アスペルガー症候群の夫(私)と妻の会話

スポンサードリンク


今日は、頂いたメールに「fuufuさんはいつもどんな会話しているの」と

いう質問があったので日頃の会話について書いてみたいと思います。

と言っても特別な話はしていません。

今も、小さなこたつに向き合って、おのおのにノートパソコンに向かって

ブログを書いています♪

601362

 

今日は、珍しく出張先から帰ってきた。

残念ながら、帰り着いた時には子供たちはみんな寝てしまっていた。

ちなみに、明日からは泊りで忘年会のためまた留守にする。

 

今日は、食費が1ヶ月 6万円程度かかる話や 双子の娘たちが塾に通いたいと

言っている話をした。

以前の私なら、食費が6万円かかるのは 妻がやりくりが下手だからと

言って責めていただろう。

それは、決して金額の問題ではなく、4万円だったとしても同じように責めていただろう。

要するに、妻はやりくりが下手だと決めつけて話をしているからである。

冷静に考えてみれば、私が1ヶ月の食費でどれくらいかかるのかなんて知るはずもない。

622315

塾については、「小学校1年生からそんなの行かせなくてもいい!」なんて

話を最後まで聞かずに決めつけて話していただろう。

今回は、妻から「まだいいと思っている、小学校4年生くらいになったら考えてもいい」と

言っていた。

583009

よく、最後まで話を聞かずに、思い込みで話をするため失敗をする。

今でも、時々は最後まで話を聞かずに話し出して注意されることがある。

アスペルガーは治らないってやつです。

だけれど、以前に比べれば妻との会話も弾み楽しい毎日を送っています。


スポンサードリンク


 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
私の経験が誰かの生きるため・誰かの支えの参考になればと考えています。
ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
皆様のおかげで、たくさんの方から支援いただけるようになりました。
いつも、コメントやメールをいただきいろいろなことを考えさせられています。
これからも、メールおよびコメント遠慮なくいただければ幸いです。
メール等、いつも大切に読まさせていただき、できる限り返信もさせていただいております。
私の経験と知識の範囲でしかお話しできませんが、今後の参考や励みになればと
これからも、記事を書いていきたいと思います。
fuufu    blog@conjugal-love.net

 


スポンサードリンク

 

1 個のコメント

  • 結婚10年バトルが絶えなかった私たちですが、fuufuさんのブログがきっかけでこの1ケ月喧嘩をしていません。ウソみたいに平和です(^_^)

    夫(アスペルガー疑い)→妻(私)の話は時間を掛けて、少しのズレも許さず話します。
    がしかし、妻→夫への話は初めの一言二言でその先は夫の思い込みのストーリーになります。彼の心にヒットする言葉をこちらが発するまでズレまくります。
    そして人の話を聞く集中力がもたない…。

    男の子を育ててみて分かりました。夫は5歳児の男の子のようです。5歳児と思って接すれば上手くいく事が分かりました。
    まず彼の話を聞き、「うん、うん、気持ちは分かる」と一か所でもいいから肯定する。こちら側からの話は完結に。彼の分かる言葉を使う。あなたの事を見ているよ、気に掛けてるよ、が分かる言葉を日々掛ける。
    5歳児を機嫌よく動かす為の母の手法を使うと本当に上手く行きます。
    こちが側が努力して対応を変えるのは、すっごく癪に障るんですが。

    たぶんアスペルガー的要素があるだけで中身はいい人にはそんな対応をしてあげてもいいと思います。アスペルガー的要素を取り除いても人間性を疑うような人にはそんな対応は不要だと思います。一緒にいて恐怖を感じる人とは距離を置いた方がいいと思います。
    このブログに訪れる人は皆悩んで来ていますよね。コメントを読んでみて状況が人それぞれ違う事を感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です