アスペルガー症候群の3つの特性 ~長所とトラブル原因~


スポンサードリンク

 


 

 

今日は、アスペルガー症候群の3つの特性についてまとめてみた。

  1. 社会性の特性
  2. コミュニケーションの特性
  3. こだわり・想像力の特性

 

いろいろ、特性はあるし、アスペルガーだからと言って

全員が一緒ではないのも確かです。

しかし、多かれ少なかれアスペルガーの特性は持っていることが多いのが

現状だと思います。

128575

私も、自分を分析しつつ・・・全然気が付いていないことも多いと感じることが多々あります。

きっと、そういう積み重ねが私と言う人間を形成していくのでしょう。

1.社会性の特性

アスペルガーは、一般的に知られている社会の常識やルールを

知らずに破っている場合があります。

周りからは、非常識でわがままな人と見られがちですが

本人には、まったく悪ががない場合が多いようです。

 

そもそも、人と同じように行動したり、人の気持ちを配慮する

という意識が湧かないことが多いようです。

こうした社会意識に対する低さが、アスペルガーの社会性の特性です。

ただしすべてが悪いわけでもありません。

長所となる点

  • 周りに関係なく自由に発想できる
  • 孤立しても好きなことをやり遂げきる
  • 天真爛漫に生きていける
  • 行動力がある
  • 周囲の感情に惑わされない

トラブル原因

  • 社会常識やルールがなかなか身につかない
  • グループ意識や帰属意識がなかなか芽生えない
  • 人の気持ちを察することができない
  • 友達ができない
  • 孤立してしまいがち

とくに、「人の気持ちを考える」とか「礼儀正しくした方がいい」とか

あいまいなルールに対して苦手なような気がします。

2.コミュニケーションの特性

アスペルガーには話し好きな人が多いものです。

その話にも、どくとくな特性が現れます。

自分が好きなことや知っていることは、相手が興味あろうがなかろうが

お構いなしに話しまくります。

話す時間がなくなっても、相手が話題を変えたり、止めるように

提案しても止めないこともあるようです。

長所となる点

  • 興味のあることはよく話す
  • 意見を単刀直入に言う
  • 思ったことを率直に言う
  • 難しい難しい言葉遣いをすることもある
  • 独特の感じ方や言い回しをすることがある

トラブル原因

  • 冗談やたとえが通じない
  • 人の話を聞けない
  • 相手に合わせて会話ができない
  • 表情や身振りが理解できない
  • 相手の意図が読み取れない
  • 聞いて理解できないことが多い
  • 話を止めることができない

 

3.こだわり・想像力の特性

アスペルガーは、一度決めたことや手順やスケジュール、

規則に強くこだわる傾向があります。

突然の中止や変更には対応できず、パニックになってしまうことも

少なくありません。

それは、次の展開を予想したり想像したりするのが苦手な特性のためです。

長所となる点

  • 記憶力が高く、一度見たり聞いたりしたことを忘れない
  • 好きなことには、優れた集中力を発揮する
  • 反復作業や単純作業を嫌がらずにやり遂げる
  • 物事にまじめに取り組む
  • 規則正しい生活を好む

トラブル原因

  • 変更や中止など予想外の出来事に対応できない
  • 頑固で融通がきかない
  • 生活パターンを変えない
  • 興味がないことに興味を示さない
  • 例外や他人の間違いを認めない
  • 自分のルールを押し付けたがる

例えば、どんなに忙しくても期日までにやらないといけないことは

どんな小さなことでも期日を守っているのに、平気で「間に合わない」という

輩のために、機嫌が延長したりする。やろうともしない人の為に変更されると

無性に悔しいと思う。


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • 主様のように、アスペルガーの長所である優れた記憶力や絶対やり遂げる意志力、習慣づけ能力の高さ、数学的感覚が高い人は、ご自身の努力によって社会的な成功をおさめることができると思います。
    そしてその自信と問題解決力をもって人生の課題に立ち向かってこられた。

    一方で、アスペルガー的なこだわりやコミュニケーションの難しさはあるが、アスペルガーの長所を持たず、ADHD的な短期記憶の弱さ、先延ばし癖のほうが優勢になってしまうパターンの方もいます。
    そういう方はなかなか努力しても社会的成功を収めることが難しく、二次障害が発生しがちな気がします。

    主様の場合は、アスペルガー的な能力と意志を以て、ADHDの弱点をねじ伏せられたというところなんでしょうね。すごいことです。

    • ありがとうございます。
      誉められると嫁に申し訳ない気持ちにもなります。
      きっと、「当たり前だ」と言われそうです。(^^;)
      しかしADHDに関しては先生からも
      大丈夫だと公認してもらえたし
      アスペルガも悪いことだけではないと
      感じております♪

      ただ気がつかないうちに
      うつの傾向を指摘されておりますので
      気をつけています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です