われている気がする」

という意味が、やっとわかった感じがします。

私自身が時間に追われるのは自業自得としても・・・・・

まわりの家族までが、いつも追われているような空気に包まれていました。

 

ゆっくりと、コーヒーを楽しむ・・・・

会話を楽しむ・・・・・

寝る時間より、子供たちの今日一日の方が大事・・・

家族の悩みを聞いてあげること

家族と笑う時間を作ること・・・・・

96f2da1618443817ca950a51518afa7f_s

私は、ずっと無駄なく動くことが、ゆとりを作ると思っていました。

ご飯は、3食決まった時間に食べないといけないと思っていましたが

極端に言うと、お腹が空いていなければ食べなくたっていいのですから・・・

出かける時に、電車に乗れなければ次の電車も来るのに・・・・・

 

まだまだ、私も時間のこだわりがなくなったわけではありません。

しかし、人を巻き込むようなことはしないように気を付けています。

「早くしろ!!!」という単語が70%は減ったのではないでしょうか?

私にとってはいらない単語だと思っています。

db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_s

これからは、「ゆっくりで、いいよ~」「できれば、oo時に間に合うといいね」など

無駄な時間をなくすことで、ゆとりを作るのでなく

無駄な時間をたくさん作っていきたいし、子供たちにもそうなって欲しいと願っています。

コーヒーや紅茶、時にはお酒を飲みながら・・・・

ゆっくりと、家族で過ごしていけたら幸せだと感じています。

 

アスペルガーにとって、ゆとり・・・・リラックスというのは

とても苦手なことですが、とても大事なことのような気がします。


 

スポンサードリンク

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


 

スポンサードリンク

 - 未分類 , , , ,